★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '後宮',世界へ行く…日本・台湾・オーストラリアなど8ヶ国販売
2012年07月23日 (月) | 編集 |
映画'後宮:帝王の妾'が総8ヶ国に販売される成果を成し遂げた。 国内興行に力づけられて世界市場を攻略する展望だ。

12日ロッテエンターテインメントによればキム・デスン監督の'後宮:帝王の妾'はシンガポール、日本、香港、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、ブルネイなど総8ヶ国に販売された。 映画は去る5月カンヌ国際映画祭フィルムマーケットに現れた後好評を得て海外バイヤーらの間で話題を集めた。

特に日本の場合'高地戦' 'チョンウチ' '超能力者'など話題の韓国映画を配給した'TWIN'が日本国内配給を引き受けて目を引く。 映画会社‘TWIN’の関係者は"永らくキム・デスン監督のファンだった"と明らかにして"'後宮:帝王の妾'を配給することになって非常にうれしくて、このように素敵な映画を日本観客らも興味深がったら良いだろう"と期待感を表わした。

映画の流麗な映像美は韓国の古典的美しさを眩しく表わした。 海外観客らにエキゾチック情緒を伝えることができる地点だ。 ここに愛のために後宮にならなければならなかった花宴(チョ・ヨジョンの方)の視線で宮中で広がる権力争いを描いただけ国家と時代を超越した普遍的共感を形成する展望だ。

'後宮:帝王の妾'は19才以上観覧可であるのにかかわらず、約260万人の観客を動員して長期興行中だ。

[ジョイニュース24 2012-07-12 13:51] 元記事はこちらから

20120719-6.jpg

※ずいぶん前にチェックした記事ですがようやくアップ~。
高知戦の公開も待ってます~。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。