★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘スクリーン復帰’チュ・ジフン、1人2役コミック演技で麻薬波紋洗うか
2012年07月24日 (火) | 編集 |
チュ・ジフンが麻薬波紋以後3年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

彼が復帰作で選択したことは映画‘私は王である’で劇中チュ・ジフンは世宗の幼い時期チュンニョンと奴婢トクチルで1人2役演技に挑戦する。

チュ・ジフンが初めての挑戦するコメディ映画‘私は王である’という王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品。

これに伴い‘私は王である’が俳優チュ・ジフンにあたえる意味は格別に見える。 これは2009年映画‘キッチン’以後3年ぶりのスクリーン復帰作なのに加え初めて試みるコミック演技、史劇演技であるためだ。

その上去る2009年大麻草喫煙疑惑を認めて軍に入隊したチュ・ジフンがミュージカル‘ドクトルジバゴ’出演を固辞して選んだうえにビジュアルでない演技発展に重点を置いたのでより一層関心が集まっている。

これに伴い、モデル出身でその間演技力よりはハンサムな容貌でさらに注目されたチュ・ジフンが果たして1人2役をまともに消化したかも観客らにコミック演技に対する拒否感を与えはしないのか耳目が集中している。

これはチュ・ジフンは去る2006年出演したMBCドラマ‘宮’で皇太子イシン役に名前を知らせた後ドラマ‘魔王’、映画‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’、‘キッチン’等に出演したが演技力に大きく注目されていられなかったためだ。

これに配給会社ロッテエンターテインメントのある関係者は"チュ・ジフンが1人2役の演技をよく消化できようかと思う恐れがあったことは事実だ“ミョ“だが、かえってそうした点が新鮮に作用することができると考える。 モデル マスクの彼がコミック演技をすればどうか気になった”とキャスティング背景を説明した。

その他にもかんばしくない事件にまきこまれた彼の生半可な復帰ではないのかという否定的な視線に対して“本人もたくさん反省していて観客らの評価を受け入れるという立場だ”として“負担感がないわけではなくなっているだろうが演技で見せると明らかにした。 今回の映画を通じて演技と評価されようと思う欲が強い”と伝えた。

だが、チュ・ジフンのコミック演技変身が新鮮なことで近づくことができるのかまた、その間の空白を色あせさせることができるかは観客らの選択を見守らなければならないものと見られる。

一方‘私は王である’という来る8月9日封切りする。

[ファイナンシャルニュース 2012-07-24 01:21] 元記事はこちらから

※あれ、ジフニ‘ドクトルジバゴ’は喉を痛めたから下車したわけで、映画のために出演を固辞したんじゃないよね、ただ単に記者さんが無知なだけ?それともホントにそんな、、、わけないか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。