★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ['犯罪少年'ソ・ヨンジュ]彼を置いてユ・スンホを論じるな
2012年12月01日 (土) | 編集 |
'犯罪少年'ソ・ヨンジュ、実際に会ってみると-少年院子供たちの話が映画で作られるというとその主人公が迷惑をかけるか気になったことがあった。 どんな子役俳優がその役割を受け持ってセンセーションを起こすことがなるか期待を抱いたまま関心を持って見守ってきた。

ドラマ'メイクィン'でキム・ユジョンにとても冷酷に対したその男の子を記憶しているか。 鋭い目つきと一緒にカリスマを持つ16才少年ソ・ヨンジュが映画'犯罪少年'(監督カン・イグァン)の犯罪少年を引き受けた。 それもドラマとは完全に違う姿で筆者にどんな'担いだぶうっと'をプレゼントしながらだ。

映画の封切りを控えてあふれるインタビューの中にソ・ヨンジュが筆者と会ったことはある遅い午後であった。 まだ思春期をすぎている少年が数十人の記者たちと会って話を交わすということはもしかしたら手にあまるはず。 だが、彼は明るくてきれいな、そして特有の明朗快活な性格で筆者を迎えた。

近くで会ってみたソ・ヨンジュは賢かった。 頭が賢いことだけでなく今後自身がしなければならない演技に対する確固たる信念があったし、意志が明らかだった。 '家で'のユ・スンホ、'太陽を抱く月'のヨ・ジングを描いて子役俳優ソ・ヨンジュを想像したとすれば、もうこれ以上彼らを論じないということを冒頭に明らかにする。

#ソ・ヨンジュ、'犯罪少年'になるまで..

映画'犯罪少年'で言葉どおり犯罪少年チグ役を担って少年院の日常を伝えたソ・ヨンジュ。 彼は劇中キャラクターをまともに消化するために少年院生活を敢行した。 犯罪少年が集合しているそこ. 恐れをいっぱい抱いて到着した少年院だが実際に会った子供たちは純粋さの結晶体だったと。

"初めに少年院生活をしなければならないといった時とても恐ろしかったです。 永らく対話をできなかったが分かってみるから本当に純粋な友人であるんですよ"

少年院の友人がソ・ヨンジュに渡した最初の一言はこうだった。 "私どもの映画に出てきますか?"俳優に自分たちの映画出演に対して尋ねるとはこのどれくらい当惑する質問なのか。 だが、その一言には少年院子供たちが私たちが考えるように犯罪らしいだけではないという明確な証拠だ。

"撮影を終えてから考えたのがあります。 '、私も偏見を持っていたんだな'今回の経験で偏見を持たなくなければならないと考えました。 今後演技する時も多いに役に立つことのようです"

ソ・ヨンジュは少年院の友人が出所しても純粋さを失わないで'よく'送れたらと思うといった。 内省的だった本人の性格を先に近付くことができるようにさせたその友人に感謝するね。

#演技に対する無限の欲

ソ・ヨンジュに会う前会ったカン・イグァン監督はソ・ヨンジュを置いてこのように話した。 "今後我が国芸能界でなくてはならない重要な俳優になるでしょう"ドラマ'メイクィン'で強烈な印象を残して放送序盤視聴率牽引役割をしたソ・ヨンジュを記憶するのか。 それならソ・ヨンジュが今後残すことになる足跡が気がかりだろう。

"ほとんどの人々がいわゆるスターになりたいかといって尋ねて下さる。 ところで私はスターよりは俳優になりたいです。 演技上手くする俳優です。 演技が上手ならば自然にスターにならないでしょうか?" 16才少年の口から出るそうな台詞ではなかったために驚かないわけにはいかなかった。 大衆に見られる姿がスターでない俳優になりたいとは。 ソ・ヨンジュの将来がより一層期待される大きな課題だ。

誰々の子役、誰々の幼い時で生きてきた彼だ。 '犯罪少年'を通じてそういうタイトルを捨ててそのまま俳優ソ・ヨンジュに位置した。 "誰々の子役ソ・ヨンジュでないそのままソ・ヨンジュが初めてだと見慣れませんでした。 ハハ。 それでも気持ちは良かったんですよ"

'泥棒たち'でキム・ユンソク先輩の子役で出演しましたね。 幼い頃のキム・ユンソクを見るようだという話を聞けば気分が良いです。 本来ロールモデルがキム・ユンソク先輩だったんですよ。 光栄でしょう"

普段キム・ユンソクの演技を見て'夢'を描いたというソ・ヨンジュは実際に会ったキム・ユンソクにまた、一度恋したと。 力強い性格と熱心にするキム・ユンソクの情熱を二目で確認してからそれに対する尊敬心はより一層大きくなったんだ。 そして今後本人が編み出さなければならない演技に対してさらに悩むことになったと。

#ソ・ヨンジュにはない子役俳優の苦悩

今年16才。 真っ最中思春期を貫いている彼が'犯罪少年'である少年と会って愛を分かち合った。 成人演技者も消化するのが難しいベッドシーンを演技しながら。 もちろんとても厚い感情シーンではなかったが直接的な経験がはずがない彼がベッドシーンをやり遂げるには苦衷が後に従ったはず。

"友人が'君はその場面を一番上手にするようで'とからかいます。 間接的な経験はあったが直接的な経験がなかったから私は本当に大変だったんですよ"

'メイクィン'でキム・ユジョンに水をかける場面でも友人のヤジは途方もなかった。 '私たちのユジョンにどうしたの'としながら'君も同じようにあってみろ'という式のいたずらが絶えなかったんだ。

話を聞いていようとすれば彼の学校生活が気がかりだった。 よく子役俳優が話す学生時代の思い出は存在するのだろうか。 あるいはや学校生活に困難は経ていないだろうか老婆心に尋ねた。 "友人らと思い出はよく作っていますか?"

"(パク)チビン兄がそうしましたよ。 学生時代に思い出がなくて今でも作りたいですって。 その話を聞いて私はさらに積極的になりました。 学校ではそのまま平凡な学生です。 友人らと写真をたくさん撮りながら思い出積むことしています"

[OBSプラス 2012-11-28 18:21:14] 元記事はこちらから

20121201-1.jpg 20121201-2.jpg 20121201-3.jpg 20121201-4.jpg

※キムユンソク氏がロールモデルだなんて、さっきの映画'ファイブ'出たいだろうなあ。

来週韓国文化院での上映会に当選したところ(邦題は"未熟な犯罪者")、かなり彼についても興味津々。楽しみです~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。