★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'カクシタル'韓日戦の前視聴者愛国心呼び覚ました
2012年08月11日 (土) | 編集 |
2012年8月、大韓民国の抗日精神がこれまで以上に熱く燃え上がっている。

現在の国民は数時間先に迫った11日2012ロンドン オリンピック サッカー韓日戦に対する勝利を念願している。

この競技は国内だけでなく外信でも"決勝戦よりさらに興味深いマッチアップ","良く眠れなくて行きながらでも見なければならない競技"等の報道を送りだすなど異例的に高い関心を見せている。

韓国と日本の返品して立つことはできない対決が鼻先に迫った中でこのような状況をより一層絶妙にさせるドラマがある。 まさにKBS2水木ドラマ'カクシタル'(脚本ユヒョンミ、演出ユン・ソンシク)だ。

‘カクシタル’はキャスティング初期から抗日の情緒が入れられたドラマという理由で多くの韓流スターの拒否にあってきた。 このような便りが伝えられるとすぐに'カクシタル'が扱う抗日運動に大衆の関心が傾き始めた。 だが扉を開けた‘カクシタル’は‘韓国型ヒーロー’、‘日帝時代を生きていく朝鮮の英雄物語’という評価とは違って保身を図るような場面で視聴者たちに怨まれることもした。 先立って登場した日本帝国主義の象徴である君が代と日章旗は論議の的だけ作っただけ激しい報復につながりはしないこと。

だが、去る8日放送された'カクシタル' 19回でカクシタル(チュウォン扮)は日章旗を半分に分けて破ってしまい、日本巡査をよどみないアクションで懲らしめた。

これだけでない。 9日放送された'カクシタル' 20回ではその間光復節ドキュメンタリーでも見ることができた素材である慰安婦問題を全面に登場させて視聴者たちの心を動かした。

この日'カクシタル'は日本が慰安婦を看護婦でだまして幼い女性たちを徴集する過程が実感できるように描かれた。 特に日帝の陰謀も分からないままひたすらおばあさんのために金を稼ごうと遠い道を離れるスニという少女の話を描いて視聴者たちの目がしらを濡らすようにさせたこと。

放送に接した視聴者たちは"ドラマで見るとより一層悲しい","慰安婦を描いた'カクシタル'本当に見るのを上手にした","昨日は痛快だったが今日は本当に腹が立って心が痛い"等の反応を見せて遺憾を表わした。

日章旗と慰安婦は大韓民国国民ならば世代不問敏感になるほかはない話だ。 しかし‘カクシタル’は無条件的にこの素材を活用して視聴者たちを扇動しないで適切なアクションと新しい話を入れて視聴者たちが自身が体験することが出来なかったおじいさん、おばあさん世代の話に感情移入できる契機を作っている。

このように‘カクシタル’は時には胸を熱く、時には詰まって感じでよく聞こえなくさせてその間忘れて生きた‘愛国心’という単語を呼び覚ました。

また、私たちがロンドン オリンピックを見て韓日戦を待つこの瞬間さえも‘カクシタル’の中で倒れていった私たちの先祖がいなかったとすれば絶対存在しなかった時間というものを教えていて意味が深い。

[TVデイリー 2012-08-10 16:50:49] 元記事はこちらから

カクシタル記事を続けます

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。