★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [SSインタビュー] ‘私は王である’チュ・ジフン“事実とても‘粗末な男’なんです”
2012年08月06日 (月) | 編集 |
チュ・ジフン。 彼を話す時多くの人々は過去の失敗を思い出させる。 周辺の人々を今後永遠にだまして生きる自信がなかったというその。 悪い決心すれば玉虫色で過ぎて行くこともできる状況だったが彼は率直に自身の誤りを告白したし、多くの人々の指差しと失望混ざった叱責を受けなければならなかった。 しかし願望はなかった。

“認めるべきことは認めなければならなくないか。 瞬間の短い失敗でもとにかく私の誤りで私の責任”としながら当時のことを虚心坦壊に打ち明けたチュ・ジフンは見られなかった鳥より一層丈夫に熟して‘中が満杯になった男’の姿をしていた。

デビュー作‘宮’以後7年ぶりに世子に戻ったチュ・ジフン。 彼は‘私は王である’で柔弱で小心な跡継ぎチュンニョンと思ったよりからだが先んじる奴婢トクチル、1人2役を立派に消化した。

20120805-3.jpg 20120805-4.jpg 20120805-5.jpg 20120805-6.jpg


◆パク・ヨンギュ、ペク・ユンシク、ピョン・ヒボン…‘すごい俳優’は理由がある

相反した二つのキャラクターを知らんぷりに行き来して自身の魅力を十分発揮したチュ・ジフンに“どんな役割がより一層引かれたか”と尋ねると、“情はチュンニョンがさらに行く”と話し始めた。

“事実チュンニョンにより一層情が沸く理由は撮影を長くしたためでしょう。 トクチルはセット場で追い立ててとったしチュンニョンは外で苦労してさらに長く撮りましたよ。 若干憎らしい姿が魅力的だよ。(笑い)”

頭にまげを結って、袞竜袍を‘私の服’のように消化した世子チュ・ジフン。 だが、現実の中彼は洗練された容貌に長い腕と脚を誇る‘21世紀型ハンサム’だった。 明るい微笑と肝っ玉がある姿が魅力的だったチュ・ジフンに劇中共に呼吸を合わせた‘大先輩’らに関する話を取り出したところ“本当に習う点が多い”として親指を立てた。

“先に王役割を受け持ったパク・ヨンギュ先生は‘情熱’のシンボルです。 その情熱とエネルギーで現場をさっと導いて行くんです。 私はそのままそこ乗って行くだけだよ。(笑い)ペク・ユンシク先生は‘余裕’のシンボルです。 厄介ではなくてすべての事態をとても余裕があるように眺めましょう。 ピョン・ヒボン先生は集中力が途方もありません。 現場でもいつも落ち着いて座って台本を眺めて啓示でしょう。”

だが、チュ・ジフンは大先輩との作業が負担になりはしなかった。 強要する語り口を使うとか、孫や弟子のように自身に対しないで三分全部チュ・ジフンを全て相手俳優でだけ対してくれたと。 “権威意識を前に出さなかったし、それで素晴らしかった”として笑う彼は“その方がなぜすごい俳優と認められるのか分かるようだ”と尊敬の念を表わした。

◆イ・ハヌィ? ‘ハッピーウイルス’そのもの

‘私は王である’でチュ・ジフンが呼吸を合わせたのはただ難しい先輩だけでない。 彼はミスコリア出身俳優イ・ハヌィとも幻想の呼吸を自慢する。 劇中イ・ハヌィはトクチルが迎える両班お宅お嬢さんでありトクチルの初恋であるスヨンに扮して熱演を広げた。 志あってしっかりしている性格の所有者を延期したイ・ハヌィ、実際にはどうだったのだろうか?

“ハヌィはひとまず心より‘ハッピーウイルス’そのものです。 周辺の人々を幸せにさせるエネルギーがあふれます。 とても良い人のようです。 人間的にもところが演技者でも一緒に演技をしてみた結果、やりとりする呼吸が良かったんですよ。 (あるインタビューでイ・ハヌィがチュ・ジフンに対して‘ずる賢く頭を使わないバカのような人’という話をしたと伝えるから)私が計算的に考えながら行動しないものはそのとおりですよ。 いくらそれでも‘バカ’というとは…. こういう。(笑い)バカは違います。”

事実チュ・ジフンはこの作品のシナリオを軍服務中である時に受けた。 一度読んでみてその場で出演を決めたという彼は普段にも本読むのが好きなのだ。 理由はとても単純で率直だった。

“事実私はそのように外に歩き回って遊ぶスタイルでもなくて人生をちょっと退屈に生きる方だと本見るのを好みます。 どうせ同じように遊んでも無駄になった時間を過ごさないことのようで良かったんですよ。”

◆‘路地’を好んだ男

だが、チュ・ジフンが演技した2役中奴婢トクチルは本とは距離が遠い。 単純無知。 はい字であらゆる事を言うキャラクター。 多少粗末な姿もあって実際のチュ・ジフンとは違うとみられた。

“エイ、違います。 私がどれくらい粗末なのですが。 事実いつか一度は友人と通話をして家を出て携帯電話を持ってこなくて家に帰ったことがあります。 ところでしばらく探してもないですか。 さらに笑わせたのは友人に‘私携帯電話がどこにいるかを分からないよ’と話したが友人が‘すばやく探してみて’そうしましたよ。 互いに通話しているという事実を忘れたことでしょう。 そのような‘トメンドモ’がなかったです。 ハハ。”

当時の状況が思い出されるように大きく笑ったチュ・ジフンは本人性格の変化に対しても打ち明けた。

“変に私が‘路地’を好みます。 今は時々大きい道があれば行くのに以前にはわざわざ路地だけ尋ね歩きました。 理由は分からないです。 仕事をするスタイルも‘これが良いことであれはならなくて’という考えが確かでしたね。 だが、年齢が三十を移るから多くの部分で柔らかくなり融通性ができましたよ。 また、身体も変わりましたよ。 変にこの頃は酒を飲めば目がかすみます。(笑い)”

◆年取ると共感する話多くなって

年を取りながらたくさん柔らかくなったというその。 実際に多くの俳優はキャラクターにより自身の性格に変化がおきる場合もあると打ち明ける。 もちろんその部分はチュ・ジフンもある程度共感した。

“やわらかいキャラクターを引き受ければ少し現実で留まられるのは事実です。 なぜか語り口もちょっと組根性疲れてだるくなり。 そうする時男友達に会えば‘運が悪い’でします。(笑い)制実際の性格はちょっと男性的である方ですね。 友人らと対話する時下品な言葉も使ってよ。 反対に経たキャラクターを引き受ければ悪口もさらによく出てきて…. 台本に集中するならば明確に埋めていく部分があるようです。”

‘私は王である’を通じてコミカルながらも愛らしい魅力を精一杯発揮したチュ・ジフン。 今後の計画は何か気がかりだった。

“わざわざ作品数を増やそうと多作をしはしないという考えはありました。 ところが良い作品があるならばたくさんしなければならないですね。 私がある日ずっと羅列しておいて見たところ私の同じ年頃友人は私より二倍ずつはさらに多く(作品活動を)したようだったんですよ。 もう年齢も取って関心街で共感行く話が多くなったのでより一層挑戦の幅も広くなりそうです。 期待して下さい。”

[SSTV  2012-08-02 16:39] 元記事はこちらから

今日も赤コメ省略モードで記事アップを優先します~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。