★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カクシタル、地団駄を踏んで後悔する韓流スター様
2012年06月17日 (日) | 編集 |
[ブログと]イ・ジョンボムのTVエキサイティング

月火ドラマは追跡者、水木ドラマはカクシタル、週末ドラマは紳士の品格。 もうある程度堂に入っていられたようだ。 カクシタルが15%、幽霊が12%、アイドが9%で整理になりながらカクシタルの高空行進は既定事実化された。 幽霊が意外に気が許せないながらカクシタルが先頭を捉えたが、6回までシン・ヒョンジュンのカクシタルだったとすれば今からはチュウォンのカクシタルで視聴率に加速度を付けるつもりなので水木ドラマの勝機は固めるので入ったようだ。

追跡者で韓流スターのPKジュンはすでに車にはねられたペクホンソクの娘を再び後進をして踏む。 韓流スターになるまでどのように上がってきたが障害物が自身を遮るかということだった。 ソ会長はカン・ドンユンに昔の話をする。 昔に故郷で牡牛けんかをすれば常に勝つ図体大きい牡牛があったが、その牡牛がある日死んだんだ。 おもしろい点は死んだ理由がすぐに蚊にかまれて死んだということだ。 大きい牡牛はおおらかにおおらかに渡しながら見えることもない蚊一匹のために死んだということだ。 PKジュンはスポンサーまで捉えてやっと上がってきた韓流スターの座をのがさないように地団駄を踏んだが、結局小さい蚊一匹によって死んでしまう。

死が蚊のためだけではないだろう。 すぐに心がけのためではないかと思う。 常に蔑視して、何が重要かわからないまま自身の成功だけのために走って、自身の前を遮るのは手段と方法を分けないで踏んで上がる心がけが結局自ら破滅へ推し進めたのだ。

追跡者でカクシタル話へ渡ってみよう。

カクシタルは日帝強制占領期間独立活動家が全部捕えられるほど弾圧の劇を走った時期、日帝の弾圧に対抗して戦った英雄のカクシタルに対する話だ。

おもしろい点はこのカクシタルの主人公でキャスティングされた韓流スターがいたということだ。 女配役もまた、アイドルがあったというのにこれらは韓流の最も大きい顧客の日本の情緒に合わないという理由でキャスティングを断ったという。 それでカクシタルには新人俳優らでぎっしり埋まることだ。 シン・ヒョンジュンがなかったとすれば前に出すほどの俳優がなくなるところした程にスターキャスティングに失敗したカクシタルはするが、演技力に土台を置いたキャスティングをした。

カクシタルの最大受恵者はまさにチュウォンになるだろう. チュウォンの驚くべき演技力とミュージカルで鍛えられたエネルギーと感情と発声はチュウォンをカクシタルの完璧な主人公で作っている。 初めからチュウォンではなかったらカクシタルの主人公は考えてみることができないほどだ。 初めから韓流アイドルが耐えられることができる配役ではなかったようだ。

カクシタルのストーリーがより一層興味深くなっている。 自身の兄を自身の手で直接殺したイガンドは自身のお母さんを殺した日本帝国に向かって自身が直接カクシタルになるためだ。 また、日帝の手先イガンドの役割とカクシタルの役割を同時にしなければならないのでより一層興味を加えると期待される。 前に展開するストーリーのために6回の間背景作業をしてきたのと同じなのに、それだけでも水木ドラマ1位の席を占めたので前にその格差はより一層大きくなると展望される。

1泊2日とCFとカクシタルまで全部持っていったチュウォン。 カクシタルを逃した韓流スターアイドルは地団駄を踏んで後悔しはしないかと思う。 そのXファイルがいつさく烈するかも知れないことであるからだ。

[メディアス 2012-06-16 08:38:32] 元記事はこちらから

20120617-1.jpg 20120617-2.jpg

※確かにこの役はちょっとやそっとの俳優じゃ務まらなそう。
邪悪オーラ発散不敵な笑みをたたえるガンドのビンゴ~♪がお気に入りなんですが、拷問していた相手が実は初恋(?)の人だったり追いつめて結果撃ち殺したカクシタルが実の兄だったりこれからどんなことになるんだろう、二代目カクシタルは超悲劇のダークヒーローって感じが?(想像)ぜひ日本語字幕でちゃんと理解したいなあ、KBSWORLD様にお願いしたいです~。


 男韓流★カクシタル'断った理由が本当に反日のためだけであろうか?
2012年06月17日 (日) | 編集 |
KBS 2TV水木ドラマ'カクシタル'(ユヒョンミ脚本、ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン演出)が去る14日放送された6回でイガンサン(シン・ヒョンジュン)がイガンド(チュ・ウォン)にカクシタルの主人を交替しながら新しい局面を迎えた。

放送が終わった後この日放送を最後に美しく退場したシン・ヒョンジュンと、お母さんハン氏(ソン・オクスク)と兄カンサンの死を契機に孤独な英雄の道を歩くことになるチュウォンの演技力に対する視聴者の好評が続いている。

特にチュウォンに対してはカクシタルを握るために血眼になったがカンサンがカクシタルだったという事実とハン氏の死を一歩遅れて知って衝撃受けるカンドの姿を事実感あるように演技したとし絶賛があふれている。 多くの視聴者が"チュウォンがこのように演技が上手なのか初めて分かった" "チュウォンの再発見だ" "これから見せるチュウォンの活躍が非常に期待される"等の反応を見せた。

このような反応はチュウォンがイガンド役を担うまで何人の韓流スターらの拒絶があったのでより大きい歓呼を呼ぶ。 韓流スターが'カクシタル'を断った理由は反日性格を帯びる'カクシタル'が日本活動を併行する彼らに大きい負担になるためだと知らされた。

ところでチュウォンが6回まで広げた活躍を見れば、果たして彼らが'カクシタル'を断った理由が反日ドラマ主人公という火傷をしていようかと思う疑問に感じる。 それだけイガンドは俳優に善と悪を行き来する演技スペクトラムとあらゆる武術を渉猟したアクション演技、女心をひきつける優れた容貌と整った体力など完璧さを要求する役割のため。 ここにチュウォンは初回から符合したし、今は"チュウォンでなければイガンドは成立することはできない"という反応まで出てきていること。

来る20日放送される7回では鍾路警察署キョンムボと英雄カクシタルの二重生活をするカンドの姿が描かれる予定でチュ・ウォンの変身が新しい観戦ポイントになる展望だ。

一方この日'カクシタル'は15.7%(AGBニールセンメディアリサーチ)の全国一日視聴率を記録して水木ドラマ5回連続1位を継続することになった。

[TVリポート 2012-06-15 09:48] 元記事はこちらから

20120616-1.jpg

※チュウォンくん歌って踊るシーンもお見事、役者として株上げたなあ。

 [韓流フロンティア①]キーイースト ヤン・クンファン代表、"ペ・ヨンジュンに会ったのは幸運。多いことを学んで"
2012年06月16日 (土) | 編集 |
韓流スターペ・ヨンジュンのファンらにキーイースト ヤン・クンファン代表は非常になじんだ人だ。 ペ・ヨンジュンがドラマ'冬のソナタ'の成功でアジア超特急韓流スターになった2000年代初期からヤン代表は常に至近距離でペ・ヨンジュンをマネジメントした。 ペ・ヨンジュンがいる所には常にヤン代表がいた。

ヤン代表はペ・ヨンジュンの成功と共に自身も成長していった。 ペ・ヨンジュンのマネジャーで今はペ・ヨンジュンが大株主であるエンターテインメント会社キーイーストの代表職をひきうけている。 キーイーストは現在の演技者歌手のマネジメントだけでなくコンテンツ製作にまで出ている。 ヤン代表はキーイーストとJYPエンターテインメントと出資してCJメディアが投資して作ったドラマ製作会社惹かれるということ&CJメディアの代表職も受け持っている。 この会社はドラマ'ドリームハイ'と'ドリームハイ2'を製作した。

ペ・ヨンジュンのマネジャーでスター製造機、コンテンツ製作者で韓流の先鋒に立っていているように代表をenewsが創刊1周年をむかえて進行する韓流フロンティア インタビューシリーズの初めての走者で会った。

20120615-2.jpg

[READ MORE...]
 キム・ヒョンジュン'都市征伐'でお茶の間復帰拍車
2012年06月15日 (金) | 編集 |
俳優キム・ヒョンジュンが新しいドラマ'都市征伐'準備に拍車を加える。

キム・ヒョンジュンの所属会社キーイースト側は11日スポーツ韓国に"今週アクションスクールを登録してアクション演技などを準備する予定"としながら"海外ツアー中にも時々演技レッスンを受けて、台本を手で放さないなどドラマに対する愛情を見せている"と話した。

キム・ヒョンジュンは下半期放送予定の'都市征伐'の主人公ペクミル役にMBCドラマ'イタズラなキス'以後2年ぶりにテレビ劇場に復帰する。 '都市征伐'はキム・ヒョンジュンのキャスティングの便りだけで日本、中国、香港、台湾などに118億ウォンの版権料を稼いで先販売された。

'都市征伐'は近い将来主要配役キャスティングを完了後7月初め日本ロケーションを始め撮影に突入する。

[2012-06-12 07:03:11] 元記事はこちらから

20120614-11.jpg

※先販売、日本ロケ、、、なんか愛雨と同じ匂いがする(爆)。

リダ変わったなあ。。。今日はここまで~。

 「低視聴率でも日本が買えばいい!?」6億3,000万円ドラマ『ラブレイン』韓国エンタメ界の帳尻合わせ
2012年06月15日 (金) | 編集 |
 韓国で放送されていたチャン・グンソク主演のドラマ『ラブレイン』が5月29日に最終回を迎えたが、視聴率的に惨敗だったと韓国の有力紙「中央日報」が報じている。同ドラマの平均視聴率は5.3%。日本だと打ち切りが取り沙汰される数字である。かねてより母国での不人気ぶりがささやかれてきたグンソクだが、今回のドラマで図らずもそれを証明した格好だ。

「ヒロイン役には少女時代のユナ、監督には『冬のソナタ』のユン・ソクホと盤石のラインアップだったんですが、それでもダメでした。放送開始直後から『“冬ソナ”の時代から何も変わっておらず陳腐』などと、ユン監督の脚本や演出に批判が集まっていたので、必ずしも低視聴率はグンソクだけのせいではないのですが……。ただ、日本におけるような熱狂的な人気があれば、そうした酷評すら覆すこともできたと思います。それができないところに、韓国におけるグンソクのプレゼンスの限界があるのでしょう。結局、ユン監督は時代遅れだし、グンソクも主役を張るほどの人気はないということ」(韓国エンタメ誌記者)

 中央日報の記事では、グンソクを「ぺ・ヨンジュンになれなかった」などと辛辣だが、聞き捨てならないのは同ドラマが韓国ドラマの過去最高輸出価格の90億ウォン(約6億3,000万円)で日本に販売されたのがせめてもの慰めだ、と報じている点だ。

「しかも、このドラマは先行輸出ですから内容の良し悪しも精査されないまま、日本側は買わされているわけです。そして、フタを開けてみれば低視聴率あえぐ駄作なのですから、詐欺も同然ですよ」(同)

 グンソクのドラマの出来や評判など知ったことではないが、韓国での失敗で空けた穴の帳尻を、日本の売り上げで埋め合わされるのは、なんとも腹立たしい限りである。

[エキサイトニュース(日刊サイゾー) 2012-06-14 12:00] 元記事はこちらから

※ヨンギドル記事中、"国内視聴率が低調でも海外版権売り上げなどの収益があるから損害は見ない"というとこで思いだし記録としてアップ。日本も好きで結果を見もせずに買ったわけだしこれから収益相当上げられるんでしょうけどね~。

先行輸出といえば・・・

 'ヨンギドル'いないチームない? 'ヨンギドル'急増しなければならない理由は?
2012年06月15日 (金) | 編集 |
アイドル グループがテレビ劇場とスクリーンまで占領する勢いだ。

過去には一部グループのビジュアル ライン何人かがシチュエーションコメディやミニシリーズなどに端役、あるいは助演で出演することさえ珍しいことだった。 だが、最近では最も活発にアイドル メンバーを起用してきたシチュエーションコメディやミュージカルはもちろん日日ドラマや週末ドラマ、はなはだしくは正式俳優も気兼ねするという史劇でもアイドル グループ メンバーを探してみることができる。 状況がこのようだと見ると演技に挑戦したり、演技変身を計画しているアイドルの数字もやはりものすごい。

少女時代(ユナ、ユリ、ティファニー、ジェシカ、スヨン、テヨン),2PM(テギョン ウヨン、チャンソン、ニックン),ティアラ(ウンジョン、ジヨン、ボラム、ギュリ、ソヨン、ヒョミン),ビースト(ユンドゥジュン、イギクァン),ユーキス(ドンホ),カラ(ク・ハラ、パク・ギュリ),フォーミニッツ(ナム・ジヒョン),2AM(チョグォン、スロン、ジヌン),ワンダーガールス(ソヒ),ミスエイ(スジ),エフ エックス(クリスタル),東方神起(ユノ・ユンホ、チェガン・チャンミン),シスター(ヒョリン),エフ エックス(ユイ、チュヨン、ガヒ),プラウンアイドガールズ(ガイン、ナルシャ),エイピンク(ソンナウン、チョンウンジ),帝国の子供たち(イムワン、ファン・グァンヒ、チョン・ヒチョル、パク・ヒョンシク),スーパージュニア(チェ・シウォン、ウニョク、イェソン、ソンミン),インフィニット(ホヤ、ソンギュ、ウヒョン)等推し量ることができないほど多くのチームが最小限一人以上の'ヨンギドル'を保有して活動領域を広げている。

このように'ヨンギドル'が急増する理由は何か?

人気隊列に上ったメンバーらの場合には生命力を延長するために演技に挑戦する場合が多い。 アイドル グループとして活動できる時間には制限がある。 一定水準の年齢帯になればこれ以上アイドル グループとしては活動しにくいから自然に進路変更を考えることになる。

ある関係者は"人気アイドル メンバーをキャスティングするならば一定水準の視聴層を確保できて、投資誘致も容易になる。 また、国内視聴率が低調でも海外版権売り上げなどの収益があるから損害は見ない。 それでドラマや映画製作会社側でも人気アイドル メンバーを好むこと"としながら"アイドル メンバーらもやはり歌手として活動することができるのに限界があるから本人が演技挑戦を望む場合が多い"と説明した。

だが、最近になって演技に挑戦するアイドル グループの年次は低くなる傾向だ。 今しがたデビューした信任度演技活動を併行するだけでなく最初から練習生時期からトレーニングを受けて演技者デビューを準備する。 こういう現象はなぜ生じたことだろうか?

関係者たちは"演技をしなくては認知度を引き上げるのが難しい"と口をそろえた。 歌謡プログラム出演に集中して100個がふわりと越えるチーム中の名前を知らせることは不可能に近い。 それで次善策で芸能番組出演や画報および行事スケジュールを消化してきたが、これさえも認知度がなければ進行が難しい状況。

ある企画社関係者は"演技をすることになれば青少年層だけでなく中壮年層にも存在感をアピールできるから相対的に認知度が高まる。 視聴率を考慮しなければならない芸能番組でもこういうメンバーらを好むことが事実で、画報撮影やはり同じだ"と話した。

また他の関係者は"行事はどれくらい反応を引き出すことができるのかが重要だ。 大学祭りを除けば地方の祭りや企業行事全部主観客が中壮年層だ。 これらは歌謡プログラムや芸能番組よりドラマを見る年齢層だ。 それで演技を通して顔を知らせたメンバーらに対する反応が良くて、主催側もこういう側面を考慮して歌手を交渉する"と説明した。

韓流もやはり'ヨンギドル'が急増するのに一役買った。 関係者は"韓流歌手が人気を呼んでいる中心はアジアだ。 K-POPブームだとしてもまだ日本中国語圏などアジア韓流はドラマが導いている。 それでドラマに出演したり、OSTを歌った歌手らに関する関心が高いのが事実だ。 現地企画会社でもこういう歌手らを好む"と伝えた。

[スポーツ朝鮮2012-06-14 15:44] 元記事はこちらから

220120614-10.jpg

※いわゆるアイドル枠、さっきのミュージドルとセットのような記事だ(笑)。

ビッグのかわいい彼もそうだしなあ。。。

 '愛の雨'視聴者攻略失敗理由は? 緩急調節不在のため
2012年05月30日 (水) | 編集 |
韓流スターチャン・グンソクとユナの出会いと一緒に'秋の童話' '冬のソナタ'等季節シリーズで韓流熱風を追い立てたユン・ソクホPDの6年ぶりに復帰作で放映前から話題を集めたKBS 2TV '愛の雨'が29日ハッピーエンドで幕を下ろした。

だが、俳優スタッフなど最高のラインナップにもかかわらず視聴率5%以内をぐるぐる回って視聴者たちに無視された。 その理由は何か?

◆遅くて陳腐な設定'苦しくて'

先に'愛の雨'が連日視聴率苦戦をまぬがれなくて幕を下ろした最も大きい理由は陳腐な展開のせいだ。 1970年代を背景に描いたチャン・グンソクとユナの愛を通じて感性を刺激するという序盤企画意図は"陳腐な場面らでいっぱいだった"という酷評だけ引き出した。

'初恋',この切なくてかすかな素材をより美しくて特別に見せるのではないぷつんと触れば倒れそうなキャニャルプン女子大生と美大男子学生という食傷ぎみであるキャラクター、苦しいほど遅い展開、その上突然な不治の病まで登場して劇の序盤視聴層を確かにつかめなかった。

特にイ・ミスクが引き受けたユニというキャラクターは90年代ドラマでも出てくるそうな悲恋の女主人公のように感じられて現時代とは合わない設定で視聴者たちの不満を買った。 不治の病にかかって愛する人と離別、30年ぶりに再会したが子供のための犠牲精神で再び離別、これも足りなくて病状が悪化して失明危機に追い出されて遺憾よりかえって苦しさをかもし出したこと。

また、現時代背景で描かれたチョン・ジニョン、イ・ミスクのかすかな愛とチャン・グンソク、ユナのいきいきながらも切なる愛が4角関係でからまることによって、現実性が落ちる姿で視聴者たちの共感を買うことができなかった。

結論的に刺激的なコードを全て抜いたことは風変わりな試みだったがこれを代えるほどの要素が存在できなかったという指摘だ。 さらには早い展開と刺激的な設定に慣れた視聴者立場では最後まで見るのが難しいドラマになってしまったのだ。

◆彼らはいつ愛したのだろうか'性急な感情では'

'愛の雨'は最も重要な'愛'という素材で共感を形成できなかった。

2012年で背景が転換された5回で初めての出会いをしたソジュン(チャン・グンソク)とハナ(ユナ)はどうのこうのそのものであった。 だが、度々顔を向き合って見たら自身も知らないうちにますますお互いに心が引かれて、結局愛を始めることになった。 しかしさほど経過せず自分たちのパパ ママが互いに初恋であり、すなわち再婚をする計画という事実を知ることになり挫折してしまう。

ここで隙間ができた。 彼らのいきいきした愛が単に周辺状況という言い訳で、突然切なる愛になってしまったこと。 これに視聴者たちは"ユナとチャン・グンソクがこれくらい切切であったか?" "死んで生きられない程ではなかったが"等説明なしで脈がぽたぽたクンキョッタは反応を見せた。

また、チョン・ジニョンとイ・ミスクの愛も同じだ。 二人は何と30年ぶりに再会したにもかかわらずすぐに昨日愛して別れた人々のように顔を見るやいなや感情がよみがえって心を告白するに至った。 胸が痛い中年の愛を描いたことは良かったが感情の流れをよく乗ることができなくて性急に流れて残念な思いをした。

それでもユン・ソクホPDが'愛の雨'を通じて再び証明するとみられたのがあるならば断然映像美だ。

彼は70年代キャンパスのロマンを入れるために昨年の秋から撮影に突入、70年代分量の4回撮影にだけ約4ヶ月を消費したと伝えたことがある。 入れた球に比べて低調な視聴率は惜しかったが、彼が見せた豊富な色感と繊細な映像美はドラマを見る間目を楽しませてくれた。

それだけでなく編集に相当な時間が必要とされることにもかかわらず、70年代前分量をレッドウォンカメラで撮影したし、2012年美しい雪景色が繰り広げられた北海道ロケ分量は映画撮影時多く使うアレック社(ALEXA)で表わしてトレンディーだということ中にキピガムとやわらかいということを付与、俳優の表情と感情により一層没頭するようにした。

[2012-05-29 23:45] 元記事はこちらから

 5%屈辱‘愛の雨’、海外商売は500億?
2012年05月30日 (水) | 編集 |
チャン・グンソク・ユナ主演かかわらず興行失敗
放送ずっと視聴率5%不振の中放映終了
海外版権・広告予想売上額500億
日本ではすでに放送…“遅い呼吸呼応”


国内ファンたちに無視された‘愛の雨’、海外では自尊心を挽回するだろうか。

韓流スターチャン・グンソクと少女時代、ユナを前面に出したKBS 2TV月火ドラマ‘愛の雨’がこれという成果なしで29日放映終了した。 だが、チャン・グンソクとユナが享受する人気に期待版権輸出等を通した海外市場の熱い反応を引き出すことと関係者たちは期待している。

‘愛の雨’は放送前からユン・ソクホPDと韓流スターらの出会いで期待を集めた。 だが、放送ずっと5%台の屈辱的な視聴率成績表を受けた。 刺激的な映像と台詞、はやい展開にすでに慣れた視聴者たちは映像美と遅さの美学を見せるという‘愛の雨’を待ってくれなかった。

たとえ視聴率面では残念な成績だが、海外版権輸出額と広告売り上げだけは決して‘惜しい商売’は違った。 一部では‘愛の雨’に対する評価は国内放映終了以後から開始という反応も出てくる。

‘愛の雨’の予想売り上げは海外版権輸出額と広告売り上げを合わせて約500億ウォンと推算されている。 ‘愛の雨’は放映前から史上最高額で日本に先販売されたし、中国と香港、台湾、タイ、マレーシア、ベトナムなどアジア地域をはじめとしてアメリカ地域とヨーロッパに販売された。 放映前日本、羽田空港で開かれた‘愛の雨展示会’と4月フランス カンヌで開かれた世界3代コンテンツ マーケットMIPTVにあふれた海外の関心も大きかった。

特にユン・ソクホPDの‘冬のソナタ’が追い立てた韓流開くが10年目熱い日本市場は‘愛の雨’の主なターゲット. ‘愛費’という26日から日本ケーブルチャネルKNTVを通じて放送されていて、7月からはフジテレビが放送する予定だ。 製作会社ユンスカラー側はこれに伴い、ドラマの興行を用心深く予測している。 また、最近日本で‘症候群’に近い人気を享受しているチャン・グンソクと少女時代、ユナの存在が興行可否に重要な要素として作用するものと見られる。

ユンスカラーのある関係者は“26日初めて放送がされた以後現地言論媒体とファンたちの反応が良い。 ドラマ特有の遅い呼吸と情緒が日本ファンたちによく通じたと分析される”と話した。

[スポーツ東亜 2012-05-30 07:06] 元記事はこちらから

※放送前、国内反応はおろか仕上がり具合すら見てもいないのに史上最高額で版権購入した日本の前のめり加減がちょっと恥ずかしい気も。。。

 かすかだった'愛の雨',それでも俳優らの熱演は光った
2012年05月30日 (水) | 編集 |
ドラマ'愛の雨'がチャン・グンソクとユナの結婚予告とともに大詰めの幕を下ろした。

29日放送されたKBS 2TV月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン演出ユン・ソクホ)最終回はソジュン(チャン・グンソク)とチョンハナ(ユナ)が愛の結実を結んで幸せな結末を迎えた。

このドラマは放送になる前から'秋の童話' '冬のソナタ'のユン・ソクホ監督とオ・スヨン作家の再会で多くの話題を集めた。 だがかすかなだけした'愛の雨'は早く帰る現時代のトレンドを合わせることができなくて5%台の屈辱的な視聴率記録、惜しい結果を産んだ。

だが'愛の雨'は視聴率がドラマの成否を判断する基準ではないということだけは十分に知らせた。 たとえ5%台の視聴率を維持して月火劇最下位を記録したが、美しい映像と俳優らの熱演はその他のドラマより高いクォリティーを自慢した。

先にユン・ソクホ監督の長所の美しい映像とシングムを鳴るオ・スヨン作家の台詞は視聴者たちを魅了させてマニア ドラマを作り出した。 このドラマを見守った5%の視聴者たちは'愛の雨'にしっとりとするように染まって十分http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=117&aid=0002237775に没頭した。

また'愛の雨'に出演した俳優は通過儀礼のように過ぎ去った演技論議を全部櫛を入れていった。 貫ろくの俳優チョン・ジニョン、イ・ミスクをはじめとしてチャン・グンソク、ユナ、新人俳優キム・シフとパク・セヨン、初めて演技に挑戦した歌手ソイングクまで全部優れた演技力をお目見えして劇の没入度を高めた。

先にチャン・グンソクはその間韓流スターというタイトルに縛られて演技力に対する評価をまともに受けることができなかった。 トレンディーなイメージせいで真剣な演技をよくできないという先入観まであったが、70年代ソ・イナを演技して視聴者たちにかすかな感情を感じるようにさせること充分だった。

ユナやはり少女時代というタイトル、幼い年齢によってその時代の感性を表現できないという偏見があったが清楚な魅力が光った70年代キム・ユニ役を通じて演技の幅を広げることに成功した。

初めて演技に挑戦したソイングクもやはり似合う演技で視聴者たちの注目をひきつけた。 70年代キム・チャンモ役を担ったソイングクはしらじらしい演技を自然に消化、2012年にも再登場する喜びを享受したし、キム・シフ、キム・ヨングァンなど主助演を問わず安定した演技で俳優らの演技力を好評を引き出した。

[マイデイリー 2012-05-30 07:14] 元記事はこちらから

※フォローしつつ

 ‘愛の雨’なぜこのドラマを受け入れることができなかったか?
2012年05月30日 (水) | 編集 |
月火ドラマ‘愛の雨’が登場人物らの幸せな日常を表わすことで20回大長征に終止符を打った。

和解と容赦をキーワードにした最後の回で二人の主人公ハナ(ユナ)とジュン(チャン・グンソク)のウェディングマーチという完璧なエンディングを描き出したドラマだがドラマ内外的にその過程は順調でなかった。 20回という長い旅行日程の間関係と葛藤がからまるということによって劇中人物はイバラの道を歩いたしドラマの視聴率はかつて5%に固定されて同時間帯最下位という不名誉を得た。

それなら季節シリーズを誕生させた名コンビと韓流スターらの出会いで上半期期待作に浮び上がったこのドラマが放映ずっと視聴率不振に苦しめられてスポットライトなしでみすぼらしく退場することになった理由は何か。

初めのボタンから間違って挟まった。 ユナ、チャン・グンソクなどが1人2役を引き受けたこのドラマは1970年代過去のロマンスと2012年現在のロマンスを次々と描き出した。 4回までドラマ序盤部を飾ったのは1970年代の叙情的なロマンスで2012年現在で転換されるまで静寂な話がブラウン管を数を数えた。

刺激とファンタジーが主となった現トレンドと距離をおいたのは叱る選択でない。 しかし4回にかけて過去ロマンスを描き出す間ドラマはフレームの中で受動的なキャラクターらの動きを入れてまた、個性はない展開を継続した。 受動的なキャラクターが描き出す出会いと別れることの反復、ここに結核など1980年代ドラマでも見そうである陳腐な設定まで。 ‘高慢だなあ。 たくさん見た’評がひとりでに出てくるほどの選択で序盤ドラマが指向したのは郷愁をかもし出す1980年代の感性でないかたくなさだった。

このような展開が2週ずっと続く間‘愛の雨’の視聴率は5%に固定されたしまた、放映ずっとこれという反騰なしで足踏みを歩いてみすぼらしい退場を迎えるに至った。 これに過去と現在が交差するように展開したとすればこれという物足りなさが日誌だけそうだといって現在のロマンスが視聴者をひきつけるかというならばそれもまた‘ダメなこと’であった。

劇中盤まで二人の主人公のいきいきしたロマンスを描き出して一部大衆をひきつけたドラマだがイ・ミスクとチョン・ジニョンの中年ロマンスに焦点が合わされながらドラマの波自体が変わった。 繊細な描写は中年ロマンスをより切なく描き出したがそれが全部であった。 中年ロマンスが先頭に立ちながら過去イ・ミスクとチョン・ジニョンがそうしたようにユナとチャン・グンソクは出会いと別れを繰り返したしその過程でキャラクターは個性を失って受動的に変貌していった。 中年ロマンスと現在のロマンスのフュージョンが反転のポイントだったが二つはついに混ざることができなかった。

ドラマは終わった。 5%視聴率という惜しい記録を残してドラマは退場したがそうだといってドラマの魅力までさげすむことにはならなかった。 枠組みに閉じ込められたという物足りなさが残ったがドラマが見せた映像美と感性は明らかに通常のありふれているトレンディーものとは差別化があった。 個性と再解釈を入れた第2の‘愛の雨’の誕生が期待される理由だ。

[TVリポート 2012-05-30 07:00] 元記事はこちらから

※この手の記事を少し続けます。

 '愛の雨',ストーリーはハッピーエンド…視聴率はサッドムービー
2012年05月30日 (水) | 編集 |
ドラマ'愛の雨'がハッピーエンドで幕を下ろした。

去る29日午後放送されたKBS2月火ドラマ'愛の雨'最終回ではユニ(イ・ミスク扮)が娘のハナ(ユナ扮)とソジュン(チャングンソク扮)の愛のために韓国を離れる中でジュンとハナの愛がなされる姿が描かれた。

この日放送でユニとイナ(チョンジニョン扮)はプラトニック愛で30年前の初恋を続けさせたしソジュンとユナもやはり紆余曲折の末結局結婚にゴールインして愛を成し遂げてハッピーエンドで温かく終えた。

先立って'愛の雨'は70年代イナとユニの愛を通じてアナログ的感性と共にソジュンとユナの現代的トレンディな愛の方式まで全部表わすという抱負で始まったが映像美にだけ偏る展開を見せて視聴者たちの共感を買うのに不足するとみられた。

特に'愛の雨'は韓流スターチャン・グンソクと少女時代、ユナの出会いで放送前から話題を集めて月火ドラマ地殻変動を起こすことと期待を集めたが多少遅い展開と70年代感性が共感を呼びおこすことができなくて視聴者たちの無視されたのが事実だ。

これに'秋の童話','冬のソナタ'等を演出したユン・ソクホPDの名声が面目を失うほど'感性的映像美'というキーワードにだけ偏った時代錯誤的な展開を見せながら平均視聴率5%台という屈辱的な結果を産むこともした。

時々主人公ソジュンとユナのあれやこれやあるラブシーンとイナとユニの切ない愛を通じて視聴者たちの心を動かそうと努力したが陳腐な叙事に主人公らの反復的な誤解と離別が出てきながら'元に戻り展開'で劇の没入度は多少落ちるという評が出てくることもした。

しかし視聴率5%台という苦戦をまぬがれなかった'愛の雨'も固定視聴者層を確保して屈せず20回を続けさせることができた最も大きい理由は刺激的でない愛の物語が少数マニア層の心を動かしたという点だ。

通常他のドラマらの場合、刺激的な素材と早い展開で視聴者たちの関心を引いて甲ローンをパクできる話題まで投げるが'愛の雨'では純粋'愛'自体にだけ焦点を合わせて視聴者たちの感性を刺激したという点で高く評価するに値する。

現在のドラマは'愛'という単語が劇の展開において刺激的な素材に変貌したり単に一つの道具で利用されるだけなのに'愛の雨'では話題の中心に'愛'を置いて最初から最後まで視聴者たちが悩んで考えられるように感性を刺激したドラマであることに間違いない。

ただし'愛の雨'だけの荒っぽいながらも叙情的なアナログ メロとデジタル世代の感性は視聴者たちの恋愛細胞を刺激するには充分だったがそれ以上の異変がなかった点は惜しい。

一編の映画のような映像美で注目をひきつけるには充分だったが'愛の雨'が見せようと意図した愛に対する視聴者たちとの共感は不足したのだ。

それで'愛の雨'に接したインターネットユーザーは'やぼったいとか幼稚だ'あるいは'内容展開が遅れをとって遅くてうんざりする'という反応がある反面'心をしっとりとするように濡らす感性ドラマだ','余韻がたくさん残って愛をもう一度考えるようにさせるドラマだ'のような肯定的な意見も多かった。

このように'愛の雨'はきびしい現代人の人生と心情を癒やしてくれる感性のドラマであることに間違いなかったが多少遅れをとって遅い展開をもう少し視聴者たちの共感を買えるように表現してみたならば良かった物足りなさがたくさん残る童話のようなドラマであった。

一方ドラマ'愛の雨'に続き来月4日にはコンユ、イ・ミンジョン主演の'ビッグ'が初放送される。

[OBSプラス 2012-05-30 00:48:46] 元記事はこちらから

20120529-6.jpg

※なんだかこれまた今どき珍しいくらいのハッピーエンドでCFを見ているような感覚でした。果たして最終回の視聴率やいかに?

 [芸能家レーダー]韓流スターB,Cとの決別に一歩遅れた安堵感
2012年05月27日 (日) | 編集 |
◇最近なかなか姿を見せないでいる実力派男歌手Aがうつ病症状で苦労しているといいます。

歌謡関係者たちによればAが放送と言論などになかなか露出しない理由はうつ病症状で本人自らこれを忌避しているためだといいますね。 所属会社やはりAのこのような状況をよく理解して可能ならばAが願い次第全てのものをしようと努力しているといいます。 Aをよく知っている歌謡関係者はこれに対して"Aが耐えられることができないほど大きい事故を体験したので心に大きい傷を受けてこのような増税ができたといったよ"としながら"うつ病症状が訪ねてくればその歌を上手にした友人が音程がちょうど落ちる。 本当に残念だ"と舌を打ちました。

◇韓流スターBが一時つきあったCとの決別に新たに安心しました。

Bは知人に"Cとずっとつきあったとすればどうするところだった。 本当に大変なことになるところだった"としてCとの往事を言及したそうだ。 すでにしばらくになったことだがBはドラマで恋人で会ったCと交際して一時未来を夢見たりもしました。 ところで当時Cが他の人ができながらBをけってしまってBが涙を拭いて考えをやめるほかはなかったですが。 そのようなBがこの前Cの複雑な家庭事情を分かりながら胸をなで下ろしたそうですね。 しかし人日は分からないのに、万一、二人が結実を結んだとすれば歓呼される韓流スターカップルになりはしなかったでしょう。 わけもなく一度想像をすることになりますね。

◇'あのとは二度と再び…'有名俳優DとドラマPD Eが実際には良くない間といいます。 二人は人気ドラマを共に作ったが、その後ただ一度も私席で会ったことがないとするんですが。 DがEをとても嫌いなためだといいますね。 ドラマ関係者は"Dがドラマを撮影する当時Eがキャスティングを止めた。 幸いドラマが期待以上でうまくいったが、無愛想な性格のDとしてはドラマが終わるということと同時に二度とEに会わないと考えた形だった"と伝えたのです。 Dは気立てが優しい性格ではないが義理があるほうだというんですが。 無名時代自身を助けたPDらを格別に取りまとめるといいますね。 だが、一度ではなくてしたければはっきりと線を引く性格のようだ本来自身をトップスター隊列にのせたEとは冷ややかだ。

◇去る20日放送人チョン・ジュナの結婚式が開かれました。

普段芸能界の噂になった偏平足らしくこの日かなりの芸能人スターはほとんどみな祝いの客で参加したといっても過言ではない程盛大に行われました。 祝いの客で参加したある側近によれば儀式が終わった後新郎新婦と記念写真を撮る大きな課題でこの日如何に多い祝いの客がきたかを実感できたそうだ。 初めには女性芸能人が前に出てきて新郎新婦と写真撮影をした後チョン・ジュナの先輩、後輩だけ別に1~3次にかけて撮影を相次いで進行したほどだったといいます。 ある芸能関係者は"チョン・ジュナがその間ボールを蹴るということたくさん入れた"としながら"人脈広いことで噂になったユ・ジェソク、パク・ギョンニムの結婚式の時より芸能人祝いの客数がさらに多かったようだ"としました。

[スポーツソウル 2012-05-25 09:05] 元記事はこちらから

※AもBもCもさっぱりですが気になる記事なのでアップ~。

ドラマで恋人共演してその後別れた人って結構いるからなあ、チョアンさんマンソクさんとかミニョンちゃんイミンホくんとか・・・(爆)

 韓流スター、日本気持ち触れるべきではない? 'カクシタル'で見た韓流の黒歴史
2012年05月25日 (金) | 編集 |
'赤道の男'後続KBS新しい水木ドラマ'カクシタル'は去る23日開かれた製作発表会に異例のキム・インギュKBS社長が参加するほど期待をたくさん受けている作品だ。 キム社長はこの日"2番目にドラマ製作発表会を訪ねた。 最初が'チュノ'で2番目が'カクシタル'だ"として"予定のとおりならばこのドラマは光復節次の日に最終回を放送する。 放映終了の時視聴者たちが'万歳'を呼ぶことができるドラマになったら良いだろう"と伝えた。 だが逆説的にもこのドラマは劇中抗日設定らのためにキャスティングに難航していることもした。

▲韓流スターら、日本顔色を見る?

日帝強制占領期間を扱ったとキャスティングが大変だったという話はさっさと理解するのが難しいこともある。 だが、このような部分は韓流スターらの、特に日本で人気を集めている韓流スターらの話せない悩みだ。 日本で韓流が高まれば高まるほどこれらの悩みは大きくなっている。 特にこの頃のように海外輸出を念頭に置いてドラマが企画される場合が多い時はより一層そうだ。

'カクシタル'の演出を引き受けたユン・ソンシクPDはこの日キャスティングに対して淡々と打ち明けた。 彼は"去年12月からキャスティングを始めたが交渉に困難があった。 当初主人公イガンド(チュウォン)役は30代初中盤と設定されていた。 だが、韓流を念頭に置いた俳優が出演を敬遠する傾向があって大変だった"として"困難を経験して感じたのが'もう新しい人物をスターで作る時になった'とのことだった。 それで設定を20代初中盤に変えたしその時目についたのがチュウォンという俳優であった"と伝えた。

これはただ'カクシタル'だけの問題でない。 最近'カクシタル'以外の時代劇が企画されない雰囲気であることも概してこういう傾向のためだと知らされた。 特にキム・テヒが7年前独島発言を口実で日本で出演したCF製作発表会まで参加しなくなったことが発生した後いわゆる韓流スターらの日本状況伺いはより一層激しくなった。 あるドラマ製作会社の製作PDは"この頃のようにドラマ視聴率が10%内外に留まる場合には海外輸出を考えざるをえない。 だから海外で通じない素材を借用するのは忌避する雰囲気だ"と耳打ちした。

▲俳優が演技に欲を出さなくちゃ

'カクシタル'でイガンサン役を担った俳優シン・ヒョンジュンはこのような雰囲気に対して苦言を呈した。 "私は序盤にキャスティングされていて'カクシタル'が日帝強制占領期間を扱ったという問題のためにイガンドキャスティングに難航していたという話を後日に聞いた"と話した彼は"俳優が役割や演技に欲を出すべきでそんなことのために演技をしないということは問題が多い"と強調した。 付け加えてチュウォンに対しては"そのような面でチュウォンは本当に立派な友人であるようだ"と褒め称えることもした。

チュウォンもやはり"韓流のために負担になるという考えはしてみなかった"として"現在までの私は違うものよりは作品や演技の幅を広げることが最も重要だと考える。 後ほどその話を聞いた時全く共感にならなかった。 そのような悩んだことは全くない"と話した。 引き続き"'カクシタル'は韓国人ならば関心があるように観るに値した時代劇だ。 その上この頃人気がある英雄を扱っていてさらにおもしろいようだ"と作品に対する考えも伝えた。

シン・ヒョンジュンの話のように韓国俳優が日本での金儲けに汲々として時代劇出演を敬遠するのは問題があるという指摘が多い。 ある放送関係者は"韓国俳優で、韓国ドラマに出演しながら日本での位置づけが落ちることが恐ろしくて出演を拒否するということは有り得ないことなのではないか。 そのように問い詰めれば壬辰倭乱や丙子胡乱を扱った史劇も出演できなくて、大夢抗争をした考慮を扱ったドラマも不可能だ。 ロマンチック コメディだけ出演する俳優だけ残る"と自嘲混ざった話をした。 何が先になのかを考えてみなければならない時点という話だ。

[スポーツ朝鮮 2012-05-24 15:20] 元記事はこちらから

20120524-1.jpg 20120524-2.jpg

※なんか踏み絵みたいだなあ。

ザキング見届けたら睡魔に襲われこんな時間(>_<)

 ‘カクシタル’断った韓流スターら震えていて
2012年05月24日 (木) | 編集 |
'カクシタル'出演を断った俳優が震えている?

5月23日午後2時ソウル、麻浦区、汝矣島洞63コンベンションセンターで開かれたKBS 2TV水木ドラマ'カクシタル'(脚本ユヒョンミ/演出ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン)製作発表会で抗日精神のためにキャスティングが難しかったという事実が明らかになって大きい波紋を起こした中で出演を断った韓流スターが誰なのかに対するネチズンらの気がかりなことが増幅されている。

事前製作期間が比較的長かった'カクシタル'の俳優キャスティングは昨年10月から進行されたと分かった。 だが、抗日精神のためにキャスティングは簡単に成し遂げなかった。 これと関連して製作発表会で"キャスティングに困難を経験したこと事実"と話し始めたユン・ソンシクPDは"もちろん歴史劇でなくスーパーヒーロー物ではあるが日帝時代を背景にした話だから抗日精神がはらんでいる"として"それで韓流俳優が出演を敬遠してする場合があった"と打ち明けて皆の耳目を集中させた。

引き続き"30代初中盤俳優らをキャスティングしようとした件は事実"としながら"そこで困難を経験していっそ新しいスターを作る時になったかと思ったしその時代に実質的にカクシタルで活動した人物は20代初中盤だ。 若い年齢血気を持っていて国のために犠牲にする人物だから若い俳優が合うと考えた"と明らかにした。 その中に一番目についた人物がまさに俳優チュウォンだった。 そのようにして20代チュウォンが'カクシタル'主演席を横取りした。

この報せに接したネチズンは'カクシタル'出演を断った韓流スターに対する気がかりなことを表わして"名簿公開しなければならないということ違うのか?","作品性良ければ総編でも悪くないけれど日本人が反感を持つ作品はならない? これは問題がある","昨年MBC '絶頂'の時も似た状況だったようだが","気になって及ぼす。 卑怯だ"等非難の声を高めた。

放送関係者によれば'カクシタル'出演提案を受けた男俳優らの数は相当したと分かった。 これらの中で一部は今回の発言により自分たちに火の粉が飛び散るか憂慮しているという伝言だ。 その上'カクシタル'と何の関係もない韓流スターらまで今回のことで良くない影響を受けるか焦思しているという後聞だ。

一方一部では出演拒否韓流スターらを理解するという意見もある。 一部ネチズンは"俳優でない企画会社で拒否をしたようだ","他の理由があることもできるので度が過ぎた側に追い込まないでおこう","'カクシタル'するという俳優らは当然ほめるだけのことはあるが断った俳優らを無条件ののしるのも笑わせる","私は率直に理解が出来る"等の反応を見せることもした。

今回のことで愛国俳優に新たに出たチュウォンはこの日製作発表会で"そんなことに対して一度も考えなかった"として"韓流も重要だが現在まで私には違うものよりは作品や演技の幅を広げることができるのが最も重要なようだ"と自身の見解を表わした。 また、彼は"後ほどその話聞いた時全く共感にならなかった"と付け加えて愛国俳優であることを認証した。

するとそばにあったシン・ヒョンジュンは"キャスティングの話を後ほど聞いたがチュウォンが立派な俳優であるようだ"と絶賛を惜しまなかった。 若い友人ならば'韓流'や人気に関係なしで役割や演技に欲を出さなければならないのにチュウォンがそうだというのがシン・ヒョンジュンの説明。

そうかと思えば日本人木村スンギ役のパク・ギウンは"日本人の役割だが韓国語で演技する。 誰より韓国人を愛する小学校教師で始めるから大きく感情の乖離感はない"と明らかにして目を引いた。

一方'赤道の男'後続に放送されるドラマ'カクシタル'は私たちの時代最高の漫画がホ・ヨンマン画伯の同名漫画をドラマで再誕生させた事実だけでも大型話題を集めているブロックバスター級大作だ。 韓国ドラマ環境では見るに稀な去る2月から撮影に突入した。 来る5月30日初回放送。

[ニュースエン 2012-05-24 18:30:36] 元記事はこちらから

※チュウォンくんは一度も考えなかったと言ってるけど韓流を思い浮かべるのはムリもないことだと思うけどなあ、むしろ自然な気も。。。

 “韓流スターら、日帝強制占領期間背景‘カクシタル’出演敬遠して”
2012年05月24日 (木) | 編集 |
日帝強制占領期間を背景にした時代劇‘カクシタル’が来る30日初放送を控えた中で、製作スタッフが主人公イガンド役に対するキャスティング秘話を公開した。

KBS 2TV水木ドラマ‘カクシタル’の製作報告会が去る23日午後ソウル、汝矣島63ビルディング コンベンションセンターで開かれた。 チュウォン、シン・ヒョンジュンジンセヨン、ハンチェア、イ・ビョンジュンなど主要出演陣と共に登場したユン・ソンシク監督は“ドラマが抗日精神を鼓吹させる内容だと日本世論に敏感な韓流スターが出演を敬遠するといった”と明らかにして目を引いた。

彼は“主人公交渉が思ったより容易ではなかった。 もう新しいスターを作る時になったと考えた。 チュウォンは20代初中盤年齢のイガンド役を消化してくれることができる俳優であり、強烈な目つきを見てキャスティングした”と話した。

結局大作ドラマのタイトルロールを担うことになったチュウォンは“韓流スターが出演を拒否したという話はこの前に聞いた”としながら“韓流スターイメージを離れて演技にだけ集中するにも手にあまる”と話した。

これにシン・ヒョンジュンは“(韓流スターが)そのような理由のために演技をしないというのが驚くべきだった。 俳優が先にで、その次にスターになるのではないか。 話にもならないと考えた”と所信を明らかにすることもした。

‘カクシタル’のこのようなキャスティング秘話が知らされて、インターネットユーザーら間には日帝強制占領期間背景という理由で出演を拒否した韓流スターらに対する非難の声が高まっている。

一部関係者によれば‘カクシタル’主人公イガンド役を嘱望されたスターは総7人で、これらは抗日精神に対する内容を扱ったドラマに出演した場合、日本活動にブレーキがかかることを憂慮して出演提案を断ったと分かった。

インターネットユーザーは“韓流が無条件良いことだけではないね” “それでも演技者ならば金儲けよりは作品や演技をさらに優先視しなければならない” “このことで韓流スター全体を非難してはいけない”などの反応を見せた。

[世界ドットコム 2012-05-24 14:10] 元記事はこちらから

※断ったのは7人かあ、、、

本日最初はこの話題、もう少し続けます~。

 日本韓流ドラマ… ‘苦々しい興行公式’
2012年05月22日 (火) | 編集 |
“日本の人々は韓国ロマンチック コメディ ドラマが好きです。”

韓流熱風の援助、韓国ドラマに対する海外市場の反応は相変らず熱い。 ‘強風’から‘微風’に強弱調節はなされたが日本で吹く東南風は相変わらずだ。 中国の北西風と東南アジア市場の反応もかなりよい。

その中心には相変らず韓流スターがいる。 ある放送会社ドラマ局長は“女主人公は誰でも関係なく男韓流スターを前に出したロマンチック コメディは日本市場で必ず反応がくる”と話した。 KBS月火ドラマ‘愛の雨’(チャン・グンソク、ユナ主演)が国内で‘涙の雨’を注いでいることにも昨年日本に先販売された中で、その後続で6月4日放映されるKBS ‘ビッグ’(コンユ、イ・ミンジョン主演)もやはり一回当たり18万ドル(約2億ウォン)で日本に売れた。 韓流スターのチャン・グンソクとコンユの力だ。

MBCも30日初めての放映する水木ドラマ‘アイドアイド’(キム・ソナ・イ・ジャンウ主演)を‘太陽を抱いた月’に続き輸出主力品と期待している。 MBCグローバル事業部関係者は“軽くて柔らかいロマンチック コメディや切ないメロドラマの実績が良かった”と伝えた。

現在の放映しているMBC水木ドラマ‘ザキングトゥハーツ’も初めから期待作に選ばれたが、南北平和を邪魔するグローバル軍需業者の妨害作戦を主要素材に組み入れて呼応を得られずにいる。 2006年放映したMBCドラマ‘宮’が‘ロマンチック コメディ’と‘立憲君主制’という日本で好む二種類コードを整えて反応を引き出した反面、‘ザキングトゥハーツ’は素材の重さを払いのけることができなかった。

KBSコ・ヨンタク ドラマ局長は“医学・刑事・法廷など迫力感あふれるジャンル ドラマはそちら側がさらによく作るが日本ドラマPDはある女性に純情を捧げる切ないメロに対して‘鳥肌が出て作れない’とする”として“侍文化が根本に敷かれていて献身する男に対するコードが韓国より弱い”と説明した。

しかし企画段階から海外市場を狙いながら韓国ドラマは素材の限界に自ら閉じ込められたりもする。 あるドラマ作家は“主人公の家族史に親日派であった先祖の過去を入れたかったが‘日本に販売しなければならないからそのようなコードはならない’という話を聞いた”として“10~20年前には親日派素材がドラマに溶けて入ったりもしたが海外販売が収入につながりながらそのような試みをする製作者が消えることになった”と話した。

[世界日報 2012-05-22 17:42] 元記事はこちらから

20120522-1.jpg

※コンユくんのドラマもう先販売なんてすご~い。子役がかわいかったんだった、楽しみ楽しみ。にしても素材の限界の話、日本に高く売るためドラマを作ってるわけじゃあるまいに~。でも生活かかってたら無理もないかあ。

 0%台視聴率総編..報道強化されるか
2012年05月21日 (月) | 編集 |
総合編成チャンネル(以下総編)スタート6ヶ月目。 総編が愛国歌視聴率にも至らなくて半年間苦戦中だ。 一部は報道を強化する側に方向をかえた。 残りも状況は違わない。 総編の不安な現住所だ。

実際にいくつかの総編は現在の放送中である作品を最後に当分ドラマ製作をしないことを検討中だ。 ある総編関係者は“ニュースや教養プログラムは自らの製作が可能なうえに内部人材起用で製作費節減次元効果がある”として“編成方向を修正するのがチャンネル運営に現実的により良いと判断している”と話した。

現在のドラマ ラインナップを調べればJTBCだけが地上波放送水準を維持している。 TV朝鮮は週末ドラマ‘地運数大通’、MBNは水木ドラマ‘おかしな家族’、チャンネルAは月火ドラマ‘グッバイ マヌラ’と週末ドラマ‘不朽の名作’で放送中の作品が1~2編程度だ。 このようなドラマの成績表は0%台視聴率が大半だ。 だから俳優らの足まで総編で回させている。 芸能番組もドラマと大きく異ならない。

総編の中でMBNは早目にニュースおよび教養プログラムに注力してJTBC,TV朝鮮、チャンネルAとは差別された歩みを見せた。 視聴率だけ確かめてみればMBNは現在JTBCと先頭を争って総編両強体制を構築している。 総編が次第に報道が特化された報道中心のチャンネルで方向を旋回するという観測が出てくる理由だ。

去る6ヶ月間総編中ではそれなりにJTBCが善戦した。 JTBCで放送されたドラマ‘妻の資格’は唯一4%台まで沸き上がった。 放送中である週末劇‘引き受け対応’はよく出てくる時には2%を渡したりもする。 だが、相変らずケーブルチャンネルを圧倒する競争力を見せることができなくて不安感が大きくなっている。

これを見せるように視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば総編4個の視聴率は一日平均1%にも至らない。 週末には1%に近い数値が出てくるけれども平日には0.5%も難しい。

総編でドラマ、芸能、スポーツ、教養、ニュースなどすべてのジャンルを扱っているけれど実情は総編という整える程度だ。 ドラマや芸能番組は地上波の競争力をついて行けないで早期放映終了されることか縮小された。 このようなプログラムは製作費負担も大きいうえに費用対効果も疑わしくて次第に製作が中断されたり企画されない雰囲気だ。 先月総編の広告売り上げも開局最初の月4社総320億ウォンで3分の1未満に減ったと調査された。 総編が前にどのように方向を修正するのか放送関係者の触覚が集められている。

[イーデイリー 2012-05-11 13:55] 元記事はこちらから

20120521-4.jpg

※総合編成チャンネルは母体が新聞社なのですが(こちら)報道以外にまで手を広げた意味ってあったのかな、他人事とはいえなんだか先々が心配です。。。

 韓中日合作ドラマ'ストレンジャー6'製作発表会取り消し…対策準備苦心
2012年05月21日 (月) | 編集 |
韓中日合作ドラマ'ストレンジャー6'が製作発表会が突然取り消しになった。 現在製作会社とドラマ関係者たちは対策準備のために会議を進行中だ。

21日午前11時製作発表会が開く予定だったが、日本側で事前協議にならなかったという理由で公文書を送って突然製作発表会中断を要求した。 これに製作発表会は電撃取り消しになった。

'ストレンジャー6'はすでに2011年3月MBC側で製作発表会を開いた。 だが、突然編成が取り消しになったし、結局2012年チャンネルAで編成が確定して製作発表会を控えていた。 だが、先週末20日広告代理店側はメールを通じて製作発表会が失敗に終わったと知らせて内部的な葛藤があるということを示唆した。

チャンネルAの関係者は"'ストレンジャー6'に対してはどんなこともお知らせすることはできない。 全てのものは代理店側に尋ねるように願う"としながら"30日初放送もやはり正確に計画されたことはない"と確答を避けた。

広報代理店ワイトゥリメディア関係者は"現在のドラマ製作会社とドラマ関係者たちが対策準備に入った。 現在の対策準備のための会議中であり、会議が終わってこそ立場を知らせるようだ"としながら"いつ会議が終わるかは分からない"と話した。

業界関係者たちはドラマの内部的な葛藤が水面上に浮び上がったという立場だ。 'ストレンジャー6'は本来MBC側で編成が議論されていた。 事前製作ドラマの'ストレンジャー6'は期待ぐらい完成度が落ちるとすぐに結局MBCとの編成が失敗に終わったと業界関係者たちは用心深く推測している。

'ストレンジャー6'は韓中日三国合作ドラマで国際機関専門家6人が秘密勢力と対決するという内容だ。 日本の人気ドラマ'白い巨塔'の主人公唐沢寿明、キム・ヒョジン、オ・ジホ、チャンポンポンが出演して注目をあびた。 だが、内部葛藤により放送が失敗に終わる危機に処して視聴者たちを切なくさせている。

[アジュ経済 2012-05-21 11:42] 元記事はこちらから

20120521-3.jpg

※う~ん最初はMBCだったのに断られてたとは、日本側相当投資して作ったものを視聴率0~2%な世界の総編チャンネルで放送だなんてプライドが許さないんじゃないかなとか勝手に想像。

 製作発表会突然取り消し…‘ストレンジャー6’にどんなことが?
2012年05月21日 (月) | 編集 |
韓国と中国、日本が共同製作したドラマ‘ストレンジャー6’(Stranger 6)が製作発表会を控えて突然行事を取り消してその背景に関心が集まっている。

来る30日チャンネルAを通じて放映される‘ストレンジャー6’は21日午前11時ソウル、駅三洞で製作発表会を開いてドラマ紹介とハイライト映像上映、フォトタイム、共同質疑応答などを進行する予定だったが行事を一日控えて取り消しを決めた。 この日行事には主演俳優のオ・ジホとキム・ヒョジン、パク・ジョンハク、イ・ソジョン、キム・インソが参加する予定だった。

ドラマ広報社関係者はクッキーニュースとの通話で“日本投資社側の問題によって急に行事を取り消すことになった”として“具体的な理由は今後公示する予定”と明らかにした。 ‘ストレンジャー6’は韓中日合作ドラマだが、投資は大部分日本でなされたと分かった。

‘ストレンジャー6’は近い未来に差しせまってくる巨大地震とこの機会を利用してアジアの存続を威嚇する勢力らに対抗するために韓中日3国が秘密裏に設置した‘3国経済共同区域’を囲んで繰り広げられるブロックバスターアクション諜報物。

昨年下半期韓中日3国で進行されたロケ撮影を終えた後香港と日本、韓国を行き来して後半作業に精魂を込めた100%事前製作作品だ。 シーズン ドラマで製作されたし先立って日本フジテレビと日本最大衛星チャネルのWOWOW TVを通じて放送されたことがある。

‘ストレンジャー6’は昨年3月早目に初めての製作発表会を開催して派手な航海を始めたが日本大地震の影響で撮影が遅れたし、当初出演することにした俳優ハン・チェヨンの下車など困難を経験した。 巷間には製作霧散危機に処したといううわさも飛び交ったが、無事に事前製作で100%撮影を終えながら放送編成だけ残した状態であった。

しかし今回の製作発表会取り消しをはじめ30日予定だった初放送まで延ばされる可能性が大きい。 ドラマ関係者は“現在の継続調整中だ”として“初放送が変更される可能性もあるがまだ確定したことはない”と話した。

[クッキーニュース 2012-05-21 11:41] 元記事はこちらから

20120521-2.jpg

※昼間見つけた記事~。見てないんでなんとも言えないんですが3国合作なのに日本先行放送っていうのが気になってました。チャンネルAってケーブル?総編?初放送までもうすぐなのにどうなるんでしょう~。

 [韓流人ジャパン]ペ・ヨンジュン“今年中にカムバックする”
2012年05月19日 (土) | 編集 |
ペ・ヨンジュンが今年中お茶の間にカムバックするものと見られる。

所属会社キーイースト側は“ペ・ヨンジュンが今年カムバックのために作品を選んでいる”と明らかにした。

引き続き“ドラマと映画を共に見てはいたが、ドラマになる可能性が大きい”と付け加えた。

ペ・ヨンジュンは昨年放送された‘ドリームハイ’ 1編に特別出演した以後作品活動を休んでいる。 当時4部まで出演して2007年‘太王四神記’以後作品活動がなくて心配していたファンたちにうれしいということを抱かれた。

今年カムバックする場合、本格的な作品活動は5年だけだ。 ペ・ヨンジュンがどんな作品でファンたちを訪ねてくるのか国内外関心が集まっている。

[OSEN 2012-05-19 08:14] 元記事はこちらから

20120519-6.jpg

※ヨンジュン氏ドラマで復帰かあ、そしたらカメオでいいんでジフニをぜひ指名してもらって出演禁止を解除せざるを得ないようにして欲しい!(爆)出国&入国許可もヨンジュン氏のおチカラがあればなんとかなるような気がするんですが~(>_<)

 [放送確かめてみること]日本朝ドラマの秘密
2012年05月15日 (火) | 編集 |
イムンウォン大衆文化評論家

しばらく日本放送界の話から始めよう。 去る4月9日NHK側は新しい連続TV小説脚本を宮藤官九郎に任せたと発表した。 宮藤はいわゆる新世代映像言語の象徴とも同じ脚本家だ。 <池袋ウェスト ゲート パーク> <木更津キャッツアイ> <流星の絆>等新概念TVドラマらで良く知られた。 こういう人物に古色蒼然な朝ドラマ脚本を任せたのだ。

どうしてこういう決定が下されたのか。 単純だ。 <おしん>等私たちにもなじんだ作品らを多数出したNHK連続TV小説は2004年以後明白な下落傾向を免れなかった。 一言で時代錯誤的という評価であった。 毎度数十年前女性たちの疲れた暮らしを扱うというコンセプトが果たして21世紀に合うかとの批判が主をなした。

しかし2010年静かに始まった<ケゲゲの女房>が流れを変えた。 妖怪漫画<ケゲゲの鬼太郎>作家水木しげるとその夫人の人生を扱ったドラマだ。 最後の回では視聴率が23.6%まで上がって一種の文化現象まで登板した。 その理由を探しに出たNHK側は、結局視聴層の変化で答えを探した。

朝ドラマはやむを得ず朝時間帯に余裕がある主婦階層にアピールする構造だ。 ところで新しくこの階層に編入された30~40代主婦が少し特異な姿を見せたということだ。 以前の世代とは違い若年層用大衆文化商品にも相変らず反応して、時代流行にも敏感な傾向を見せたとのこと。 結局当時ブロックバスター映画版が登場するなど若い層関心を精一杯集めた<ケゲゲの鬼太郎>原作者夫婦の話という点に、時代流行に敏感な30~40代主婦が駆せ参じたという解釈が台頭した。

以後からは一瀉千里であった。 椎名林檎など若い層人気歌手らに主題曲を任せたし、素材もファッションデザイナー実話などトレンディーなものなどを選んだ。 先月2日放映を始めた<梅ちゃん先生>はその決定版に属する。 アイドル スター堀北真希を主人公で前に出した。 主題曲やはり大物ボーイズグループSMAPに任せた。 <結婚できない男>を執筆した尾崎将也が脚本を書いた。 すると初回視聴率が歴代連続TV小説史上二番目の18.5%を記録した。 解釈が正しかったのだ。 そして現在の待望の宮藤官九郎ドラマが始動をしている。

さあ韓国を見て回ろう。 韓国でも朝ドラマ視聴率を渡す一番の貢献者は60代以上女性層だ。 ところでその後をぴたっと追っている二等功臣がすぐに40代女性層だ。 その次三等功臣が30代女性層だ。 長期化した経済不況で該当世代女性層多数が一線で早く退いたためだ。 この世代は以前の世代らと色々な面で差がある。 ひとまず1990年代X世代、いわゆる文化ビッグバン世代らだ。 ソテジ世代だ。 村上春樹世代だ。 大衆文化と時代流行にとりわけ敏感だという日本30~40代女性層と別段違うこともない。

韓国の朝ドラマもすぐにこの世代を狙う必要があるということだ。 どうせ何をねじっても似たり寄ったりだけれど視聴率が捕えられるという点に安住せずに、時代と世代流れに密接に近寄る必要がある。 他の理由からが違う。 これらこそ今後朝ドラマ存立を思うままにする未来主視聴層であるためだ。 これらの要求を綿密に研究して反映することこそ最も現実的な未来対策になる。 乾いてすりへるように変わらない朝時間帯、おおらかな変化が要求される時点だ。

[PDジャーナル 2012-05-15 11:14:48] 元記事はこちらから

20120515-7.jpg

※主婦に限ったことではないですが~、ゲゲゲは録画したり土曜の一挙放送リアルで見てたし(笑)。やっぱ萌えるイケメンがいるかいないかに左右されるかと!

 ミステリー‘愛の雨’、海外だけで大騒ぎ
2012年05月14日 (月) | 編集 |
国内では大人気を呼ぶことができなくて物足りなさを買っている‘愛の雨’が海外では暴風関心を受けている。

放映前から日本市場に韓国ドラマ史上最高待遇先輸出される気炎を吐いたKBS 2TV ‘愛の雨’が日本、中国、香港、台湾、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、シンガポールなどアジア地域をはじめとしてアメリカとヨーロッパを含む12個地域に販売がなる驚異的な記録を立てた。

アジアを越えて全世界が注目しているドラマとしてその作品性を認められていること。 事実‘愛の雨’に対する海外市場の関心は期待以上に熱かった。 放映前日本、羽田空港に開いた‘愛の雨展示会’と製作発表会を通した多国籍取材陣らの熱い取材熱気があったし、去る4月フランス カンヌで開かれた世界3代コンテンツ マーケットMIPTV韓国出品作の中最も熱い関心を受けたことがある。

ユン・ソクホ監督の流麗な映像美、繊細な感性演技を見せているチャン・グンソクとユナの好演、ここに純粋な愛の感性を悟らせる叙情性とトレンディーな感覚が絶妙に交わったのが人気要因だ。 特に‘愛’という全世界の人の普遍的価値を韓国的感性で解きほぐして海外で歓迎されているという業界の評価だ。

残念なことに現在‘愛の雨’の国内人気は残念な成績だ。 初放送以来ずっと一桁数視聴率を記録して同時間帯最下位を抜け出すことができなかった。 ストーリーが絶頂に駆け上がっているが相変らず5%台に留まって戦々恐々としている状況。 この中海外ファンたちの爆発的な反応を得ているといううれしい便りが伝えられて現場でも幸いだという反応だ。

‘愛の雨’の製作会社ユンスカラーの関係者は“アジアの色々な地域をはじめとしてアメリカとヨーロッパまで販売がなったといううれしい便りに俳優はもちろんスタッフら全部より一層責任感を持って熱心に臨んでいるとより一層大いなる声援お願いする”と伝えた。

‘愛の雨’は来る26日日本ケーブル チャンネルKNTVで毎週2回、また、日本最大放送会社フジテレビを通じて7月に放映される予定だ。 ‘愛の雨’の感動と余韻が日本を始め海外でもずっと続くと期待される。

[毎日経済 2012-05-11 10:11] 元記事はこちらから

20120514-4.jpg

※ほとんどさっきのと内容同じですがもうひとつ。放送もされる前から手を出した日本と違って他の国々は国内反応をわかった上で購入してるのでしょうから製作会社としたらそれはそれは嬉しいでしょう。

キムタックの裏で視聴率伸びなかった'悪い男(邦題:赤と黒)'が日本地上波放送を控えいま爆発寸前なように数字だけではドラマの質は計れない。でも数字から見えてくるものがあるのも確か。KNで始まったらちゃんと自分の目で確かめようと思います~。

 ‘愛の雨’、国内線振るわなくても海外では上手く行くよ
2012年05月14日 (月) | 編集 |
アジア・アメリカ・ヨーロッパ12ヶ国に販売

視聴率不振を体験しているKBS 2TV月火ドラマ‘愛の雨’の感性が海外では通じた。

‘愛の雨’は放映前から日本に韓国ドラマ史上最高待遇で先輸出された。 これは‘冬のソナタ’を演出したユン・ソクホ監督と日本で最高のスターに浮び上がったチャン・グンソクと韓流ガールグループ少女時代、ユナに対する期待感からだ。

しかし以後‘愛の雨’は現在まで日本、中国、香港、台湾、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、シンガポールなどアジア地域をはじめとしてアメリカとヨーロッパを含む12個地域に販売されて作品性を認められた。

‘愛の雨’に対する海外市場の熱い関心は早目に予想された。 放映前日本、羽田空港に開いた‘愛の雨展示会’で多国籍取材陣の熱気が感知されたし去る4月世界3代コンテンツ マーケットMIPTV韓国出品作の中最も熱い関心を受けたためだ。

‘愛の雨’は5%台視聴率を記録して浮沈を体験している。 だが純粋な愛の感性を悟らせる叙情性とトレンディーな感覚が絶妙に交わった映像と展開で海外で人気を得て国内での不振を挽回してあまりあった。

‘愛の雨’の製作会社ユンスカラーの関係者は“アジアの色々な地域をはじめとしてアメリカやヨーロッパまで販売がなったといううれしい便りに俳優はもちろんスタッフら全部より一層責任感を持って熱心に臨んでいるとより一層大いなる声援お願いする”と伝えた

一方、‘愛の雨’は5月26日日本ケーブル チャンネルKNTVで毎週2回、また、日本最大放送会社フジテレビを通じて7月放映される。

[ノーカットニュース2012-05-11 11:25] 元記事はこちらから

20120514-3.jpg

※KNTVはケーブルチャンネルじゃないんだけどまあいいか。

 日本の中韓流、'ハンドペイン'パク・ユチョンに陥って婚約破棄まで?
2012年05月11日 (金) | 編集 |
2003年'ヨン様'ペ・ヨンジュンから2012年'グンチャン'チャン・グンソクまで日本国内韓流熱風がとどまるところを知らなくなっている。 日本女性たちがこのように韓国ドラマに熱狂する理由は何か。

去る7日日本媒体'NEWSポストセブン'とは'韓国ドラマに陥った廃人女性3人の壮烈な体験をいう'という題名で日本国内韓流熱風の実状を公開した。

記事によれば10余年ぶり韓流愛を受け継いできた女性から反韓流で韓国ドラマを経験した後韓流ペンが女性、またJYJパク・ユチョンをとても愛した(?) 残り婚約破棄に達した女性まで彼女たちが韓国ドラマに陥った経験談がそっくり含んでいる。

先に'冬のソナタ'を始め韓流に陥った40代半ば女性は日本に進出したイ・ビョンホン、クォン・サンウ、ソン・スンホンに順に陥った。 特に映画'私の頭の中の消しゴム'のチョン・ウソンを見る瞬間"私の人生最後の男"と考えるなどドラマ世界で現実に帰ってこられないほどどっぷり浸かった自身の姿を説明した。 その契機に韓国語を学び始めたし、5年目韓国語学院に通っていると。

40代初めのある女性は'韓国ドラマに陥る人の気持ちが分からなかった'として'嫌韓流'であった事実を告白した。 そうするうちに日本版'美男ですね'を見ている間韓国版'美男ですね'に接したしそれと共にチャン・グンソクに陥った。 だが、ここで終わらなかった。 韓国ドラマに陥ればこの頃流行する言葉で'出口'がなかった。 チャン・グンソクのために見た'メリは外泊中'からキム・ジェウクに陥ったし、キム・ジェウクの作品を探している間'コーヒープリンス'を見ることになるなど'韓ドペイン'になってしまった。

韓流のために婚約破棄直前になった人もいた。 30代初めのある女性は"本来JYJパク・ユチョンのファンであったのにドラマ'成均館スキャンダル'を見てより一層陥った。 当時今の夫と婚約中だったがユチョンをとても好きなあげく結婚はとうてい考えられなかった"と当時の状況を説明した。 しかし"理解の心広い夫のおかげで無事に結婚したし、今でもユチョンのファンとして幸せで、結婚生活も幸せだ"と伝えた。

[enews24 2012-05-10 14:24] 元記事はこちらから

20120510-21.jpg

※オリジナル記事はさらに壮絶!(爆) せっかくなんで下にしまいます~。

[READ MORE...]
 アイドル ミュージカル出演、興行+品格‘2匹ウサギ捉えようとするなら..’
2012年05月10日 (木) | 編集 |
国内代表アイドルがひきつづきミュージカル出演に出ている。 少女時代、ジェシカ ティファニーをはじめとしてカラギュリ、JYJキム・ジュンス、スーパージュニア キュヒョンなどがあって2AMチャンミン、シャイとかキー、ビースト ヒョンスンまで引き続いたミュージカル外出で風変わりな変身を試みていること。

これに憂慮の声が高いのも事実だ。 演技力が取りそろわなかったアイドルが雨後の筍ミュージカルに進出しながら公演の質が落ちて単純に興行性に酔中することになる商業的利用になることができるためだ。

一緒にミュージカルに集中できないアイドルらの忙しいスケジュールと無理に組み入れて合わせて進行される意図的演出に対する指摘も絶えることなく続く。

だが、あるマネジメント関係者は“一般的にアイドル メンバーがミュージカルに関心があって始める場合が多い”として“多様な才能を持ったメンバーが多くてグループ活動をしない時違う姿を見せることができる契機にする”と説明した。

引き続き個人活動によると見せてくれることができる姿が多いだけ個人的な力量が広くなってミュージカルをする多くの先輩たちの助言で本人自ら成長できるということ。

もちろん複雑にからまったスケジュールに対する問題は多少甘受しなければならない困難だ。 彼は“スケジュールを重ならないようにするために努力している”として“一部(忙しいスケジュールを)辞典に知ってミュージカルを始めるからメンバーら自らもミュージカル参加を嬉しい気持ちで受け入れる”と付け加えた。

先立ってJYJジュンスは‘モーツァルト’に出演したし少女時代、ジェシカとエフ エックス ルナは‘キューティーブロンド’、少女時代ティファニーは‘フェーム’舞台に上がった。 引き続きシャイニーキーと少女時代切ると、スーパージュニア キュヒョン、チョンサンジヒ ダナーなどが出演した‘キャッチミーイプ ユーキャン’は現在の公演中にある。

引き続き最近‘ラカジ’出演を決めた2AMチャンミンは去る7日初めての練習に参加したしジュンスの後に続いてビースト ヒョンスンやはり‘モーツァルト’を通じてミュージカル初めての挑戦を知らせた。

このようにアイドルのミュージカル出演を製作会社で快く受け入れる理由は何か?

ミュージカル製作会社関係者はアイドル出演の肯定的な影響でミュージカル市場の活性化を挙げた。 別名‘スターマーケティング’一環で注目される部分ではあるが既存の消費層がアイドル出演でより一層拡大するということによって肯定的な影響を及ぼすということ。

もちろんここにはアイドルのチケットパワーやはり無視することはできない。 “一般的に良く知られなかった俳優方々より広報効果が大きいのは事実だ。 一緒にこの頃にはアイドルのファンたちがグローバルだから興行に役に立つ”と伝えた。

特に有名アイドルだとして無条件ミュージカルにキャスティングされるのではない。 オーディションを経て配役と合う声トンと演技力、大使力を検証して出演することになると。 最も問題視されるギャランティーやはり企画団界で配分されたことで投資概念で見ることができるというのが関係者の変移だ。

一緒にミュージカル俳優らまた、アイドルの出演に肯定的な反応を見せているというこの関係者は“現場で不便な雰囲気は大きく感じられない。 みな熱心にする人々で以前のように業界に対する理解もなしで押されてきたケースはほとんどさがせられない”と付け加えた。

それでもアイドルのミュージカル出演が良く見えない理由は彼らがアイドルであるためではないかと思う。 アイドルが特典を持つ利点があるならば思わず大きさもう少し厳格な定規が突きつけることがおおっぴらな事実. これに'アイドルだから'という汚名を抜け出すためにはアイドル、マネジメント、製作会社皆の努力が必要だ。

'スターマーケティング'が大衆文化ぐらい活性化することが出来ない公演文化の成長に必須不可欠なのならこれを断片的な利用要素でない共生手段でまともに活用することが必要だ。

これはミュージカル参加アイドル歌手らの健全な欲と練習とスケジュールを並行できる快適な環境、製作会社としてアイドルをアイドルでない一人の俳優に受け入れること。 この三種類組合せが適切に溶け込むならばアイドルのミュージカル出演が論議の対象から抜け出すはずだ。

[ファイナンシャルニュース 2012-05-09 01:44] 元記事はこちらから

20120509-1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。