★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン、イ・ビョンホン-ハン・ソッキュと比較"なぜそうしますか"[インタビュー]
2012年07月24日 (火) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が史劇に戻った。 その上コミック演技だ。 すっきりしていてとうとうたる、時々は艶がなく見えたこの男が映画'私は王である'(監督チャン・キュソン、製作テイジエンタテインメント)を通じてまともに壊れた。

チュ・ジフンが来月9日封切りを控えている映画'私は王である'で3年ぶりにカメラ前に立った。 大衆の前に姿を見せなかった3年の間チュ・ジフンは30代になったし、軍隊も行ってきた。

去る2005年六寸ドラマ'昔の恋愛'でデビューしたチュ・ジフンは以後ドラマ'宮' '魔王',映画'西洋骨董洋菓子店アンティーク' 'キッチン'などを通じてスターダムに上がった。 だが、彼は2009年大麻草喫煙疑惑で不拘束起訴されたし懲役6ヶ月と執行猶予1年、社会奉仕命令を宣告された。 以後チュ・ジフンは2010年2月入隊したし、特戦司令部常勤予備役で服務して昨年11月転役した。

大変な時間ぐらいさらに成熟して帰ってきたチュ・ジフンは俳優として、人間としてもう少し固くなったように見えた。 そして豊かになった。

20120724-5.jpg 20120724-6.jpg 20120724-7.jpg


'私は王である'というそのようなチュ・ジフンの余裕がにじみ出る作品だ。 今回の作品で既存のイメージを果敢に破るコミック演技に挑戦したチュ・ジフンは先立って公開された予告篇だけでも視線をひきつけた。 'このように正しい男がコミック演技もできるんだね'という気がするほどだ。

"撮影会場は全く同じだったよ。 テスト撮影をする時ドキドキしました。 カメラがフィルムでデジタルに変わってカットをたくさん行くことができて良かったんですよ?(笑い)"

"台本がずっと読まれました。 虚構なのに詰まるのもなかったんですってば。 みな話になったし十分に共感できましたよ。 事実チュ・ジフンすれば思い出すイメージは作られたことで友人らと会えばよく遊ぶ姿もあります"

'私は王である'という王になりたくなくて月談を敢行した世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品だ。 今回の作品でチュ・ジフンは小心な世子チュンニョンと話よりはげんこつとからだが先んじる奴婢トクチルを引き受けて1人2役に挑戦した。

デビュー後初めて史劇に挑戦しただけ負担感も相当したようだ。 さらには既にチュ・ジフンが持っていた'チャドナム'イメージを果敢に破ってしまうコミック演技だなんて。 "すべてのジャンルのすべての演技は難しいです。 してみるからやさしいのが一つもなかったんですよ(笑い)。史劇だとさらにそうとは分からないです。 事実私が笑わせなければならないという負担感はなかったです。 ポイントがあちこちに配置されていてキャラクターだけでは演技すれば良かったんですよ"

初めて挑戦する史劇にコミック演技まで二種類だけでも大変でしょうにチュ・ジフンは'私は王である'でもう一つの挑戦をした。 まさにチュンニョンとトクチル、1人2役演技だ。

"いくらスケジュールをよく塩辛くても重なる場合ができてこんがらかったりもしました。 複雑にしなくてトクチルがチュンニョンがなるまで、チュンニョンがトクチルがなるまでの中間地点を考えましたよ。 トクチルは奴婢で、色々なキャラクターを準備したのに結局シナリオにある一次的に考えられるキャラクターで演技しました"

今回の作品で1人2役を演技して認知チュ・ジフンはたびたび俳優イ・ビョンホンと比較されたりした。 イ・ビョンホンも今秋封切り予定の映画'鉱害、王になった男'(監督チュ・チャンミン)で1人2役に挑戦するため。 特にイ・ビョンホンとチュ・ジフン全部デビュー後初めて史劇と1人2役に挑戦するというために二人は作品のジャンルが違いにもかかわらず、しばしば比較された。

"明確に他のジャンルなのになぜそうしますか。 ハハハ。 映画'キッチン'をする時も似た経験がありました。 'キッチン'の前作品が'西洋骨董洋菓子店アンティーク'であるが二つとも食べ物を作って、フランス語を使うから似ているように見る人々がいましたよ。 コンサートを考えられれば良そうです。 二時間の間歌を歌って踊ってもみな他の公演ではないですか? 同じことです"

イ・ビョンホンだけでなく 俳優ハン・ソッキュが昨年ドラマ'根強い木'で世宗大王イドを演技してチュ・ジフンは意図しないように二つの先輩たちと比較にあわなければならなかった。 "'私は王である'という王になる前チュンニョンの話です。 多分プリクォル概念で見れば良いことのようです"

質問にじわじわ答えるチュ・ジフンは確かに3年前の作品より成熟して安らかに見えた。 もちろんチュ・ジフンが以前より成熟して安らかになったという感じは記者の極めて個人的な考えかも知れない。 だが、チュ・ジフンの演技は確かに3年前より深かった。

そうしたためか先立って進行された'私は王である'製作報告会で相手役を引き受けた俳優イ・ハヌィの称賛がすごかった。 イ・ハヌィは"チュ・ジフンは代役不可能な俳優"としてチュ・ジフンに対する賞賛を惜しまなかった。

"同じ演技をしながら誰かを称賛するということは彼らがはるかに余裕があってできるようです。 イ・ハヌィ氏はとても良い子供です。 現場で皆が認めました。 何というかミスコリア イメージが強いが演技をしてみればそうではありません。 集中度も準備してくるのも多いよ。 現場でハッピーウイルスを伝える役です。 いつも笑います。 えくぼがわけもなくあるのではありません(笑い)"

デビュー後映画とドラマだけでなくミュージカルを通じて舞台演技も実らせたチュ・ジフンは今回はバンドにも挑戦した。 2年前から知人たちと共にバンドを結成したチュ・ジフンは最近バンドの作業室も整えた。

"チェスターズ、名前はピエロという意味です。 曲はずっと作っていました。 5~6曲作ったし、私たちの気に入るほどならばアルバムを製作するつもりです"

俳優として一層成熟した姿で大衆前に立つチュ・ジフンの将来がより一層気がかりだ。

"俳優としてどのようにあらわれようというつもりはないです。 いつも過することも減ることもなく意図に合う話をしたいです。 その話に属している生活を送らなければならないですね"

[TVデイリー 2012-07-23 16:56] 元記事はこちらから

※ジフニの成長を感じ取ってくださった記者さまコマスミダ~。
映画は無事仕上がりあとは観客の判断に委ねられるわけでドキドキする~(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。