★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 応答せよ1994? シンウォンホPD “‘応答せよ1997’シーズン2は…” (インタビュー)
2012年09月12日 (水) | 編集 |
毎週火曜日夜視聴者たちを1990年代郷愁に抜かしているtvN週間ドラマ‘応答せよ1997’. 製作発表会当時だけでも‘なるかい?’として疑いのまなざしを受けたこのドラマは先週放送された13話、14話が平均視聴率3.7%、最高視聴率4.7%を記録した。 多少アクセシビリティが不利になるケーブル チャネルであることを勘案すれば熱い人気であることが間違いない。

この頃はあるドラマがうまくいけば‘延長するだろう’と考える程ドラマの回数がゴムひも一緒に見なされたりもする。 ‘応答せよ1997’の場合も毎回放送ごとに主要ポータルサイト検索語に上がるかと思えば‘果たしてシウォンの夫は誰であろうか?’を置いて何週裂いて視聴者の間に舌戦が行き来する程話題作なので延長、あるいはシーズン2に関する期待をせざるをえない。

10日ソウル、汝矣島近隣で行ったインタビューでシンウォンホPDは“ ‘応答せよ1997’は90年代末まで見せて、2012年でジャンプして現在の姿を見せようとした”と話し始めた。

だが、10年を越える間隙を埋めるには話も、図も無理があったと判断されておとなになった彼らの姿を描こうと2005年の姿まで話中間に見えることになったという説明だ。

シンPDは“90年代末まで話を整理しようと決定した時は‘応答せよ1997’を終わらせて90年代初期の話を再び作ればどうだろうかと思う話を作家と分けた”として“1994年が適当だと結論を出した。 事実1997年は私が軍隊にあった時期で1994年こそまともに描き出せるとの自信もあった。 (シンPDは94年度入学生だ。) 94年があたえる感じは97年と完全に違うと考えられた”と伝えた。

彼は“しかし‘応答せよ1997’にあふれるあまりにも熱い反応に(シーズン2に対する)悩みが多い”として“弁別力あるコンテンツを作ることができるという気がするならばシーズン2で会えるだろう”と付け加えた。

一方7月24日初放送された‘応答せよ1997’は来る18日16話‘初恋が成り立たない理由’を最後に幕を下ろす。

[経済トゥデイ 2012-09-12 02:48] 元記事はこちらから

20120911-3.jpg

※シーズン2という言葉に過剰反応してしまう今日この頃。宮2にも会いたいです。。。

'応答せよ1997'はいよいよ来週最終回~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。