★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン“あえてイ・ビョンホン先輩と演技対決? 話にならなくて”(インタビュー)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
チュ・ジフンがイ・ビョンホン主演映画と比較されるのと関連して率直な考えを明らかにした。

チュ・ジフンは最近映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)封切り前ニュースエンと行ったインタビューでイ・ビョンホンとの演技比較は話にもならないとし首を横に振った。

チュ・ジフンは初めての史劇作品'私は王である'で世子チュンニョンと奴婢トクチル1人2役を引き受けた。 カリスマあふれて落ち着いていた過去イメージとは違い美男容貌をあきらめてまともに壊れたチュ・ジフンのコミック演技が期待される作品だ。 初めての史劇、朝鮮時代背景、1人2役など9月封切り予定のイ・ビョンホン主演'鉱害、王になった男'と共通点が多くてしばしば比較される。 イ・ビョンホンやはりこの映画を通じてデビュー21年ぶりに初めての史劇に挑戦したし王、賎民1人2役を消化した。

"私があえてイ・ビョンホン先輩と演技対決ですか? お話になりません。 ジャンルが完全に違ってひとまず私たちの映画はコメディ性格が強いです。 戦争映画も同じ素材を有しているが違うように表現するでしょう。 そのように考えられれば良そうです。 演技は当然イ・ビョンホン先輩がもっと上手くやれば負担されることもないです。 イ・ビョンホン先輩は私が中学校時期俳優を夢見る前から作品を見ながら尊敬した先輩です。 比較自体だけで光栄です"

去る2006年デビューするやいなやスターダムに上がって旺盛に活動したチュ・ジフンは大麻草事件が起きた後軍に入隊したし昨年11月除隊した。 2009年映画'キッチン'以後3年ぶりにお目見えする復帰作でピョン・ヒボン、ペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、キム・スロなど大切で恩人のような先輩たちと作業した。 チュ・ジフン自ら大きい幸運を得たと説明した。

"現場の雰囲気がとても良かったしあの一つだけ上手にすれば良い所でした。 あまりにも演技力優れていられた先輩らと作業すればリアクションだけ熱心にしました。 以前に先生ディレクター様する言葉がみなそのとおりですよ。 演技は上手にする人としなければならなくて自然について行くとそうしましたよ。 今回切実に感じました。 イム・ウォニ兄と撮影する時間が多くて最も親しく過ごしました。 ウォンヒ兄もほとんど言葉がなかったし人見知りが激しくて序盤にはぎこちなかったがますます親しくなったし後日にはすべての俳優らと良く過ごしましたよ。 前漁色すれば言葉を慎むが親しい人々といる時は米主我を故主我をみな打ち明けます。"

映画予告篇だけ見てもチュ・ジフンが美男容貌をあきらめたという事実をすぐ知ることが出来る。 それだけ作品に愛情を注ぎ込んだし全体撮影分量90%を消化した。 その過程から負傷まで着た。

"前王見るという奴婢役にさらによく似合います。(笑い)奴婢トクチルを演技する時はメーキャップもしなかったし汚く見えるために顔に黒い七をたくさんしましたよ。 美しくて素敵な姿は当初からあきらめました。 初めての史劇にコミック ジャンルとはっきりと壊れたし私も結果がとても気になります。 撮影中足が裂けたりもしたが病院で4針程度縫った後現場に復帰しました。 ちょうどトクチルが家が粉々に砕けること出て裸足で逃げる場面を撮影したがその時は少し大変だったんですよ。 だが、私だけそのようにするのは違います。 大韓民国俳優は全部それだけ努力します。"

チュ・ジフンは'私は王である'封切りを控えている状況でSBS週末ドラマ'紳士の品格'後続である'五本の指'撮影も始めた。 チュ・ジフンを待ったファンたちには何よりうれしい便りだ。 デビューの時から今まで自身を応援したファンたちに向かって感謝の気持ちも忘れなかった。

"したい話はいつも同じです。 感謝の気持ちだけでしょう。 ファンたちは私の作品を見て好む方々が多くてその方考えれば作品選択する時さらに慎重になります。 時々私を見るために現場に訪ねてくるのに他の人配慮しながら礼儀にかなうように行動する姿譜面本当に満たされて誇らしいです。 私が報いることができる方法は演技を熱心にして良い作品お見せすること以外ないようです。"

歴史実録に出てこなかった世宗即位前3ヶ月を不らちな想像力で解いて出した'私は王である'という朝鮮時代を背景に王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命とその過程で跡継ぎチュンニョンが星群世宗大王に成長していく過程を描く。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-07-26 12:31:05] 元記事はこちらから

20120726-7.jpg 20120726-8.jpg 20120726-9.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。