★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [話題捕捉]新韓流! アジアおばさんたちが浮かび上がった(動画ニュース)
2012年08月01日 (水) | 編集 |
<アンカーコメント>

芸能ニュースで軍入隊や除隊するスターインタビューをする時見れば日本、中国、また、東南アジアから来た韓流ファン現場にいっぱいでしょう?

本当にすごいという気がしたんですよ。 このような韓流ファンが歌謡やドラマのほかミュージカルにも追い込まれているといいます。

事実ミュージカル チケット値も侮れないが好きなスターを見るために何回ずつ公演を見ることも拒まないというのです。

チョピッナ記者、ミュージカル韓流の生き生きした現場を行ってこられましたって?

<記者コメント>

はい、一瞬聞けば10代少女ファンたちの話なのかしますが。
40代から年を取って落ち着いていた80代まで、主婦の話です。
その上我が国でもない日本などアジア圏主婦ですが。
ミュージカルを見るためにわざわざ韓国を訪れる方々です。
どれくらい熱情的なのか取材する終始驚くべきだったですが。
その現場で一緒に行ってみましょう。

<リポート>

この頃最も人気がある公演ジャンルではないでしょうか。
ミュージカルです。

<インタビュー>日本人観覧客:“11回程度見ました。”
<インタビュー>日本人観覧客:“昨日公演報告今日公演を観て明日帰ります。”

10代ファンクラブ向こうへ行け! 外国人おばさんパワーがミュージカル市場を思うままにするのにです。

その熱情的なミュージカル韓流現場を話題捕捉カメラに入れました。
ソウルのある公演会場後方駐車場です。
いや、が熱い天気になぜ駐車場にいらっしゃいますか?

<インタビュー>サナカ・レイコ(日本):“アン・ジェウクさんを待ちます。 少しでもさらに見たくて待ちます。”

ここに集まった方々は日本からきた主婦です。
アン・ジェウク氏が到着する瞬間を見るためにその長時間を待ったことですね。

<インタビュー>日本ファン:“兄さん、今日もファイティン!”

年齢を見れば兄さんではないようだがその情熱だけは少女ファンに劣りません。
海を渡ってきたやりがいがあったんですか?

<インタビュー>日本ファン:“本当に良いです。”
<インタビュー>日本ファン:“幸せです”

もう公演を待つ間互いに誰がさらにアン・ジェウク氏が好きなのか競ってみせましょうか?

写真は基本で、顔が描かれたTシャツに、

<インタビュー>サナカ・レイコ(日本):“(アン・ジェウクさんのミュージカルを) 10回見ました。 毎回ごとに演技が違って見るたびに魅力を感じることができるからです。”

<インタビュー>カワイ タデス(日本):“(家族が私がアン・ジェウク ファンクラブ活動することに対して)ほとんどあきらめています。 だが(私に)力になるから好んでいます。”

この方は日本から菓子まで取りまとめてきました。 下手な韓国語でファンレターまで書きましたね。

<録音>日本ファン:“兄さん~”

<インタビュー>ノリコ(日本):“アン・ジェウクを見るために韓国に3年間来ています。 韓国ではアン・ジェウクさん公演だけでなく劇場に入る姿、出て行く姿を見ることができます。 日本では絶対できないことです。”

このような情熱はミュージカル チケット パワーで現れています。
4年目公演中であるこのミュージカルを30回超えて観た主婦もあって、ミュージカルを観るために韓国を訪れる主婦も多いのですが。

<インタビュー>アン・ジェウク(ミュージカル俳優):“数年の間チケット値を求めるのにお小遣を集めて飛行機チケット値のためにお小遣を集められた多くの方々良い姿で訪ねるようにします。 もう少し待って下さい。 ありがとうございます。”

アン・ジェウク氏もファンたちの誠意を知っているようでしょう?

このように韓国公演会場を探すアジア主婦ファンが多くなりながら日本輸出の道も開かれましたって?

<インタビュー>キム・ミンソン(ミュージカル広報マーケティング室長):“太陽が繰り返しできるだけ外国人観光客がたくさん増加していてソウルで今回の公演が終われば9月に日本、東京青山で韓国俳優が韓国語も(公演をして)の代わりに日本語字幕を入れて公演をする予定です。”

韓国ミュージカルに熱狂するアジア主婦! どの程度か下面です。

<インタビュー> (“8時公演見る予定ですか?”) (日本ファン)“もちろん見るでしょう。” (“4時公演見たがまた会いますか?”) (日本ファン) "日曜日公演も見る予定です。”

3回を見て行かれるといいますね。
また他のミュージカル公演会場.
海外ファンたちの足がやはり絶えないというがです。
韓国を訪れることが出来なかった物足りなさをこのように贈り物に代行するファンたちもいます。

各国国旗が揚げられている米袋花輪が公演会場に立ち並んでいますね。
このミュージカルで日本など海外主婦ファンたちの心をとらえたスターはパク・ウンテ氏です。

<インタビュー>ヤスコ(日本):“パク・ウンテさんのミュージカルはすごいです。 パク・ウンテさんの声をとても好きで今日は(公演を見るために)日本からきました。 ピマッコル恋歌、昨年のモーツァルト、ハムレット、ゾロその他にエリザベートも見ましたし。”

客席をいっぱい辛いことに足りなくて駐車場で、公演会場入口で待っている海外ファンたち!

ミュージカル韓流を実感しそうなのですが。

<インタビュー>パク・ウンテ(ミュージカル俳優):“公演会場で確かに外国方々をたくさんお目にかかるようです。 現在日本と韓国で同時に上がるミュージカル作品がとてもたくさんあります。 なのでもう日本割った方々も今日本でするそのミュージカルが韓国ではどのように表現されるのか心配していられるようです。 そうするうちに韓国俳優に関心もたくさん持って下さるようだよ。”

外国主婦ファンたちの遠征観覧が増えながら韓国ミュージカルに対する全般的な関心も高まっています。

肯定的な効果でしょう?

<インタビュー>タナエ(日本):“最後に子役俳優に死にいたる場面で子供もとても演技が上手で涙が出てきました。”

<インタビュー>ミサキ(日本):“(韓国ミュージカル俳優は)歌をとても上手にして力がありますね。”

それで韓国ミュージカルが海外市場でも競争力を得ることになる力になるということでしょう?

ミュージカル韓流の先頭走者.

この公演に対するうわさが立って海外ファンたちの足が続いています。

<インタビュー>ウィチニ(タイ):“タイにも乱打公演があるがこちらではオリジナル公演を見ることができてくることになりました。”

<インタビュー>オズファ(台湾):“おもしろいと思います。”

そうです。

このようにミュージカル韓流の特徴は直接公演を見るために韓国を訪れる人が多いということです。

観光客の間ではこの公演観覧が必須コースです。

<インタビュー>ジュディ(台湾):“ずっと驚いたしとても良かったです。 現場で見ると俳優も熱情的で本当におもしろかったです。 火ショーも珍しかったです。”

ある俳優に対する愛で韓国ミュージカル公演に対する幅広い関心と支持に広まっていっているミュージカル韓流!

今アジア主婦には熱いミュージカル韓流が流れています。

[KBSニュース 2012-07-30 09:00] 元記事はこちらから 

※元記事サイトから動画ニュースをご覧いただけます。
9月ジャックザリッパー東京で公演始まったらこの方々は連日通われるのでしょうか(爆)。してパクウンテさんはジュンスと一緒にモーツァルト主演された関係でファンになった方多いんだろうなあ、もっと早く出会いたかった(>_<)


そんなわけで過去記事続けます~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。