★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '私は王'チュ・ジフン"初めての史劇・コメディ、負担はなかったです" [インタビュー]
2012年07月25日 (水) | 編集 |
私たちの'美男皇太子イシン'はどこへ行ったのか。 映画'私は王である'を持って3年ぶりに私たちのそばを訪ねてきたチュ・ジフンは公開された予告篇で'凄惨に'壊れる。 服だけ謹厳で派手な王であるだけ、表情と行動は一言で'バカ'そのものだ。

チュ・ジフンが'コメディ'ジャンルを持ってカムバックするという事実は誰も推察できなかった。 その間の作品、ドラマ'宮'をはじめとして映画'西洋骨董洋菓子店アンティーク'などを通し見せてくれた美男の温かいイメージを構築してきたチュ・ジフンのため。

その上コメディだけでなくチュ・ジフンは今回の映画で'史劇'というジャンルと'1人2役'という演技挑戦に新しい変身をお目見えする予定。

このように復帰作で三つの挑戦を広げるチュ・ジフンは去る18日OSENと会ってそんなに大きい負担は入らなかったといった。 作品に対する信頼、監督に対する信頼、そして一緒にする俳優に対する信頼があったためだった。

"そんなに大きい負担を感じてはいないです。 監督様も良く知られた方だったし出演する先輩の話を聞きましたよ。 それで信頼がありました。 本も良かったが演出陣と出演陣が本当に良くて信頼がありました。"

負担はなかったというが初めてしてみる'史劇'ジャンルであるから所感も格別だったはず。 史劇演技をしてみた所感を尋ねると考えたことよりトンが飛び散る困難があったと伝えた。 これに対し監督と共に話していって次第に合わせていったで。

"私どもの映画は正統史劇トーンに行きはしないです。 ところで違うが違うか監督様も大丈夫だった場面が実際に朝鮮時代背景に朝鮮時代衣装を着てするから何か変なことがありますよ。 トーンが飛び散る困難がありましたよ。 それで現場でつかんでいきました。 監督様に'状況がこのように移るから大丈夫であることのようです'話しながらです。"

'チュ・ジフン'といえば浮び上がるイメージで'宮'を思い出させる人々が多いだろう。 それだけチュ・ジフンは初めての主演作だった'宮'で派手な宮廷中に孤独に育たなければならなかった皇太子イシン役を担って立派に消化したし数多くの女性ファンの心をときめくようにした。 抱いてあげたい母性本能を刺激する行動らと9頭身スタイルに温かい容貌まで兼ね備えたという話だ。 そのような彼が'私は王である'ではコミカルな表情もマダチしなくて見る人々に笑いをプレゼントする。 '美男'チュ・ジフンがこれを迷いはしなかったのだろうか。 初めから壊れることを目標にする映画ではないのでそのような心配はなかったといった。

"私どもの映画はコントではありません。 壊れることを目標に、笑いを目標に演技しはしません。 私どもは状況がおもしろい映画で真剣にキャラクターで延期すれば良い映画と心配しませんでした。 また、撮影ずっとコメディの代価である先輩らと共にすることができて本当におもしろかったです。 先輩にたくさん習いましたよ。 年齢もあったが情熱が本当にすごいです。 エネルギーがあふれられてよ。"

'私は王である'のメガホンを取ったチャン・キュソン監督は映画'イチャンとグンス','女の先生VS女弟子'等の作品で演出力を認められた有名監督. 撮影しながらチャン・キュソン監督と友人のような関係になったというチュ・ジフンは以後チャン・キュソン監督がまた、一度ラブコールを送れば快くするかは質問を投げるとすぐに作品を見るべきで俳優として真剣な返事を出した。

"監督様とは友人のような関係になりました。 あまりにもに権威的でなくて長い間撮影しながら楽になったりもしましたよ。 ところが監督様がまた、作品を共にしようといえば違うと答えるでしょう(笑い). それはマルチプレーが可能な方々だけできる返事であることのようです。 演技経歴20年越えられた方々あるでしょう。 劇というジャンルの中から出るほどのキャラクターを全一回ぐらいは経験してみた方々です。 なぜ台本を見なければならないかといえば私はとても良いが私がキャラクター設定が理解できなかったが作品をすることになれば観客方々にご迷惑をかけることじゃないの。 観客方々にも良くなくて作品としても良くないことであることでしょう。"

キャラクターに対する共感が重要だというチュ・ジフンに今回のキャラクターのある点に共感したのか尋ねた。 '私は王である'で小心な世子チュンニョンと突然ワン・ヨンギをしなければならない奴婢トクチル、1人2役のキャラクターをむかえることになったチュ・ジフンは人間の本能を見せるキャラクターに共感したと明らかにした。

"人間の姿を最大化していて共感できました。 人には色々な姿があるでしょう。 あののような場合だけでもインタビューする時は真剣にならざるをえません。 それで真剣なイメージができるが私にはそうではない姿もありますね。 世子が宮を出ながら本能に忠実な姿を見せる姿が共感を起こしました。"

映画が終わった後チュ・ジフンはブラウン管でまた、一度大衆に会う予定だ。 SBS新しいドラマ'五本の指'に合流することになったこと。 一緒に作品に出演するガールグループ ティアラのウンジョンに対して尋ねたところチュ・ジフンは事実ガールグループをよく分からないと話した。 だが、ティアラ メンバーという事実は知っていたとし俳優の感じが出たと賞賛を惜しまなかった。

"良かったです。 ところで事実私が歌も知ってティアラも分かるがTVをよく取りまとめてみはしません。 それでウンジョン氏の歩みをよく分からなくて(笑い). それでも歌手という話を聞いて行ってみたがマスクも良くて俳優の感じも出て良かったです。"

その間俳優生活をしてきて多様な作品に出演したチュ・ジフンはいかなる監督と目つきだけ見てもお互いの意中を分かる間になりしたいとし小さい希望を表わした。 監督のペルソナになりたいということ。

"監督様と俳優が長引いたりどんな俳優が呼吸がよく合うように多くの作品に出てきたりするなどの関係がうらやましいです。 監督のペルソナがあるでしょう。 そのような関係がうらやましいです。 現場ですることが考えが違うから考えを合わせるのに時間を多く使うのに目つきだけ見ても互いに分かる仲が良いと思います。"

8月、コメディに訪ねてくるチュ・ジフンは絶対に虚しくないという覚悟を伝えた。 熱い夏、蒸し暑さを飛ばしてしまった気がせいせいしたコメディになることだと。

"楽しかったらいいですね。 熱くていらいらするのにおもしろく見ることができる映画でここで話す面白味はコメディに近い面白みを感じられるんです。 絶対虚しい映画ではないことです。 演技したもので虚しくなりはしないでしょう。 8月に気がせいせいされることができられるはずです。"

[OSEN 2012-07-24 15:18] 元記事はこちらから

20120724-17.jpg 20120724-18.jpg 20120724-19.jpg

※宮の話題がでて嬉しい^^ 熱い夏、みんなに大笑いしてもらえるといいなあ~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。