★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [インタビュー]チュ・ジフン"緋文字一生耐えなければならない私の役割"
2012年08月06日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが帰ってきた。

チャ・スンウォン、カン・ドンウォンの後に続くトップモデル出身期待の主と指折り数えられてMBCドラマ'宮',KBS '魔王'と映画'西洋骨董品洋菓子店アンティーク'などに出演して常勝疾走した彼がかんばしくない事件にかかわった以後相次いだ軍服務など3年の芸能活動空白を終えて選んだ作品はコメディ演出に強いチャン・キュソン監督の'私は王である'だ。

朝鮮時代世宗大王即位以前を時代背景に年大きい兄ヤンニョン代わりに世子に冊封されたチュンニョンが宮を脱出して彼を必ず似ていた奴婢トクチルが偽世子役割をすることになりながら広がる騒動を描いた'私は王である'でチュ・ジフンはチュンニョンとトクチルの1人2役を演技した。

女心を刺激する洗練されてシャープなキャラクターを中心にお目見えしたチュ・ジフンは今回の作品で用便を見た後処理を尚宮にさせて本読むこと他には全く関心もなくて弱気な王子の姿から官奴に売られる主人の家お嬢さんを救うために宮に潜入するどこか未熟だったがお嬢さんに対する恋心一つで皇太子の帯域を忠実に広げて出すトクチルの姿をコミカルで人間味あふれるように演技した。

社会的に波紋を起こした事件にかかわったり物議をかもした芸能人が少しの間の休みの間を過ごした後謝罪記者会見一度なしで暗にカムバックすることが茶飯事であるこの頃傾向でチュ・ジフンは全く相反するところを選んだ。 30個余りに近い国内主な媒体らとインタビューを進めて3年前大麻草などと関連物議をかもした事件に対する率直な立場と痛い心境を表わした。

チュ・ジフンは3年の空白の間失ったのと得たことに対して"その時はとても幼いことではなかったが好奇心が多かった時だ。 非常に無知だったし無知なこと自体も罪であるようだ。 すべての責任は私が負けなければならない。 あたかも緋文字と同じだがどうするか。 私が負けて行かなければならない役割だ。 私の誤りなので私のからだに彫られたものでううん結ぶことはできない。 私が間違ったこととか耐えられなければならない"と話した。

引き続き"反面得たのがさらに多い。 私を愛する人々とさらに丈夫になったし私の人生を反すうすることになったし責任感もたくさんできた。 家族に対する愛情もできてファンたちともさらに固くなったようだ"とした。

自分のミスを率直に認めていかなる罵倒甘受するという覚悟で第2の演技人生を始めた彼は一番最初に作品に情熱を傾けることで第1歩を踏んだ。

まだチュ・ジフンに向かった大衆の冷たい視線が全部おさめられることはなかった。 だが、正攻法を選んだ彼が作品で観客らと疎通を繰り返すならば固く閉じられた大衆の心のかんぬきが少しずつ緩むこともできないだろうか。

20120806-1.jpg 20120806-2.jpg


-肉がちょっと上がったようだ。

▲撮影当時6kg程度太らせた。 この頃体重が78kgなのに5kgを抜いてこそ普段体重に戻る。 ことをしない時は74kgを維持する。 次期作のために運動をするべきなのにスケジュールが簡単に出てこない。

-特にモデルでデビューした理由があるか。

▲するのに背が大きかったんだろう。 友人が雑誌社に写真を送ったがまさにその道にデビューすることになった。 当時だけでもとても痩せて187cmの身長に60kgが出て行った。 体質上ソーセージとハム同じ物を食べられなくて肉も赤身の肉だけ食べたところ全く肉がつかなかったよ。 酒を習ってしまってから太り始めた。

- '私は王である'スチールに接した時'王の男'イ・ジュンギに接した時の新鮮さがあったのに。

▲本来二重まぶたなしで目が裂けた子供たちはみな印象が似ている。 ジュンギともその話を交わしたことがある。

-チャン・キュソン監督がキャスティング理由を話したか。

▲メーキング フィルムに場監督様がなさったお言葉がある。 '都市的イメージを持つ人がコメディをすればどれくらい笑わせるだろうか'とする考えで私をキャスティングしたと聞いた。

-今回のコミック演技に点数を与えれば。

▲点数は人がくれることであって私が与えるのではなくはないか。 コメディの中でも色々なカテゴリーがある。 普通壊れたという表現をたくさんするのに今回の映画でそのような場面はない。 チャン監督は状況をコミカルにさせるのを好むようだ。 特に笑わせなければならないという負担感を持つことはなかった。

-ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニなど演技派俳優が総出動したが。

▲ドラマ'魔王'時もオム・テウン兄やキム・ユンソク先輩など演技派先輩たちとたくさんあたってみた経験がある。 今回も多くの先輩らと一緒にして良かった。 先輩たちと演技する時はそのまま受けさえすればよい。

-特にキム・スロ、イム・ウォニとの呼吸は。

▲おもしろかった。 スロ兄とは感情が大きいシーンでイム・ウォニ兄とは規模が大きくてほとんどの場所を移して通うことが多かった。 ウォニ兄と私たちの両者の呼吸がかなり良かった。 普通作品を選ぶ時私の心を打つ文を主に選ぶのに表面的に見える話だけでなく後日話が気になる時がある。 今回がそうした。 背子が外に出て行って苦労する場面がどれくらい生々しいのか。 本能的で人間的なのが全部出てくる。 虚構の話なのに障るのがなかった。 世子はまた('宮'の)シンの先祖でもある。

-皇太子役だけ二番目だ。 なぜ度々入ってくると考えるか。

▲内同じ年頃他の俳優が負担になるように感じることでないか。 私はそのような負担を感じない。

-チュ・ジフンといえば厳親イメージが強いんだけど。

▲私には私のご両親が最高時だが経済的に裕福だったりこうすることはなかった。 初めてデビューした時イメージだけで大多数の人々が私を評価するのがいぶかしかった。 だが、時々は私もまた他の芸能人を似ているように対したりする。 多分見せる職業なのでそのようだ。

-以前の作品活動の時言論親和的よりはベールに包まれた感じが大きかった。

▲作申し上げる時抜いては同僚演技者にたくさん会う方でない。 こわがる方だとそうするようだ。 私が行動することでも考えが歪曲されるのを好きではない。 それで新しい人を簡単につきあえない。 今会う友人は多くて16年、少ないのは5~6年になった関係だ。 新しい人を簡単につきあえない。 作品を年齢に比べてあまり少なくした理由もあることだ。 私の同じ年頃等を見ると私の2倍はしたよ。

- 3年前事件以後得たのと失ったのがあるならば。

▲失ったのが多いが得たのも多くて生きてきた人生を反すうすることになったし年を取っただけ責任感も強くなった。 家族に対する愛情もたくさんできたし私を愛する人々、友人、ファンたちとさらに丈夫だった。 一つ仕事をしてもはるかにたくさん考えることになった。 それで寝る寝られない。 その時は年齢が非常に幼いことではなかったが好奇心が多かった。 一言で無知だった。 無知なこと自体もみな。 それをよく知っている。 私がしたことに対して責任を負わなければならなくて緋文字は最後まで離苦行かなければならない。 私が間違ったこととか耐えられなければならない。 私が間違っておいてううんすることはできない。

-所属会社首長であるペ・ヨンジュンが仕事に対して助言したことがあるか。

▲特に助言するスタイルではない。 ペ・ヨンジュン先輩と初めての出会いは新年初日所属会社ヤン・クンファン代表家で一緒に雑煮(トックク)を食べて会った。 静かにご飯だけ食べて来た記憶がある。(笑い)

-今後作品でチュ・ジフンだけの長所をどのように発揮するつもりなのか。

▲深刻に苦悩中だ。 他の人々は背が高くて良いと考えられるだろうがかえって困難な場合がある。 一対一で対立するシーンで戦いが対等に思われるべきなのに私がとても大きいと見ると相手俳優がそれを勝つために過度にオーバーでなければならない場合がたびたび発生したよ。 映画では背を低くしたり相手俳優を高めれば良いが舞台ではこうしたのが不可能だ。 このような状況さえも演技力にカバーできるそのような俳優になりたい。

[韓国日報 2012-08-06 08:06] 元記事はこちらから

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。