★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [注目、このひと]ミュージカル‘モーツァルト’主演俳優パク・ウンテ
2012年08月04日 (土) | 編集 |
▼一昨年の記事~。

“モーツァルトとの出会いは運命10年後大きい俳優になるでしょう”

開始は‘男5’であった。 4年前ミュージカル‘ライオン キング’で初めて舞台に足をふんだパク・ウンテ(29)が引き受けた配役は十種類を越えた。 サイ頭で舞台を飛び回って主人公の愛を祝う木1番になったりもしたし、そうするうちにすばやくアフリカ原住民で分解舞台に上がった。 舞台に立っているのが幸せだったし、ただ1人エーゲでも楽しみを与えることができるならば恐ろしいことがなかった。 舞台一番前ひまわり花になって7分間‘へへ’笑うばかりで立っていることもした。 それでもひたすら良かった。

◇ミュージカル‘モーツァルト!’を通じて初めて主役を演じた俳優パク・ウンテは“音楽的に硬い作品だと黄色くて感じる面白味がかなりよい”としながら“遠足街は日のように舞台に立つ日が毎度待たれる”と話した。

先週ソウル、光化門のあるカフェで彼に会った。 “これら全部が夢のようなこと”と話した彼は“他の世界だと考えたミュージカルにこのように俳優で立つことになるとは思わなかった”とした。 夢のようなことは新年贈り物も抱かせた。 5回目作品である‘モーツァルト!’で主演席を横取りした。 先月22日上がった初めての舞台は息が詰まるように震えた。 カーテンコールまで無事に終わらせて、控室で扮装を消して家に帰ってソファに座る時までも感情はたやすく鎮まらなかった。 舞台に立ったのがとても遠いことのように感じられた。 公演が始まる瞬間から終る時まで場面一つ一つがあたかも客席で見たように頭の中を通り過ぎた。 感慨無量だった。

“主演で立つから違いましたよ。 空を飛ぶこと同じでした。 感じは違うが、違うまいと努力しています。 アンサンブルで、助演で、主演で立つ時や舞台に上がる前の祈りは全く同じです。 私によって他の人を光るようにしてほしいと。 同じ心を持つのが重要だったんですよ。”

ミュージカル‘モーツァルト!’という国内初めて顔見せするオーストリア作品だ。 モーツァルト曲をそのまま使わないが作曲家シルベスター・リーヴァイが作った音楽もやはり名品だ。 音楽話が出てくるとすぐに彼の話に即座にツヤが出た。

“メロディ自体が感情を表現します。 一般的に歌詞に集中して悲しい感情を捉えるのに比べてこの作品ではメロディに耳を傾けてみるならば自ずと悲しくなります。 数学的に精密に計算されてぎゅっと構成されている感じだといいましょうか。”

生きている旋律のおかげで最も骨を折ったのは息をするのがなった。 音符が他の曲より多くて、音幅の変化も激しい。 緊張を一瞬も置くことはできない。 音楽は難しいがレゲエ頭をして裂けたジーンズを着た現代的モーツァルトと演技的な部分での距離感は減る。 しかもモーツァルトの音楽でない人生を眺望する。 天才でない一人の人間で立つ。

“愛されたいのが私と似ていましたよ。 ハハ。 天才になりしたかったことなく天才に生まれた人でした。 指が五個のように要. 平凡に生きたいがそのように生きることはできないんです。 そのくびきから抜け出したい一人の人間の痛みが含んでいる舞台です。”

この特別な作品はドイツ、スウェーデン、日本、ハンガリーなど4ヶ国で1000万観客をかき集めて興行に成功したが公演DVDもない。 俳優が本件コンサートに進行された‘モーツァルト!’であった。 それぞれのモーツァルトは頭の中から出るほかはなかった。 共感できる部分を探しに出た。 父親と姉に向かったモーツァルトの家族愛であった。

“初めての公演の時お父さんがこっそりと来られました。 市場で野菜商売をして平日にくることができないのにその日は特にきたでしょう。 感情良かったと、私が聞いた初めての観客評でした。 客席どこかにお母さんやお父さんが座っておられると考えれば負担になるより力が出ます。 息子が上手にしているとのことをお見せしたいことでしょう。”

信じる息子だ。 漢陽大学校経営学科を通った彼がミュージカルをするといった時も家での反対はなかった。 して止めるだろうしたかった。 周辺の予想とは違って彼は舞台で自分の席を訪ねて行った。 ‘ライオン キング’を始め‘ハムレット’、‘愛は雨を乗って’、‘ノートルダム・ド・パリ’を経てここまできた。 今はこちらで生き残るのが夢になった。

まわってついた道だ. 学生時代の夢は軍人だった。 陸軍士官学校に進学しようとしたが身体検査から落ちた。 緊張したために突然である高血圧判定を受けなければならなかった。 初めて味わった苦味は濃かった。 ミュージカルは大学で会った。 歌を歌うのが良くてバンド活動をして周辺の勧誘で偶然にミュージカル オーディションに応募した。 突然ついた。 だが、俳優としての道は容易ではなかった。 演技が問題であった。 ‘ハムレット’では酷評があふれたし、悪リプライの苦痛も体験しなければならなかった。 再び歯をくいしばった。 成長するための努力に精を尽くした。 公演をしても声楽科演技レッスンはきちんと取りまとめる。 彼が習った人生だ。 “無料で得るのはない”とした。

それでも方向は合った。 ‘モーツァルト!’に会ったことにも運命の力が作用した。 初めから主演ではなかった。 オーディションに応募したが落ちたし、代わりに主演俳優が立つことはできない場合に立つカバーに決まった。 失望する余暇はなかった。 手で台本を置かなかった。 そうするうちにキャスティングされた歌手チョ・ソンモが放送会社プログラムを撮影してケガして出演をできなくなったし、彼に機会が訪ねてきた。

イムテギョン、パク・コニョン、シア・ジュンス、そしてパク・ウンテがお目見えするそれぞれ違ったモーツァルトだ。 一度も立つことができない作品に残ることもできたので立つたびに舞台にあらゆる事を注ぎ込む。 一緒に4種類色のモーツァルトは彼にも楽しみだ。

“4名みな感じが違います。 イムテギョンのモーツァルトは繊細でやわらかいです。 パク・コニョンのモーツァルトははるかに自由でシア・ジュンスのモーツァルトはその年齢同じ年頃が持っているいきいきがあります。 エネルギーがあふれます。 私のモーツァルトですか? 共感するモーツァルトでしたいです。”

舞台に立てば立つほど理解の幅が少しずつ増える。 前は何の話かわからなかった話がもう一つ二つ理解が出来る。 舞台でまともに歩くこともできなかったがもう走る。 自ら成長を感知する。 “このこと真の魅力ある”と感じる瞬間だ。 それでも依然として舞台は見慣れなくて難しい。 10年耐え忍べば何か知ることが出来るようでまっすぐ行くことにした。

“すべての道が私のためになっていることだと考えれば恐ろしいことがありません。 どんなことが広がってもみな理由があるんです。 私がすることならば再び起きて歩きますよ。”

彼が話した人生のノウハウだ。

[世界日報 2010-02-01 19:32] 元記事はこちらから

20120803-2.jpg

※さらに前の記事。ウンテさんモーツァルトのカバーだったのか(>_<) それで主役に電撃キャスティングってすごいドラマチック!^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。