★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 1年ぶりカン・ホドン復帰、憂慮より歓迎される理由は…
2012年08月20日 (月) | 編集 |
放送人カン・ホドンがSMと手を握って放送に復帰する。 昨年9月脱税疑惑で物議をかもしたカン・ホドンは放送暫定中断宣言をして大きい波紋を起こした。 17日カン・ホドンの復帰の便りに物議をかもした芸能人の復帰時点に焦点が合わされている。

▲‘脱税疑惑’カン・ホドン、ぴったり1年

最近何年間カン・ホドンはそれこそ自身の年を送った。 ユ・ジェソクと共にツートップを成し遂げて芸能大物と呼ばれた。 彼はMBC ‘黄金漁場-膝打ち導師’、KBS 2TV ‘ハッピーサンデー-1泊2日’、SBS ‘強心臓’等のMCで活躍して放送3社でいわゆる話す最もうまく行くプログラムを代表した。 しかし昨年9月税金過小納付論議に包まれながらデビュー以後最初にブレーキがかかった。 常勝疾走してきたカン・ホドンは避けないで急ブレーキを踏んだ。 記者会見を自ら要望して放送で暫定引退を宣言して大きい波紋を起こした。

以後彼はちっ居生活をした。 対外活動を慎んだし、知人たちにも会わなかった。 それに対する世論が変わりながらカン・ホドンは20億相当の平昌土地を寄付して、各種慈善行事を通した社会還元作業をした。

休むということなしに駆け付けた過ぎた日を見て回って乱れた自身を揺り動かす姿が歴然に見えた。 約1年ぶりに放送復帰を宣言した彼を眺める大衆の視線は比較的柔順だ。 あるアンケート調査によればカン・ホドンの復帰を賛成するというネチズンは何と70%に達した。 自粛期間の間カン・ホドンの歩みは世論を意識した歩みでない、心より放送の大切さを悟って自身を見て回る真の時間になった計算だ。

ポータルサイト掲示板などに上がってくるコメントだけ見ても知ることが出来る。 カン・ホドンの復帰報せに接したネチズンは“1年休んだらもう飢える時もなっただろう。 熱心にして下さい(@kks******)" “カン・ホドン1年ぶりに放送復帰慶祝慶祝!!!(@lee*****)" “や本当に冗談でなく(便り聞いて)我が家降りて行く廊下で大声を出した(@Hee*****)" などの反応を見せた。 また、放送界でも彼の復帰を喜ぶ雰囲気だ。 現在の焦眉の関心は彼がどんな放送局のどんなプログラムに復帰をするのかに合わせている。 また、カン・ホドンの復帰でユ・ジェソク1人独走体制に変化があるのか成り行きが注目される。

▲チュ・ジフン、麻薬波紋踏んで4年ぶりにテレビ劇場復帰

チュ・ジフンは去る2009年4月麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された。 当時チュ・ジフンは懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後彼は2010年特戦司令部常勤予備役で入隊したし2011年11月除隊した。 除隊後彼はSBS ‘大風樹’出演に有望視されたが失敗に終わったことがある。 これで2012年8月SBS ‘五本の指’に出演確定になった彼は約4年ぶりにテレビ劇場に復帰するわけだ。

その間麻薬疑惑物議をかもした芸能人の平均復帰期間が20ヶ月であることに比較するとチュ・ジフンは多少長い自粛期間を持った。 しかし麻薬疑惑は打撃が大きい事案であるだけにネチズンは彼の復帰に賛否様相を浮かんでいる。 反対意見では“麻薬疑惑で社会的物議をかもした人が毎日TVに出てくるのが不便だ” “青少年も見る地上波ドラマに出演するのは時期尚早”等があったし賛成側では“より大きい物議をかもしても放送に堂々と復帰したよ” “4年なら他の芸能人よりはるかに長いのではないのか”等の意見を出した。

▲‘アイドル’は早い、Gドラゴン自粛期間0?

Gドラゴンは2011年10月大麻草を満ち足りている疑惑で検察から起訴猶予を受けた。 しかし彼は大麻草疑惑にもかかわらず当日広告撮影も予定通りに進めたし2ヶ月ぶりに放送に復帰して大衆の叱責を受けた。 彼は大麻草事件によりビッグバン カムバック時期に影響を及ぼしただけでなく日本活動に大きい支障を与えた。 当時ビッグバンは日本ですべての放送に出演が不可能なことは反面韓国では何ヶ月後である2012年2月芸能番組に出演した。 Gドラゴンは当時交通事故物議をかもしたメンバーテソンと共にSBS ‘ヒーリングキャンプ、うれしくないのか’に出演して大麻草事件に対して謝罪の立場を明らかにしたがテソンに比べて反省の態度が物足りないという指摘を受けた。 しかし以後ビッグバンは3月新しいアルバム‘アライブ(ALIVE)’を発表して活発な活動を広げたし現在のGドラゴンはソロ2集アルバム準備に真っ最中だ。

▲自粛期間1ヶ月で一生? ‘千差万別’

Gドラゴンだけでなくアイドル メンバーは多少復帰時期が早い方だ。 ビッグバンのテソンもやはり交通事故物議をかもした後6ヶ月ぶりにカムバックした。 最近グループ2PMニックンもやはり飲酒運転および交通事故で物議をかもしてそのまた達した復帰をするのかに対しても関心が集中している。

反面復帰時点が不透明な芸能人もある。 放送人シン・ジョンファンは2010年フィリピンで億台遠征賭博をした疑惑で懲役8ヶ月を宣告された。 彼は過去2度も賭博で処罰を受けたのにかかわらずまた、賭博事件に包まれて放送復帰に大きい困難があるものと見られる。

放送人キム・グラは過去インターネット放送で慰安婦発言をしたのが今一度論議を起こして放送暫定引退を宣言した。 彼は交通事故や麻薬疑惑とは違った社会的問題と関連して放送復帰が確実でない。 現在のキム・グラは放送復帰計画がないということを明らかにして奉仕活動をして忙しい毎日を送っていると分かった。

歌手コ・ヨンウクは最近性暴行疑惑に止めて大衆に大きい衝撃を抱かれた。 警察調査以後彼は性暴行証拠が不足して性暴行疑惑でない姦淫疑惑で検察に送検された。 しかし彼は性暴行関連事件にまきこまれたことだけでも途方もない打撃を受けたし大衆にも消されないイメージを植えたので未来の放送復帰も不透明なものと見られる。

[毎日経済 2012-08-19 10:07] 元記事はこちらから

20120819-5.jpg 20120819-6.jpg

※罪の重さは段違いだけどジフニは法律的に罪を償ったし十分時間をかけて自分を見つめ直しいよいよ再生する時が来たわけで、ファン以外の方々には好意的でないまでも先入観は置いておいてニュートラルな気持ちでジフニを見て欲しいなあ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。