★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 俳優パク・ウンテ“イーヴァイ作品何でもOK”作曲家リーヴァイ“韓国俳優実力最高です”
2012年07月28日 (土) | 編集 |
ミュージカル‘モーツァルト!’二つの主役に会う

パク・ウンテ

“俳優人生に転換点なった作品
3度の公演で全部主人公ますます責任感感じる”

リーヴァイ

“私の作品に生命力いれたパク・ウンテに有り難み伝える
韓国型ミュージカル作りたくて”

“韓国ミュージカル俳優の歌実力は世界最高水準です。 パク・ウンテ氏と同じ主演だけでなくアンサンブル(端役)の実力も立派です。 私の作品をヨーロッパ・アジアの色々な国で公演したが、アンサンブルまで選んだ実力である場合はあまりありません。”(シルベスター・リーヴァイ)

“本当に感謝します。 <モーツァルト!>は私が初めて主人公をした作品なのに加え俳優として発展できる契機になりましたよ。”(パク・ウンテ)

去る10日開幕した<モーツァルト!>(ソウル世宗文化会館大劇場)は2010年初めて顔見せして大きい成功を収めた後昨年再公演をしたのに続き、今回三番目に舞台に上げる人気ミュージカルだ。 パク・ウンテをミュージカル界‘浮び上がるスター’にのせた作品でもある。

11日ソウル、明洞のあるホテルで<モーツァルト!>の作曲家であるシルベスター・リーヴァイ(67・写真右側)と主人公モーツァルトを引き受けて3公演に全部出演することになったパク・ウンテ(31・左側)に共に会った。 リーヴァイは<モーツァルト!>開幕に合わせて訪韓した。 二人は“私の作品に生命力を吹き込む俳優”で、“私の俳優人生に大きい転換点を用意した創作者”で互いに有り難く思った。

ハンガリー生まれのリーヴァイはドイツ・オーストリアなどヨーロッパで主に活動して名声を得たミュージカル作曲家だ。 <モーツァルト!>だけでなく今年前半期国内ミュージカル界最高のヒット作である<エリザベート>の作曲家でもある。

パク・ウンテは<エリザベート>で解説者で劇を導いていく‘ルキーニ’役を演技して好評受けた。 2編のミュージカルがすべて韓国で成功を収めたことに対してリーヴァイは“韓国人は俳優と観客全部感性が豊富だ。 オーストリアの歴史的人物を扱った話だが、俳優が人物の感情をよく生かして、そのように作られた作品情緒に韓国観客が共感したようだ”と解説した。

来年1月には彼が音楽を作ったまた違うミュージカル<レベッカ>が国内にお目見えする。 <レベッカ>の出演陣はまだ確定しなかった。 パク・ウンテは“リーヴァイの作品ならば何でも出演したい”と話した。 彼は3回目舞台に上がっている<モーツァルト!>に対して“意味が格別の作品だとそうなのか公演を繰り返すほど責任感がより大きくなる”と愛情を現わした。

自身の作品が国境を越えて愛を受けるのに対してレバイは非英語圏国家の創作者として自負心を感じるといった。 “米国ブロードウェー、英国ウェストエンドの作品だけが世界市場で活発に行うならば多様性が阻害されるんです。”これに対しパク・ウンテは創作ミュージカルも重要だが海外原作(ライセンス)ミュージカルをまともに紹介することやはり重要だと言及した。 “創作という概念が狭く使われるようです。 斬新な国外作品を持ってきて私たちの創作者などの手を経て現地化するのも創作の一例になることができると見ますね。”

韓国を何度も訪問しながら、リーヴァイは単純に‘輸出者’の立場を越えて韓国のミュージカル製作環境に対しても関心を持つことになったといった。 “<英雄>を見て韓国創作ミュージカルの潜在力が大きいと考えました。 ただし創作ミュージカルが位置するためには団体や個人の後援が重要だが、簡単な問題でないです。 創作者などが容易ではない状況に置かれたのはドイツ・オーストリアでも同じことです。”

彼は“韓国の話を入れたミュージカルを作りたい”とした。 リーヴァイが作曲者で出た韓国型ミュージカルが作られれば、彼が“堅く信頼する”パク・ウンテが主人公にもう一度出るかも知れないことだ。 8月4日まで。

[ハンギョレ 2012-07-18 19:15] 元記事はこちらから

20120727-8.jpg

※レベッカでウンテさんに会いたいなあ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。