★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘私は王’チュ・ジフン“安らかに受け入れるほど多いこと得て..”
2012年07月27日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが3年ぶりに跡継ぎになってスクリーンに復帰した。 彼は映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン、以下私は王)で都市的でシックなイメージを投げ捨てて小心で柔弱な世子チュンニョンと奴婢トクチルで1人2役を消化して作品の中キャラクターに没頭した。

彼がお目見えする歴史上偉大な王で称賛受ける星群世宗大王の秘密話に観客の期待が集められている。

チュ・ジフンは最近江南のあるスタジオで本紙との出会いを持った。 彼は忙しい日程に紙行うほどなもののそのどの時より熱意を燃やしている。 彼はデビュー以来初めて史劇に挑戦する所感を伝えた。

“語り口も台本とは違ってある程度想像に依存して表現しなければならないので容易なことではありませんでした。 その上1人2役であったためキャラクター指向を捉えることも難しかったんですよ。 既に出演した作品より監督様を10倍以上さらに多く会ったことのようです。”

チュ・ジフンは今回の作品を通じて朝鮮版‘王子と乞食’を描き出した。 チュンニョンと奴婢トクチルの話は歴史の考証で扱われなかった三ヶ月間の姿を表わした。 彼はチュンニョンとトクチルのために一日にも数回ごと扮装と衣装を変えなければならなかった。

“あるキャラクターだったらそうでなかったはずなのに私は2人役割をしなければならないからほとんどすべての履く撮影しました。トクチル キャラクターが本能的であり表面に現れるキャラクターならばチュンニョンは意志も弱い悪漢人物です。 二人が同時に変わって行く過程なので中間地点に性格が似てくる部分があります。 二つのキャラクターが重なった時悩みをたくさんしましたね。”

彼の苦労はただキャラクターこれだけではなかった。 撮影が進行されたところはある地方の山の中だった。 彼は撮影中 負傷で裂けた自身の足を縫った糸屑を自ら解かなければならなかった状況に達した。

“撮影会場自体が山の中だと冬には寒くて夏には熱かったんですよ。 ここにひげまで付ければご飯もまともに食べられないほどなのに加え皮膚トラブルまでできました。 中間に足が裂けたのに、後ほどにはとても忙しくて病院行く時間がなかったです。 結局自ら糸屑を選ばなければならなかったんですよ。”

チュ・ジフンは演技において詰まる部分は監督をはじめとする一緒出演した先輩たちに諮問を求めることを躊躇しなかった。

“ピョン・ヒボン-ペク・ユンシク-パク・ヨンギュ先生それぞれ他の魅力を持っておられます。 私が撮影会場末っ子とその時その時状況は変わるが、この方に演技に対して多様に習うことができて良かった時間でした。”

俳優が既存のイメージを破って新しい変身をするということは容易な決定でない。 彼はコメディというジャンルに新しい挑戦をしながら自身のイメージ変身を試みた。

“俳優なのでシナリオが与えられればひとまず‘おもしろくてしたくて、することができるだろうか?’という考えを先にします。 もちろん笑わせなければならないという使命感があれば負担になると思います。 だが、私どもの映画は状況自体が笑わせるので自然な笑いを引き出すことができると思います。”

チュ・ジフンをはじめとする俳優は史劇経験がない場合が多い。 これらが広げる‘私は王’は観客に新鮮な感じを与えると予想される。 また、世宗大王という素材から来るなじみもまた‘私は王’の長所に選ばれる。

“全てのものを下ろしてキャラクターに陥って撮影をしました。 多分一度も体験できなかったチュ・ジフンの新しい魅力を感じることができるでしょう。 観客数ですか? それは私がどのようにすることができる部分ではないようです。 どうせなら多くの方々が見たらいいですね。”

最後に彼は‘私は王’を見ることになる観客に要請の挨拶を残した。

“私どもの映画は気楽な気持ちで見たらいいですね。 ジャンルもコメディで感動コードが存在します。 単純に笑いだけ与えるのではない他の感情も持っていくことができそうです。 もちろんそのようにとりました。 安らかに受け入れて下さるほどより多いものを持っていくことができるでしょう。”

チュ・ジフンはこれまでの空白を破って3年ぶりにスクリーン復帰に続きブラウン管カムバックを控えている。 彼はSBS週末ドラマ‘五本の指’で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト役を担ってファンたちを探す予定だ。

彼が話した‘多いこと’らは来る8月9日封切りする映画‘私は王’を通じて確認することができる。

[ヘラルド経済 2012-07-26 15:46] 元記事はこちらから

20120726-10.jpg

赤コメント省略で時間の許す限りアップ~

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。