★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 俳優スンギュ、バイク事故史…イオン・キムミンスに引き続き‘芸能界悲劇’
2012年08月13日 (月) | 編集 |
MBC史劇ドラマ‘武神’に出演中だった俳優スンギュが去る11日午前不正の交通事故で世を去った。 享年31才。

スンギュの所属会社台風エンターテインメントによればスンギュは11日午前2012ロンドンオリンピック男子サッカー銅メダル決定戦を応援して帰宅している間ガードレールに突っ込んで頭をぶつかってその場で亡くなった。

スンギュの死亡の便りがより一層残念な理由は芸能界でバイク交通事故による死亡事件が今回が初めてではないため。 2010年10月29日死亡したタレント カン・テソン(死亡当時33)と2009年6月にはモデル出身映画俳優キム・テホが全部バイク運転中に事故で落命した。

以前にも芸能界でバイク事故によって犠牲になった惜しい人材はあった。 2008年4月ナムソンデュオマンデーキッズ メンバーキム・ミンスが、8月には俳優イオン(実名パク・サンミン)がそれぞれバイク事故で突然に亡くなってファンたちの心を痛くした。

不意の事故によって嘱望されたスターが運命を別にする悲劇は芸能界で毎年繰り返されている。 特にバイク事故による死亡事件は‘新人の墓’と呼ばれるほど今まさに名前を知らせようとする新人スターに集中的に発生してより一層遺憾を与えている。 芸能人本人だけでなく関係者たちの細心の注意が必要な時点だ。

去る11日死亡したスンギュは去る2007年ドラマ ドラマ‘天下一色薄情金’でデビュー、‘強敵’ ‘彼らが生きる世の中’ ‘箕察雨録’等に出演したし、現在MBC週末史劇‘武神’でキモンチュィ役に出演中だった。

故人の葬儀室はソウル、盤浦洞、ソウル聖母病院葬儀場9号室に用意されたし出棺は13日午前だ。

[SBS E! 2012-08-12 14:05] 元記事はこちらから

20120812-5.jpg 20120812-6.jpg

※真っ先に思い出した、来週21日が命日のイオンくんのこと。
スンギュ氏はヘルメットもちゃんと被っていたそうですがそれでも命は守れなかった。バイクって車と違って生身のカラダだからなおさら恐い。。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。