★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘二結一葬’パク・ジョンピョ“純政派ゲイ青年、始まりに過ぎなくて”
2012年07月22日 (日) | 編集 |
クィア ロマンチック コメディ<二度の結婚式と一度の葬式>で観客に‘同性愛も異性愛も皆同じような純情’と説得する張本人は田舎未婚の男性ゲイ ティナを演技するパク・ジョンピョだ。 重要なことは、彼がこれからティナと全く違う姿で私たちをずっと驚かせることという事実だ。

映画でティナが一番引き立って見えるといったところパク・ジョンピョが拒絶しながらこのように話す。 “演劇やミュージカル舞台では主人公もたくさんしてみたが映画で比重ある役割を受け持ったのは今回が初めてだと下手で私の気持ちのようにはならなかったんですよ。 役割が良くてそれなりによく出てきたようです。”淡々とした表情を見ると余計な掛け板ではないようだ。 それはまもなく‘<二度の結婚式と一度の葬式>(以下<二結一葬>)のティナは俳優パクジョンピョの始まりに過ぎない’という意だ。

ティナはいつも明るくて明るいが誰より苛酷で孤独を耐えてきた外柔内剛型人物。 子供のようなあどけなさと一人で悲しみを飲み込む弱々しさが共に感じられる。 その姿が溌刺としたクィア ロマンチック コメディ<二結一葬>の心臓に白い純情を植えて胸が痛いドラマの動力を作る。 俳優パク・ジョンピョを刺激したこともやはりまさにその点だった。 “シナリオを読む時から‘俳優なら誰でもこの役割をしたがる’という気がしました。”

“する、そうする。”ミュージカル<ラクシト>と<パルレ>の舞台で彼を注視して<二結一葬>のシナリオを渡したキムジョグァンス監督の返事は簡単だった。 事実<ラクシト>の冷笑的な30代青年制服、<パルレ>の移住労働者ソロンゴ、<二結一葬>の純政派ゲイ青年ティナ、今公演中である演劇<模範生>の抜いた質が水患と演劇<きらサキ・ミッキー最高>の‘明朗オタク’スネークは一つで貫きにくい程多様な人物.

“あの自ら俳優下記には中途半端になったと考えます。 とても個性がありそうなものでもなくてそれでも誰か見ても主人公する程こぎれいそうなものでもないでしょう。 そうしたためか本当に多様な役割が入ってきます。 毎度一度もしてみたことない役割が入ってくるんだから。 それが私の長所であり短所であることのようです。”断言したところ、それはパクジョンピョのものすごい長所だ。 そのような特性がこのように立派な心がけを育てたためだ。

“その人物が私とどれくらい似ていてから、私とどれくらいよく合うかを問い詰めてみるならばその人物と私がぶつかって演技を切り取りましたよ。 それでもうその人物をそのまま受け入れようとします。 私を必要とする役割があるならばそれがどんな役割でも受け入れる準備ができていなければならないと考えますね。 役割を受け持てば無条件最善を尽くすのが俳優でしょう。”

恐れを分からない人にはそのどのことも障害にならない。 “俳優になって本当に良いです。 他の話をする時は関心がなくなるのに一日中舞台に立って降りてきても演技の話だけすれば楽しくなりますね。 時々は演技する夢も見ます。”その上俳優パクジョンピョの情熱はなかなか冷める方法を分からない。 もう一度話すが、<二結一葬>のティナは彼の始まりに過ぎない。

[movieweek 2012-07-03 16:27] 元記事はこちらから

20120722-8.jpg

※愛すべきティナはパルレのソロンゴもやった方なんですね~、なんか雰囲気!
彼の歌声、映画のOSTから下にしまいます~。



영화[두결한장]OST 종로의 기적 - 박정표


これエンディングに流れてた歌。
最後の最後まで一人になっても見ちゃった^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。