★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフンの口で直接語る'その時その事件' (インタビュー②)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が大麻草事件以後大変だった心境に対して告白した。

チュ・ジフンは去る23日<スポーツソウルドットコム>と会った席で"罪を犯して生きられませんでした。 明らかになることはいつか明らかになることになると考えました。 私が間違っていたこととか罰を受けて後で反省して生きていくほうが良いと判断したことのようです"と話した。

チュ・ジフンは去る2009年同僚モデル イェ・ハギョンの家でエクスタシーとケタミンなどを投薬した疑惑で起訴されて当時執行猶予1年、社会奉仕120時間、追徴金36万ウォンを宣告された。 当時音声に出てきたがチュ・ジフンは疑惑を認めて法の審判を受けた。 なぜそのような選択をしたのかと尋ねるのはもしかしたら当然だが、彼に直接聞きたかった。

彼は"嘘をつきたくありませんでした。 一度嘘をつけばずっと嘘をつかなければなりませんから。 何より自分自身をだましたくなかったんですよ。 当然罰を受けなければならず反省するべきことだと考えました。 それでこそその後にもう少し自らに、あるいは大衆に堂々としていることができるからです"と話した。

また"からだに小さいトゲが一つが打ち込まれればとても障るでしょう。 気まずいですよ。 残った人生をそんなに生きたくなかったです"として"そして明らかになることはいつかは明らかになります。 残った人生をそんなに生きたくなかったです。 もしその時容認をしなかったとすれば…. 音例えば反省しないでさらに悪いことをした場合もあるでしょう。 人生はどうなるかも知れませんから。 人生はさらに長ければより大きい未来を見通しました"と付け加えた。

人生で非常に大きい事件だと話すチュ・ジフンにそれで失ったのと得たことに対して尋ねた。 インタビューする間最も深刻な表情だった。 チュ・ジフンは"失ったことはあえて話さなくても多くの方がご存知そうです。 私は得たことだけ見て失ったことは考えない方です"と淡々と話した。

それと共に"本当に当然だがある時はよく分からないでしょう。 家族と友人の大切だ。 彼らが私のそばにおいてどれくらい大切なのか悟りました。 そして習う自ら反すうする作業が必要だがその年齢に人生を見て回る機会が多くないでしょう。 だが、私はこの事件を通じて私自身をたくさん見て回ることになりました。 悪くない時間だったと考えます"と付け加えた。

3年ぶりに芸能界に本格復帰するチュ・ジフンは映画'私は王である'封切りとSBS '五本の指'撮影を控えている。

[スポーツソウル2012-07-26 09:10] 元記事はこちらから

20120726-6.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。