★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピ(RAIN)、『フルハウス』で演技者として 本格的な日本放送
2006年08月25日 (金) | 編集 |
“ワールドスター”ピが歌手に引き続き、演技者としてもう一度日本の放送に出演する。KBSメディアのある関係者は「最近、日本のメージャー代行社と『フルハウス』の輸出に対する契約を締結し、年内に日本地上派を通じて全域に放送される予定だ」と明らかにした。2004年、国内に放送された『フルハウス』はピとソン・ヘギョが主演を引き受けたドラマで、すでに中国を始じめ台湾、香港、シンガポール、マレーシア、ミャンマーなどアジア 10ヶ国に輸出されて爆発的な人気をあつめた事がある。引き続き、遂に日本でも放映が決まることで韓流熱気はもっと高まる見込みだ。

KBSメディア関係者は「最近、日本に輸出される韓国ドラマが深夜時間などの悪条件の時間帯に放送される傾向が多いが、『フルハウス』はできるだけ多くの視聴者たちが見られる良い時間帯に放送することで協議を終えた」と言った。また契約金と関連しても「具体的な金額を明らかにすることはできないが、過去『冬のソナタ』のようなドラマ輸出が活発ではなかった時期とは確実に違う、満足できる金額で契約を終えた」と付け加えた。この関係者は、また「『フルハウス』は KBS ドラマでは『秋の童話』『冬のソナタ』に引き続き三番目で、地上派を通じて日本全域に放送される」と「韓流熱風がたじろいだ時期に『フルハウス』は韓流を再火点しする起爆剤になることで期待する」と言った。

ピが主演を引き受けた『サンドゥ、学校へ行こう』も日本に輸出された事があるが、衛星を通じて放送されて大きな反応を得ることはできなかった。しかし、ピは最近ワールドスターに急浮上して、演技者としてもう一度韓流熱風を駆って来ることで期待を集める。

[イノライフ Eフォーカス] 元記事はこちらから

※またこれも高額で決まったようですね。しかしKBSで三番目って『サンドゥ』日本テレビの「ドラマティック韓流」で放送したじゃないですか~、『ごめん、愛してる』だって。。。

まだこれからお風呂です~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ソン・ヘギョは1996年にモデルとして選ばれ、雑誌などでCF活動を開始。
2006/09/19(火) 16:39:40 | 韓流スター情報館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。