★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いつのまにかおとなになったユ・スンホのための童話
2012年11月24日 (土) | 編集 |
[カン・ギョンユンのTV感受性]

“必ず座らなければならない? 私横になってはいけない?”

俳優ユ・スンホ(20)が‘少年時代’の終末を知らせました。 ユ・スンホはそのように、姉視聴者たちが可愛らしく負わせた‘国民弟’の服を格好良く投げ捨てて堂々としている成人演技者に出ました。

まさにその場面でした。 去る22日放送されたMBC ‘会いたい’でカン・ヒョンジュン役を担ったユ・スンホがイ・スヨン(ユン・ウネ扮)が横になったベッドを示して話しました。 深い目つきが似合いました。 心臓が揺れ動きましたって? ユ・スンホが堂々としている成人演技者と認められたの正しいですね。

子役俳優は成長しながらいくつかのジレンマに閉じ込められます。 少年は10代の最後のカレンダーを破って成人になるが、子役演技者は歳月だけ流れると成人演技者になるのではありません。 子役の枠組みに閉じ込めた自身のイメージを自ら破る時はじめて成人演技者と認められるということなのでしょう。

ユ・スンホが成人配役を引き受けたのは今回が初めてではありません。 昨年‘欲望の花火’でキム・ミンジェ役にソウと禁止された愛で苦しむ姿を描いたし、いよいよ成人になった今年‘アラン使道伝’でやはり玉皇上帝役を担いました。 ソウとのロマンスでユ・スンホは下手だったし、玉皇上帝では配役の特性上確実に成熟さを表わす契機はなかったんですよ。

そのような意味でユ・スンホの‘会いたい’挑戦は非常に意味深いです。 9才年上ユン・ウネとの切ないロマンスを完成するためにはユ・スンホがその間見せた青二才魅力は、真剣さと男らしいことで完璧に消して出さなければなりませんでした。 期待よりは心配が多かったのはそのような理由でした。

カン・ヒョンジュンは冷たい男だがスヨンにだけは暖かい男です。 14年前自身を性暴行した犯人と会った後浴室で嗚咽するスヨンを言葉なしで抱きました。 スヨンはついに何も言わないけれど100の言葉より慰労の目つきを渡すそのような男です。

ケガした足のためにカン・ヒョンジュンはトレードマークのようにツエをいつも持って通います。 そのためでしょうか。 “逃げるな。”というスヨンの話に“この脚でどこを逃げるのか。 君でこそ行ってしまうな。”と話すヒョンジュンの姿は、傷だけのイ・スヨンのための童話の中の足ながおじさんのように見えます。

もしかしたら‘会いたい’は14年前事件のために別れたハンジョンウ(パク・ユチョン扮)とスヨンの胸が痛い愛の物語か権力と計略を囲んだ緻密な復讐劇かも知れないです。 しかし少なくともユ・スンホだけには‘会いたい’が絶対的な信頼をあたえる童話のような愛の話です。 ヒョンジュンの愛の結果が悲劇で終わってもユ・スンホの線深い演技はヒョンジュンの成熟した愛に重さと感動を与えるでしょう。

放送前ユ・スンホは“無理な方法かも知れないが成人演技者で発足したい。”という風を明らかにしました。 世間の心配を踏んで真正性ある演技を試みたユ・スンホに'会いたい'は明らかに意味のある挑戦になるでしょう。

[SBS E! 2012-11-23 16:20] 元記事はこちらから

20121124-2.jpg 20121124-3.jpg

※さすが前からリトルソジソブと言われただけある。ウネちゃんとのカップル演技もドキドキで、ユチョンのライバルとしても不足無し! いや~楽しみになってきました!

ただいま6話おっかけ視聴中。ジョンウの着メロが超気になります(爆)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。