★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフンを‘拒否する’あなたたちに(インタビュー)
2012年08月20日 (月) | 編集 |
"私がチュ・ジフンを喜んで捉えた理由があります"

もしかしたらチュ・ジフンという名前をずっと言及することが映画にはそれほど大きな役に立たないかもしれない。 彼を惜しんだだけに大衆はまだ彼に心を開くことができなかった。 もちろんチュ・ジフンと実際に向き合うならば100なら100 '思ったよりなかなか良い人だね'という考えをするようになるだろう。 だが、スターと大衆が会うことは容易ではない。 彼を絶えず代弁して自ら疎通の機会を開くことが最善の方法だ。

映画'私は王である'チャン・ギュソン監督は'知っている人だけが分かるという'チュ・ジフンの魅力を直ちにキャッチした。 最善を尽くして映画を作ったしチュ・ジフンと呼吸した。 どの監督とどの俳優が作品を示して"熱心にできなかった"という話をハゲンニャマンは二人は確かにもう少し特別だ。 再び映画版に戻ってくるまで本当に長い時間がかかった。

"実際に会ってみたチュ・ジフンはどんな俳優か"多くの意味が含まれている質問にチャン・ギュソン監督は"チュ・ジフンという'俳優'は保身を図らないで、チュ・ジフンという'人'はそのように率直なことはできない"として"多くの方々がチュ・ジフンという俳優を拒否しているということをよく知っている。 それにもかかわらず、チュ・ジフンだからキャスティングした理由も明らかにある"と述べた。

'私は王である'は世宗大王(セジョンデワン)が即位する前、すなわち世子チュンニョンシジョル起きたような15日間の話を扱った作品だ。 チュンニョン、そしてチュンニョンとそっくり似た奴婢トクチルを演技したチュ・ジフンは成長談を描き出して自身も共に振り返ってみた。 歯をくいしばって演技したという表現がぴったり合うほどチュ・ジフンは好演を広げて出した。 だが、映画のクライマックスの部分は多少残念な思いをする。 徹底したワンマンショーが2%不足したこと。

宮にまた戻ってきたチュンニョンが外国使節に朝鮮の世子として大きい声で叱り飛ばす。 滑稽な行動と分別がない姿をいっぱい見えた100分の方は180度変わらなければならなかった。 チャン・ギュソン監督はこれに対して"その場面を撮る時私もジフンもストレスをたくさん受けた"として"現場は確かに理論的でない。 その状況で声トーン、発音など注意深く表現しようと努力した"と説明した。

"事実大使から表情、身振りなどがやぼったくなければならない。 宴会場で叫ぶということはまもなく演説だ。 なぜ選挙の時ごとに候補らが演説するのを見れば真正性が感じられるのか。 雄弁式で話さなければならないためだ。 避けられなかったということが合う。 色々なトーンでとったが前後とよく連結されなかったよ。 世宗文化会館より何倍も干すということは野外空間でその程度発声をやり遂げたということはチュ・ジフンがどれくらい気を遣って演技したのか知ることが出来る。 少しうじゃうじゃとうごめいても。(笑い)"

どんなキャラクターより難しい役割を受け持って誰よりかろうじて演技した。 もう演技一つしか眺めることはできないチュ・ジフンは前作より監督を10倍以上近く会ってくどくどと炒めた。 彼の情熱はびっくり露出シーンでも光を放った。 分かってみれば女優よりより大きい羞恥心を感じることがまさに俳優だ。 バンド? 工事? なかった。 クールな演技にチャン・ギュソン監督は繰り返し有り難く思わなければならなかった。

"木を捕まえて大きい材料で仕事をするシーンがる。 観客はピピーっと笑い出して軽く行き過ぎることができる場面だが俳優としては本当に堪え難い。 間違って撮影すれば全部見えることもできる危険負担も大きい。 事実露出演技は女優より俳優がさらに敬遠してする部分だ。 ジフンも素早くぶつぶつ言ったのだが持ち出して驚くほどとてもよくした。 予定にないのをしなさいと言ってもさっと片づける俳優が監督としてどのように憎いことがあるか。"

跡継ぎと奴婢1人2役を演技しなければならなかったために数十 数百着の服を着替えて撮影しなければならなかったしキャラクターをこんがらからないために相当な集中力を見せるべきであることもした。 "90%は一人ですべてしたといっても過言ではない"そのまま捨てることとても惜しいビジュアルと才能が今回の映画を通じてよみがえった。 チャン・キュソン監督は"'あの子がどのように演技するが一度見よう'という反感から持っているならば映画を見るのが難しいだろう"として"心をごつんと置いて気楽に考えてほしい"と頼んだ。

チャン・ギュソン監督がチュ・ジフンを陰から抜け出すようにしたとすればチュ・ジフンはもう自ら私の光を再び探さなければならない。 事実今'私は王である'に対する大衆の評価は苛酷だ。 同日封切りしたチャ・テヒョンの'風と共に去りぬ'(監督キム・ジュホ)に比べて半分ほどもまだ達し得ない観客が劇場を探した。 憂慮は現実になったしチャン・ギュソン監督はまた他のプロジェクトを計画しなければならない。

"チュ・ジフンが世宗大王でないごろつきや組織暴力の役割に出てきたとすれば今より袋叩きにはあまりなっていなかったかも知れない。 だが、この映画を最初に始める時私たちは'ベストになれなくてもできる限り力を集めてみよう'と念を押した。 俳優として十分な価値がある。 スクリーンに関わっている同時期に愛を受ければはるかに良いがそうでないならば時間が少し過ぎた後再評価受けることになる日が明らかにあることと考える。 その信頼が通じることと信じている。"

'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王(セジョンデワン)に成長していく過程を描いた作品だ。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に暖かい笑いをプレゼントする。

[ニュースエン 2012-08-18 13:59:47] 元記事はこちらから

20120819-1.jpg

昨日真っ先にアップしようとして翻訳加工途中で寝ちゃった記事(>_<)
赤字コメは夜あらためて~。ビョンホン氏熱愛記事絡みでひさびさシンチェ妄想劇場復活の予定も~^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。