★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '私は王'チュ・ジフン、"燃え尽きた、真っ白な灰に"(インタビュー)
2012年07月25日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが軍除隊後3年ぶりに映画'私は王である'に帰ってきた。

チュ・ジフンは来月9日開封される'私は王である'で奴婢トクチルと世子チュンニョン役を担って1人2役演技に挑戦した。 ダイナミックな変身のために毎撮影ごとに他の扮装と姿をお目見えしたし、3日間15番ほど扮装と衣装を変えるなど強行軍を軽く消化して先後輩演技者の驚きをかもし出した。

それだけ映画撮影中難しいことも多かった。 足が裂けて縫ったが病院に行くことができなくて山の頂上で直接糸屑を選ぶこともした。

チュ・ジフンは"どうしてもシーンが多くて、野原で山で飛び回って見たらそのようだ。 同じ期間に普通映画2編分量を撮った。 131シーン中120シーンに出てくる"として"燃え尽きた、真っ白な灰に"とある漫画の名セリフを引用した。

このような姿は映画撮影移転や後全部大きく異ならない。 現場でからだを燃やしたチュ・ジフンは風邪との死闘(?) 中でもリンゲルを打ちながら広報日程を消化している。 冗談半分で話そうとするなら'点滴闘魂'を発揮中だ。

だが、からだ状態が良くなくても気力が出るほかはないこと。 映画試写専任にも'映画がよく出てきた'という好評がもれて、久しぶりのスクリーン復帰作に同僚俳優の称賛が続いている。

彼は"よく出てきたという話が聞こえるほど不安だ。 すでにとっておいたが、人々期待値が高まる"と茶目っ気幼い話を伝えた。

引き続き自身より他の俳優を褒め称えて球を周辺の人々に回した。 彼は"今回の作品ではアクションよりリアクションがさらに多い。 アクションをあたえる人々がいてこそリアクションが出てくるのに皆途方もない俳優だけで私は良く従っていった"と謙虚な話を残した。

彼の話を単純なリップサービスに受け入れることができないのは作られたより率直なのを表わすことを願うチュ・ジフンの性格のためだ。 実際の去る2009年かんばしくないことで調査を受けた時も自ら疑惑を認めたことがある。

チュ・ジフンはこれと関連して"嘘をつきたくなかった"と明らかにした。 音声判定が出た状況で否認したい考えになっただろうし、多くの人々がその道を選ぶことが明らかだが"色々岐路に立つことになるが、そうしてはいけないこと"という所信を伝えた。

また"私の誤りなのに当然耐えて受け入れなければならない持分だ。 誤りをしたら罰を受けて反省しながら生きていかなければなければならないと考える"と付け加えた。

チュ・ジフンはこれまでの空白を破って3年ぶりのスクリーン復帰に続き5年ぶりのブラウン管カムバックも控えている。 彼はSBS週末ドラマ'五本の指'で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト役に扮し8月スクリーンとブラウン管を行き来する予定だ。

[マイデイリー 2012-07-24 13:12] 元記事はこちらから

20120724-11.jpg 20120724-12.jpg 20120724-13.jpg

※やっぱこれ'あしたのジョー'の引用っぽいなあ、ジフニったら^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。