★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 芸能界デマ、火のないところに煙はたたず
2012年08月21日 (火) | 編集 |
‘火のないところに煙はたたず’ということわざがまた、一度合致した。 去る4月ふくらんだトップスターイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛事実が事実とあらわれたためだ。

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの所属会社は19日午後それぞれ熱愛事実を認めて二人の将来を祝福してほしいと頼んだ。 去る4月熱愛説が最初報道された当時と、光復節結婚説がふくらむとすぐに極力“なく”と取り払った姿とは全く違った態度だ。

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛説は事実芸能関係者の間では知る人は皆知るピンク色真実だった。 芸能界先輩であるイ・ビョンホンがイ・ミンジョンを新人時代から見守って良い感情を抱いたし、以後恋人間で発展したという話と目撃談は芸能界常連おしゃべり素材であった。 俗称‘証券街チラシ’にも二人の熱愛事実と一緒に縁談につながっているという話もやはり並んでいた。

ただし証拠がなかった。 芸能関連報道は所属会社の窓口を通じるだけに該当芸能人の会社が‘違う’という立場を定める場合、各媒体はこれをひっくり返す方法がない。 “事実無根”という所属会社の激昂した反応と一緒に“法的対応”という強力な否認につながったりもするためだ。 目に見える確実な物証がない限り熱愛説報道が容易ではない理由だ。 一例でイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛説取材当時二人の所属会社関係者は写真の存在有無を一番最初に尋ねて記者の話を遮ってしまったりもしたことがある。

皮肉なのは二人だけでなくて取り払う局面とは別個でインターネットをはじめとする多数の人々の心の中にはイ・ビョンホン・イ・ミンジョン二人はすでに熱愛を持続していたという点が興味深い。 とりわけ結婚適齢期に入り込んだ二人の善男善女が結婚を前提にお互いを大切に感じているという便りは風呂敷に積んでこちんこちん隠しておかなければならないことでない祝い受けて当然な事案なのでより一層そうだ。

いくら忙しくて所属会社が公式否認をしてもいつも人々はみな会う。 火のないところに煙は立たずということわざは今回のトップスターカップル イ・ビョンホン、イ・ミンジョンの熱愛認定でまた、一度証明された。

[OSEN 2012-08-19 16:33] 元記事はこちらから

20120819-3.jpg 

※芸能関係者内ではもう周知の事実だったのですね~。
ジフニの場合は自分がまず大衆に認められるところのスタートラインだし、ウネちゃんは大学院で勉強中、この先もっと女優として活躍しなければいけない身。まだしばらくはじっと貝になって足場固めの時期かなあ、早くイオンくんを安心させて欲しいけど。


と相変わらずリアルシンチェモード全開ですが(爆)妄想劇場は手がつけられず宿題~。
今日はイオンくんの命日、2008年8月21日からもう4周忌になるんだなあ。
夜にはそれも絡めてアップできるかなあの予定は未定、ジフニとウネちゃんもきっとイオンくんを思い出してるに違いない! というわけで今日はここまで~。

コメント
この記事へのコメント
両方口がデカ、エゲツナイ、下品、できちゃった婚か
2012/08/24(金) 13:40:52 | URL | sudako #yWLg4BnU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。