★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン ケースで見た成功的復帰作の要件は?
2012年08月06日 (月) | 編集 |
一度挫折後再起するのは誰にでも容易なことでない。 特に芸能人にはより一層そうだ。 '上手く行った'芸能人がかんばしくない事件にまきこまれることになれば致命的な打撃を受ける。 イメージが生命である職業の特性上一度失墜したイメージを回復するのが容易でないため。

芸能人としての生活を継続するためには復帰作にすべての力を注ぐほかはない。 かなりの活躍にはならない。 はるかに良くなった姿、誠実な姿、がらりと変わった姿を見せなければならない。 それでこそ大衆の認識が変わる。

ある芸能関係者は"以前よりより良い演技を見せなければならないことが基本だ。 また、前に引き受けなかった新しい役割を消化して全く違う姿を見せるべきで、人間的にも周辺の人々に誠実な姿を見せるべきだ"と明らかにした。

そうした点でチュ・ジフンの復帰は成功的という評を聞いている。 去る2009年大麻草喫煙疑惑を認めたし、以後軍生活を経た。 8月8日封切りする映画'私は王である'が復帰作だ。 2009年封切りした'キッチン'以後約3年半ぶりの映画だ。

'私は王である'は最近言論試写会を通じて公開された。 チュンニョン大君が彼と同じような外見な奴婢に会いながら広がる話を描いた映画. チュ・ジフンはチュンニョン大君と奴婢役を担って1人2役を消化した。

チュ・ジフンの演技は印象的だった。 王になるのを嫌いな小心な世子チュンニョンと単純無知な奴婢トクチルを行き来した。 容貌だけでなく演技でも競争力を備えた俳優という事実を見せた。 特に真剣で寡黙な感じの彼がコミック演技に挑戦したという点が目についた。 非常にみすぼらしい容貌であたふたと食べ物を食べてしまうなど保身を図らなかった。

同僚俳優に誠実なことも認められた。 共に出演した先輩俳優ピョン・ヒボンは"今回役割を受け持って本当に熱心にするのを見た。 今後俳優としてどれくらい成長するかは分からないけれど今回の役割だけは本当に努力に努力を加えてとった作品だと考える。 練習の時先輩たちの話を受け入れる姿が真の印象的だった"と明らかにした。

また、チュ・ジフンと呼吸を合わせたイ・ハヌィは"とても深く考えて激しく演技をするなと思った。 演技で贖罪するという言葉一語とがどんな心でしたのか感じられたよ。 本当に熱心にしてそれが画面にあらわれたので多分映画を見に午時は割った方々が'やはりチュ・ジフンだな','代替不可能な俳優だね'と考えるようだ"とした。

1人2役であったため二人分量の窮屈な撮影日程を消化したチュ・ジフンは撮影中足が裂ける負傷を耐え抜くこともした。 歯をくいしばったチュ・ジフンが成功的な復帰のために必要な姿をあまねく見せたわけだ。

もちろんここに一つがより増さなければならない。 すぐに興行だ。 復帰作が興行に成功してその俳優の新しい代表作と言及されるべきだ。 '私は王である'という新鮮な設定とコミック要素を通じて興行の可能性を見せた。 また、チュ・ジフンとしては深く反省して誠実に生活しているという姿を持続的に見せなければならないという宿題が残った。 努力と誠実さがより増すならばまだ残っている大衆の否定的な視線をだんだん克服できるものと見られる。

[スポーツ朝鮮 2012-08-05 20:02] 元記事はこちらから

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。