★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン“演技する時はつぎはぎ服が気楽です”
2012年07月25日 (水) | 編集 |
朝鮮版王子と乞食…1人2役挑戦
イ・ハヌィとメロー“非常にプラトニックです”
3年空白待った‘セジョンジュ’ファンありがとう


187cmの大きい身長にくすんで浅黒い皮膚。 俳優チュ・ジフンの第一印象だ。 一瞬近付くのが難しいそうだけど、実際には男らしくて冗談も上手な性格だ。 以前よりはるかに豊かになったという話に彼は“もう年を取るからであること”としながら笑った。

チュ・ジフンが長い間の空白を破って新しい出発線に立った。 彼は来る8月9日封切りする映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン)を通じて3年ぶりにスクリーンに復帰する。 ‘朝鮮版王と乞食’ということができるこの映画でチュ・ジフンは世宗大王(セジョンデワン)の幼い時期であるチュンニョンと奴婢トクチル役を担って1人2役に挑戦した。 王と奴婢を交替しながら演技した彼は“確かに演技をする時はつぎはぎ服が気楽だ”として笑いを見せた。

‘私は王である’は世子冊封に不満を抱いたチュンニョンが宮を脱出した後、護衛武士が似ていた奴婢トクチルをチュンニョンで勘違いして宮に連れていきながら広がる話だ。 チュ・ジフンは劇中でペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニ、イ・ハヌィなどと呼吸を合わせる。

彼は“単純に笑わせるばかりのコメディではない”として“ドラマが強いヒューマン コメディだと見れば良い”と説明した。 イ・ハヌィとラブ ストーリーも登場する予定。彼は“メロラインが登場するが非常にプラトニックだ”といった。

事実彼は昨年11月除隊以後我を忘れてスケジュールを消化した。 除隊直後ミュージカル舞台に上がったし、映画‘私は王である’を撮影したし、新しいドラマも準備しなければならなかった。

“除隊以後本当にただ一日も自由を満喫できなくて生きました。 この前ぴったり一日スケジュールない日ができたが、すぐに予備軍訓練街は日でした(笑い)。 1時間早く帰宅させるという言葉に本当に熱心に訓練に参加することになりましたよ。”

チュ・ジフンは最近知人たちと共にバンドを結成した。 チーム内で彼はボーカルとギターを受け持っていて、作詞も直接する。 彼は“会社で私を防がない限り、近い将来私たちのバンドの舞台を見ることができる”として笑った。 演技と音楽の他にも、いつも何かを作り出すことに関心が多い。

“バンドでは私が歌詞を担当するからいつも歌詞が浮び上がれば書き留めます。 シナリオも小さい短編下や程度はいつも頭の中にあってよ。 お買いになるつもりより俳優人生が退屈です(笑い)。それでも私が次の作品や活動をあらかじめ定めて活動するタイプでもないので…。”

チュ・ジフンのファンクラブの名前はセジョンジュだ。 ‘世界を征服する俳優チュ・ジフン’という意だ。 ファンクラブの名前に対して“そうなれるように努力しなければならないですね”として微笑を浮かべた。 去る2009年広がったかんばしくない事件と直ちに続いた軍服務…. 3年という短くない空白があったが、今でも5万人を越えるファンたちが依然として彼を応援している。

“長く待って下さって本当に感謝します。 私は私のファンたちに対して自負する部分があります。 情熱は科しながらも、いつも守らなければならない線を守る方々でしょう。 とても素晴らしいです。”

[フォーカス新聞社 2012-07-23 23:55:40] 元記事はこちらから

20120724-14.jpg 20120724-15.jpg 20120724-16.jpg

※わあ、セジョンジュの方は嬉しいですねえ。でもファンクラブはチュゲルだってあるしファンはもっともっと大勢いるし、ジフニの感謝のコメントはセジョンジュに限らずみんなに対して話したことじゃないかなあ。'除隊直後ミュージカル舞台に上がった'なんて書く記事は信用ならん(-_-;

ジフニのバンド熱はきっと事務所も止められないんだろうなあ(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。