★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘私は王’チュ・ジフン“皆を満足させるのは理想に過ぎません”
2012年08月06日 (月) | 編集 |
私の方法のままに揺れることなく行く。 これがチュ・ジフンの方式だ。

- <私は王である>で奴婢トクチルと世子チュンニョン1人2役をするでしょう。 初めにトクチルが出てきた時は‘何であって、この子はバカか?’という気がしました。 事実トクチルがバカではないでしょう。

チャン・キュソン監督様があまりにも明快なのが好きです。 私は奴婢という単語にしばられないでキャラクターをした五個ぐらい準備して行きましたよ。 ところで監督様がこうしました。 “なぜ? そのまま奴婢のようにして。 私たちの頭の中にあるぴったりそのような作男のように。” ‘奥様~’というそのような作男いるでしょう。 チャン・キュソン監督様は観客にとても親切な監督です。 先入観という話が必ず悪いことではないでしょう。 <バケット リスト-死ぬ前に必ずやりたいものなど>(2008)を見れば自動車整備士モーガン・フリーマンが整備所で癌にかかったという電話を受けるが、その反応が非常に典型的です。 電話機をぷつんと落とす。 その時感じましたよ。 ア、典型的なのが必ず悪いのではないね。 それを上手にすれば皆の共感を得るという意だな。

20120806-3.jpg 20120806-4.jpg


映画を見る終始笑いがさく烈した地点はどんな大きいアクションが出てくる場面よりチュンニョンが一人でブツブツとする時でした。

アハハ。 この映画にはアドリブが殆どないのにそのような部分が素早くアドリブです。 台本には‘二人歩く’程度だけ書かれてあるが、実際に誰と話してその人が突然消えれば“オ、どこへ行っただろう?”と独り言することになるでしょう。 個人的に監督様と私のギャグ コードが違います。 私は走路穏やかに、タイミングで笑わせるのを好みます。

-チュンニョンは王になりたくなくて逃げるキャラクターですね。 結局使命感を悟って運命を自ら選択するのに、そこに対してはどのように感じましたか?

したくなくてもしてこそ増えたのは、とてもたくさん体験してみたことですから。 幼い時期ご飯を飢えはしなかったがお小遣を受ける程豊かな状態ではありませんでした。 小学校から高等学校終る時まで一度も学校終わって友人らと粉食店に行ってみたことがありません。 金がなかったですから。 高等学校卒業してからはしてみなかったアルバイトがないです。 肉体労働もしてみたし、冬に零下10度以下の物流倉庫でも仕事をしてみましたよ。 当然したくなかったんですよ。 私が本当にしたいことはこれではないんだけど。 不当なこともたくさん当てられたし。 今でも‘バイト’という幼い友人見れば心がわけもなく胸が痛いです。 正社員でないというのは本当に悲しいことであるようです。

-チュ・ジフン氏はなぜか熱心にするように見えるのを敬遠してできました。(笑い)

いいえ。 あの恩着せがましくすること本当に好みます。 ワハハ。 ‘熱心’の基準は各自みな違うはずなのに前時々チェ・ギジュンのためにあの自らや周囲の人々まで疲れるようにさせるようです。

-入隊前インタビューを見れば“いつもエネルギーを枯渇させないで抱いていてカメラの前でさく烈させる”としたがこの頃もそうですか?

以前にはそれが仕方ない選択であったのに、今はクセになりました。 それでいつも人気がないか見ます。 普段にもちょっと素晴らしく見えるべきなのに。(笑い)モデル時期に運が良くてソンギョンア、チャン・ユンジュのような先輩たちと仕事を始めました。 彼女らの撮影を見ながら私の順番を待っていたが本当に遠かったんですよ。 彼女らの感じをとうていついて行くことはできないと思いますので。 いくら考えてもあれは腕、脚角度を作ると出てくるのではないようなんだけど。 悩んでこういう結論を出しました。

女は誰でもきれいに見えたくて、男は誰でも素晴らしく見えたいでしょう。 その欲望の回数を減らしてみよう! 時々は本当に美しい服を着て出て行って雰囲気捉えたい時があるでしょう。 一度それから当分はそうしたい考えがよく入らないでしょう。 前斉家一度‘格好つけて’してしまえばそれを使ってしまったものと考えました。 それでそれを日常でしなくなったことでしょう。 かえっていたずらも八分のように過度に打って。 そうしたら凝集になりましたよ。 男として格好良く見えたいどんな欲求が。 カメラの前で目を一度閉じてぴったり浮かび上がる瞬間‘さあ、もう行く’ということでしょう。 カメラの前でなければこれがよくつきません。 それで発生した短所がリーディングをできないといいますよ。

-それで代案で用意したのがあるんですか?

<五本の指>リーディングの時思いきって行きました。 今度は本当に正しくしてみよう! 本当に熱心にしました。 熱と誠意を尽くして。 そして皆一緒に会食に行ったが先輩が私にそうされるんですって。 “オイ、ところで君本当にリーディングを大まかにしたよ。”

-ミュージカルはなぜ好みますか?

人が珍しいのがどんなカバンが美しくないと考えながらも誰が私にそれを買って私のことになれば美しく見えるでしょう。 私がミュージカル<ドンジュアン> をしたのではないですか。 ただミュージカルだけでなく人が何かを楽しむには、それで私の人生がおもしろくするなら、努力をしなければならないということを悟りました。 ミュージカルを一つも知らずに見る時はそのまま‘歌良い’が全部なのに、勉強をして行けば照明、構成、群舞まで全部見えるでしょう。 それだけ私が楽しいこともあるのが多くなりますよ。 以前にはバンド サウンドが本当に騒々しくて考えましたよ。 私がギターを弾き始めてからはその声がそんなに良いはずがありません。 以前にはフィルム カメラを買って写真を撮りたいが露出からいちいち習わなければならないというのがとても嫌いでした。 ところで今はそれが当然であることを分かったし、そのようにしてこそ私の人生がさらに豊かになるというのを分かりました。 したいのがあれば投資をしなければなりません。

-その延長線上で演技に対して新しく悟ることになった部分もあるんですか?

私が運が良いということは以前から知っていたが軍隊でミュージカルをしながらそれをさらに明確に知るようになりました。 軍ミュージカルは環境がとても劣悪ですね。 俳優もみな軍人だが、事実皆演劇映画科やミュージカル学と出身の友人です。 その時多くのことを悟りましたよ。 そうだ、そうだ。 みなこのように始めることだね。 ア、私は本当に良い環境から始まった。 それでそのように私を嫌ったんだね!(笑い)下だが私も常に死ぬどんと肉どんと大変でした。 それでもさらに感謝しなければならないという心を持つようになりましたよ。

*インタビュー全文は<ムービーウィーク> 540号で確認できます。

[MOVIE WEEK 2012-08-06 15:33] 元記事はこちらから

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。