★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [分かってみればさらにおもしろい]ミュージカル'ジャック ザ リッパー'最高の俳優が再び一つになって
2012年07月28日 (土) | 編集 |
ミュージカル<ジャック ザ リッパー>が帰ってきた。 <ジャック ザ リッパー>は英国未解決殺人事件をモチーフにしたチェコ原作の作品で去る2009年初演以後2回のアンコール公演を経た興行ミュージカルだ。 永久未解決事件をモチーフで誕生した死を超越した世紀のロマンスを入れた<ジャック ザ リッパー>は事件に従っていく捜査劇形式で、あたかもパズル遊びのような構成で事件と犯人を暴く。 生かそうとする者と殺そうとする者、そして彼らを追う者の隠密な同行が過去と現在を行き来して興味深く描かれる。

特に観客を圧倒する緻密なストーリーはミュージカルの白眉だ。 一緒に耳に巻かれてくる叙情的メロディのミュージカル ナンバーが観客を舞台に引き上げる。 <ジャック ザ リッパー>は来る8月25日までソウル、中区、獎忠洞国立劇場ヘオルム劇場で開催して、来る9月16日から10月8日まで日本、東京青山劇場で公演を確定した。

20120727-1.jpg 20120727-2.jpg 20120727-3.jpg


分かってみれば|韓国演出陣によって再唱作

<ジャック ザ リッパー>はチェコ作品を原作にしたが韓国演出陣によって90%以上が創作された作品だ。 単純海外ライセンス導入と模倣でない、再唱作作業を通じて誕生した<ジャック ザ リッパー>は作品選定当時である2008年から海外進出を目標に多方面の作業を進めた。 チェコ原作の作品を再創作して海外公演を成功させたという所に、また他の海外進出方向を提示したという評価を受けている。

演出陣は小劇場で開かれた原作の公演を大劇場公演に変えるために舞台と音楽、照明まで色々な部分を新しく変えなければならなかった。 原作公演の演出者は韓国演出者によって新しく変わった<ジャック ザ リッパー>に対してとても満足そうだったという後聞だ。

分かってみれば|ベテラン俳優らとアイドルの調和

2012年<ジャック ザ リッパー>にはもう一度一つになった初演メンバーらと新しく加勢した新鋭メンバーの調和が引き立って見える。 また、昨年他の役割を受け持った俳優が今回のシーズン新しい役割に挑戦して期待感を集める。 すさまじいロマンスの主人公ダニエル役には最近ドラマ<光と影>を通じて韓流スターの位置づけを固めたアン・ジェウクと17年目ベテラン ミュージカル俳優でブラウン管のスターにそびえ立ったオム・ギジュン、昨年ダニエル役に合流して演技力を検証受けたスーパージュニア ソンミンがキャスティングされた。 ここにFTアイルランドの実力派ボーカルであり新韓流走者ソン・スンヒョンが新しく加勢した。 狂気じみた殺人魔ジャック役にはシン・ソンウと‘モンロー’役に<ジャック ザ リッパー>デビュー舞台に立ったキムボムレが出て新しい姿をお目見えする。 厭世主義捜査官アンダーソン役には‘国民夫’で登板したユ・ジュンサンと貫ろくあるミュージカル俳優ミン・ヨンギなどの初演メンバーと昨年ジャック役に悪役に挑戦したイゴンミョンが‘アンダーソン’に扮する。 特ダネとお金に疎い記者‘モンロー’役には個性あふれる演技で注目されているイ・ヒジョンとイジョンヨルがキャスティングされたし痛みを大事に保管した女性‘ポリ’役にはミュージカル女優の自尊心ソ・ジヨンと両花様が落下点なった。 また、希望を大事に保管した女性‘グローリア’役には<不朽の名曲>のヒロイン ソニャと新鋭ジェイミンがキャスティングされた。 2012 <ジャック ザ リッパー>の韓国公演と日本公演のために再び一つになった初演ドリームチームと硬い実力で武装した新鋭メンバーの加勢. ここに同じ作品で他の役割を立つとみられる破格的なキャストの変身は<ジャック ザ リッパー>が期待される理由だ。

分かってみれば|のような殺人魔の役割なのに完全に違って

俳優シン・ソンウとキムボムレは<ジャック ザ リッパー>でダニエルに致命的な取り引きを提案する残酷な殺人魔ジャック役を担った。 <ジャック ザ リッパー>のポスターモデルでもあるシン・ソンウは‘ジャックの転生’と呼ばれる程劇中の役割を完璧に消化して出した。 昨年<ジャック ザ リッパー>で‘モンロー’役を担ったキムボムレは2012年の‘ジャック’で挑戦状を差し出した。 モンロー役にすでに好評受けた彼が風変わりな悪人ジャックを演技するのは容易ではなかった。 だが、ジャックに魅了された彼は今回の提案をさっさと受け入れた。 キムボムレは“シン・ソンウ先輩があまりにも完璧にジャックを消化したので私は最初から違う姿のジャックを見せようとした。 それで頭も最初から短く切った。”として“シン・ソンウ先輩は公演中7段高音を出すのに出た7段低音に行く。 さらに暗くて線太い悪党の姿をお見せしたかった。”とジャックの役割に対する自信を表わした。

分かってみれば|アン・ジェウクのチームワーク維持秘法は‘会食’

アン・ジェウクは作品を共にする俳優のチームワークを導く俳優で良く知られている。 彼はドラマ<光と影>出演俳優およびスタッフの会食を主導して格別なリーダーシップを見せたことある。 今回の<ジャック ザ リッパー>でやはり特有のリーダーシップを発揮してメンバーとの呼吸のために努力した。 去る25日開かれたプレスコールでアン・ジェウクは"チームワークのための私だけのノウハウは出演料の大部分をこれらに使う。 再びチームに還元するという気持ちで生きている。”として”基本的な飲み物、食事、お腹がすくといえば肉も買って練習終わってビールも一杯飲む。 ひとまず秘訣は会食だ。”と話した。 アン・ジェウクと共に呼吸を合わせたスーパージュニア ソンミンは“アン・ジェウク先輩おられる時はチームウィークが本当に良くなる。 皆練習のために大変でダウンする時は冗談も投げかけながら愉快な雰囲気を作られる。”と大先輩アン・ジェウクを奉ることもした。

分かってみれば|背景であるロンドンにからまった俳優の特別な理由

‘ジャック ザ リッパー’は1888年8月31日から11月9日まで2ヶ月にかけて英国、ロンドンのグリニッジに位置したホワイトチャペル街で最小五人を越える売春婦を猟奇的な方法で相次いで殺害した連鎖殺人犯をいう。 <ジャック ザ リッパー>に出演したアン・ジェウク、シン・ソンウ、ユ・ジュンサンはロンドンに対するそれぞれ違った特別な思い出を有していた。 過去一人でバックパック旅行をたくさんしたアン・ジェウクはヨーロッパ バックパック旅行を始めて初めて到着した都市がすぐにロンドンだった。 アン・ジェウクはなぜか分からないなじむことにロンドンの路地路地を隅々まで歩き回ったし、スタートを立派に切ったおかげでヨーロッパ旅行をより一層楽しむことができた。 シン・ソンウにロンドンは喘息治療師同じ役割をした。 過去喘息があったシン・ソンウはロンドン旅行に行ったし、空港におりるやいなや湿っぽい空気のためなのかすぐにせきが止まった。 その時以後で喘息症状はたくさん好転した。 ユ・ジュンサンはロンドンで直接<ジャック ザ リッパー>を観覧してきた。 普段機会になるたびにロンドンに行って有名な公演を見てくるユ・ジュンサンは韓国で<ジャック ザ リッパー>が公演される前小劇場バージョンを先に報告演出者に自身の意見を提案することもした。

分かってみれば|新鋭ジェイミン活躍期待

<ジャックザリッパー>には初演俳優の登場でも期待を集めている。 新鋭ジェイミンは歌手ソニャとともにグローリア役にキャスティングされた。 グローリアはダニエルが一目で反するロンドン最高のメリョンニョ役割で、希望を大事に保管した愛らしい姿で悲劇に向かって走って行く姿まで多様な魅力を見せるキャラクターだ。 ジェイミンは日本でデビューしたSMエンターテインメント所属女性歌手でSMTOWN LIVEコンサートおよび冬アルバム、多数のOST等を通して国内音楽ファンたちに名前を知らせたことがある。 色々なドラマOSTを通じて歌唱力を検証受けたジェイミンは<ジャック ザ リッパー>を通じてミュージカル俳優に新しく変身する。 最近進行された<ジャック ザ リッパー>プレスコールでジェイミンは“初めてキャスティングを提案受けた時とても良かったし夢のようだった。 恐ろしい点もあったが強固な先輩らとスタッフがいて多いに役に立った。 多くの方々の助けで一歩一歩進んでいる。 熱心にして私だけのグローリアを作ってみたい。”と抱負を明らかにしたことがある。

[マックスムービー= 2012-07-27 17:46]  元記事はこちらから

※先行申し込み今日の夕方までだ! いい加減決めないと~(>_<)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。