★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [インタビュー]チュ・ジフン“後輩キム・スヒョンに危機感? 刺激されます”
2012年07月26日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が帰ってきた。 美男韓流スターであった彼は男になった。 20代後半かんばしくない事件を体験したがすでに過ぎたことだ。 反省をたくさんしたし前を眺めて再びまた、疾走しようとする。 自身を待ったファンたちに感謝の気持ちと共に、演技で補償をする道しかない。

軍除隊後スクリーン復帰作で8月9日封切り予定の史劇コメディ‘私は王である’(監督チャン・キュソン)を選んで3年ぶりに観客を探す。 このジャンルに初めての挑戦するチュ・ジフンは“ドキドキしてときめく”と緊張感を表わした。 だが、もう少し安らかに映画に没入できて寄り添ってもかまわないといった。

“各捕えられていなかったものなど、もう少し人間的な本能に忠実な主人公の姿がおもしろかったです。 続くエピソードも十分に同感しましたよ。 映画の中で見られる自分の姿が自然だといわなければならないでしょうか?”(笑い)

‘私は王である’は王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を占めることになった奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品だ。 チュ・ジフンが1人2役でチュンニョンとトクチルをかわるがわる演技した。

久しぶりにスクリーン演技に復帰するということだったが、初めて経験する1人2役が容易なはずがない。 “この役割をしてすぐにまた、服を着替えて他の役割をしました。 序盤にはある人物に二人が埋めていましたよ。 全て一人になるのが大変だったんですよ。”

だが、演技者は演技者だ。 時間が流れて彼は当たり前のようにチュンニョンとトクチルを自由自在に行き来した。 彼は“どんなものをする時より集中力が高かったし、何をしようが上手にすることができた”と回想した。 劇中少しはなじみがうすい彼の姿が見慣れないことも分からないけれど新しい姿を見る面白味が大きいようだ。

偶然にも9月封切り予定の史劇‘鉱害、王になった男’で史劇に初めて挑戦、また、1人2役を延期したイ・ビョンホンと比較される。 ドラマ‘根強い木’で世宗大王を演技したハン・ソッキュとも比較する視線もある。 負担はないだろうか。

“比較されなくても良いです(笑い). ひとまずジャンルが違いますね。 比較とみるより前ハン・ソッキュ、イ・ビョンホン先輩を真心を尊敬して先輩たち演技を見て感心しますね? 先輩たち作品が出てくれば時間内で必ず探してみます。 良い先輩を見ながら年齢をもう少し取りたい考えます。 演技に年輪がにじみ出ますね。 二人の先輩はもちろん、他の先輩たち皆にもたくさん感じて学びます。”(笑い)

チュ・ジフンはSBS TV週末劇‘五本の指’でピアニストで5年ぶりにテレビ劇場にも復帰する。 彼は“システムがどのように変わっているか恐ろしい”として“ギリギリなドラマ スケジュールも予定されているはずなのに体力的である面も悩み”と冗談を言った。

“年を取って心配になります。 もう少し実質的で現実的な悩みといいましょうか? ドラマは1週間に映画一本をとることじゃないの。 集中して演技するべきなのに目がきらきらしなければならない瞬間に眠気ぎっしり埋まった目つきではいけないでしょう。”(笑い)

映画とドラマ、ミュージカル、最近ではバンド活動も併行する。 除隊後あまりにも忙しい活動だ。 用心深く‘入隊前発生した麻薬事件と関連して過去を忘れようと熱心に活動するか’と尋ねると“待って下さった方々がとてもありがとう”と話し始める。 だが“過去を忘れようと熱心に活動をすることではない”といった。

“一歳一歳さらに食べて見たらより多いのを見聞きして経験するのが多かったんですよ。 以前には共感できなかったことが今は同感すればさらに多様に活動をすることができるようです。”

時間が流れて自然にファンたちとの関係も良くなった。 “人見知りが激しい方”という彼は“ファンたちが近くタガワも表現方法を知らなかったが今は豊かになった”として“私が豊かになればファンたちも気楽に対してくれたよ”と好んだ。

彼がいない間芸能界にすばらしくてハンサムな俳優が多くなった。 例えば同じ所属会社キム・スヒョンが最高値を打っている。 チュ・ジフンは“スヒョンはうまくいくことができた”として“心より後輩中で良い演技者がたくさんできるというのは良いこと”と笑った。

危機感を感じはしないのかと聞くと“私と別の魅力がある”として“それで私たちが全部暮らすことができること”となだめる。 “先輩にも習うが後輩にもたくさん習います。 刺激になります。 私は恐ろしくてできないことを私より幼い友人がやり遂げた時‘あれおもしろいね!’という考えにもなります。”

久しぶりに復帰する映画とか興行に対する期待感も大きくないだろうか。 チュ・ジフンは“興行は演技者の領域を抜け出すようだ”とした。

“本当に完璧に準備しても時代の流れと合わないで外面受けることもできます。 私は私がすることができることにすべての力を注ぐだけでしょう。 興行に気を遣うより熱心に演技して、熱心に広報するだけです。 ずっと作品活動をしたいことは一ケ所率直に興行にしばられたくはありません。 もちろん一寸の前も見られないのが人間とか後ほどにはしないこともあります。”(笑い)

[毎日経済 2012-07-25 08:16] 元記事はこちらから

20120725-3.jpg 20120725-4.jpg 20120725-5.jpg 20120725-6.jpg

※キーイーストファミリーの長兄として弟たちにいいトコ見せたいなあ(爆)。

PCモニター前にして寝てた・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。