★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ヨ・ジング-ユ・スンホが子役? もうお姉さんたちの心震える
2012年12月01日 (土) | 編集 |
'97年生まれヨ・ジング、93年生まれユ・スンホ. 私たちがまだ子役と見えるんですか?'

子役出身演技者に対する偏見はたたむ時がきた。 可愛気と純粋さで武装した子役演技者の新しい歩みを近ごろヨ・ジングとユ・スンホが再び使っているようだ。

この頃'子役の破格'を最もよく見せている俳優はヨ・ジングだ。 MBC史劇'太陽を抱く月'で本格的に大衆に顔と名前を知らせたヨ・ジングは現在の放送中のMBC水木ドラマ'会いたい'を通じて再び一度注目される俳優になった。 彼が広げる切切でありながらもロマンチックな演技は明らかに子役なのにかかわらず、女心を揺さぶる。

嗚咽演技、ぐつぐつロマンス演技、細心な感情表現などが引き立って見えて演技力にも全く問題がないということを証明したヨ・ジングは子役のようでない子役という暴風反応だ。

ヨ・ジングは現在の映画'ファイブ'の主人公に有力な候補だ。 今年'ウンギョ'があるとすれば来年には'ファイブ'という言葉があるほど'ファイブ'で主人公を引き受ける俳優はシナリオ上その存在感がすごい。 チョン・ジュナン監督がメガホンを取る'ファイブ'はある少年が自身を育てた父親を相手に広げる復讐劇でファイブは俳優キム・ユンソクと感情戦を行わなければならない。

普通子役俳優が忠武路でキャスティング順位に進入するのが容易でないが、ヨ・ジングがアイドル-青春スターの隙間を広げて入ってきている。 何よりも'子役のようでない子役という感じが強い'という評。 深い目つきと中低音の声はかなりの人気成人男演技者を頬打ちする勢いだ。 "子役なのに変に心臓が震える"という女性視聴者たちの反応をあちこちで見ることができる。

国民代表子役出身演技者ユ・スンホは最も子役出身という荷札を離すのが難しい立場にもかかわらず、その充満した可能性で見る人を驚かせる。 何年間'ユ・スンホの成人演技'が常に話題になったが、今回の'会いたい'こそ彼の本格成人演技を見せる。 子役のイメージを脱ぐための本人の絶え間ない作品選択努力が一役した。

ユ・スンホの勝負の賭けは悪役. '会いたい'で映画'家で'のいたずらっ子ユ・スンホを思い出させることは容易ではない。 卑劣なようながらも母性本能を刺激する目つきと相手方を制圧するカリスマは他の兄-姉を制圧する。 さらにユ・スンホは真っ青にならない荒っぽさという長所を持っているが、コンピュータグラフィックやフォトショップ効果を与えなくても完璧な容貌を持ったという意の'CG男'という愛称でプッリルほど ビジュアルでも完璧だ。

まだ視聴者の反応では'それでもユン・ウネとメロするにはとても幼いようだ'という反応があったりするが、少なくともその雨水に濡れた目つきを代える俳優を探すことは容易ではなく見える。 今後毒蛇のような悪役でも濃いメロの男主人公として彼を想像してみるのは楽しいことだ。

[OSEN 2012-11-25 09:49] 元記事はこちらから

20121201-5.jpg

※来年はヨチングくん映画てツートップか?キムユンソク氏となんて'ワンドゥギ'のアインくんからぜひオススメして欲しいなあ、ヨチングくんとは一応(?)'アンティーク'で共演してる間柄でもあるし(笑)。

今日は別館でもチングくんネタちょっこしアップしています~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。