★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ユン・ウネ、'会いたい'パク・ユチョンと正統メロ…ネチズン反応は"そうだな"
2012年10月09日 (火) | 編集 |
演技者ユン・ウネがMBC新しい水木ドラマ<会いたい>の女主人公で落下点なって1年5ヶ月ぶりにテレビ劇場に復帰する。

ユン・ウネはパク・ユチョンとヨ・チング、キム・ソヨンなどに続きキャスティング、ドラマ<会いたい>出演を最終確定して本格的な撮影に突入する展望だ。

ドラマ<会いたい>は十五、胸ときめいた初めての愛の記憶を根こそぎ奪い取った辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女の鬼ごっこのような愛の物語を入れた正統メロドラマ。

ユン・ウネは劇中‘ハンジョンウ(パク・ユチョン扮)’の初恋でありいつも明るくて堂々としているが中には人知れない痛みを抱いて生きてきた嘱望受ける新鋭ファッションデザイナー‘イ・スヨン’役に変身する。

清楚ながらも強靭で、冷静だが同時に内面の切ないということを含んでいる‘ユン・ウネ表’正統メロをプレゼントすることと期待を集めている。

<会いたい>の関係者は“ユン・ウネは色々な作品を通じて演技力を認められた検証された俳優だ。 明るくてしっかりしている姿裏面に人知れない痛みを大事に保管した‘イ・スヨン’役を消化できる適任者で判断した。”と明らかにして“正統メロドラマ<会いたい>を通じて一層成熟した演技と風変わりな魅力を発散するユン・ウネの変身に大いなる関心と期待お願いする”と付け加えた。

去る2006年ドラマ<宮>で演技者としての地位を固めたユン・ウネはドラマ<コーヒープリンス1号店>で安定した演技力をお目見えして注目をあびた。

ロマンス ドラマ<会いたい>は現在の放映中の<アラン使道伝>の後続で来る11月初回放送される予定だ。

一方、パク・ユチョンの相手役でユン・ウネがキャスティングされたという便りが伝えられるとすぐにネチズンの反応が熱い。

ネチズンは"パク・ユチョンとユン・ウネが正統メロ? そうだな","二つの図が別に浮び上がらない","メロのほか愉快なコミック ロマンスすればよく似合うようだ","ユン・ウネではないこと同じなんだけど。.."等多数の意見を伝えた。 反面"二つとも新しい試みだね。 期待してみる","よく呼吸して失望させられなかったら"等期待感幼い意見も一部あった。

[デイリーアン 2012-10-09 17:29:36] 元記事はこちらから

20121009-1.jpg

※ウネちゃん今までのラブコメ専門みたいなイメージを払拭、大人の女優に脱皮したいところ。ユチョン相手だとファンの目が厳しそうだけどウネちゃんふぁいてぃーん!

'会いたい'はMBCドラマ、ジフニとSBS演技大賞で再会とはいかず残念~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。