★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [チン・ヒョンチョルのスターの格別話]映画‘二度の結婚式と…’同性恋愛者役キム・ドンユン
2012年07月22日 (日) | 編集 |
“率直にキムジョグァンス監督様に対してさえよく知らなかった。 私が関心がある分野を演出した方でもなかったんですよ。 だが、今回の映画を作って正しく知ることになりましたよ。”(笑い)俳優キム・ドンユン(32)は2ヶ月余り完璧な‘ゲイ’になった。 映画‘二度の結婚式と一度の葬式’(以下二結一葬)でキム・ドンユンを脱いで全く違う人物‘ミンス’になった。 同性の友人を異性で考えてみたことが一度もなかったキム・ドンユンは初めにゲイが使う‘ベッド用語’が見慣れないだけだった。 だが、性格も変わったし、男性にも引かれる感情ができた。 ‘ひょっとして?’という疑いを彼に投げても当分は大丈夫だ。 誤解は飲みなさい。 同性愛者演技をとても上手だったという表現だ。

“短い時間ミンスで生きながら間接的にたくさん感じましたよ。 一般の人々と同じように同性愛者らに‘不快な気がする’という考えを持っていました。 ‘ところでこういう人々もいるんだね!’と知ることになりました。 監督様に影響を受けたのももちろんあります。 我が国に性少数者がどれくらいなるかは分からないが、撮影しながら同性愛者に向かった偏見がたくさん消えたし、視線も変わりました。”

‘二結一葬’は結婚適齢期ゲイ カップル(キム・ドンユン'ソン・ヨンジン)とレズビアン カップル(リュ・ヒョンギョン'チョン・エヨン)が現実の妥協案で偽装結婚を敢行しながら体験することになる話。 周囲に同性愛者とカミングアウトをできない医師ミンス(キム・ドンユン)と医師ヒョジン(リュ・ヒョンギョン)は非常突破口で偽装結婚を選択、自ら‘幸せな’日常を設けていく。

キム・ドンユンは“なぜ男が男を好きで、女が女を好きなのか理解できることになった。 過去のトラウマのために同性が異性より良くなったり、お互いをよく知ることになって楽になる関係になったりもするようだ”と首を縦に振って相変らずミンスに没頭した。

多くの俳優が同性愛者らの愛の物語のためにミンス役を断った。 キム・ドンユンはひょっとしてキムジョグァンス監督が出演要請をしてきた時おじけづいたり変だと考えてはいないだろうか。

またハンサムな容貌とがっしりした体格を持ったキム・ドンユンがキムジョグァンス監督にセックスアピールしてはいないだろうか。

“監督様に会う前にホン・ソクチョン氏に会ったことがありますね? 同性愛者は初めて会った時かえってさらに気を付けて下さい。 握手をしても相手が不快さを感じることもできるという考えにさらに気を付けるといわれましたよ。 初めて見て好感があっても表現しないとするそうだね。 そのような心理状態を知ることになったからなのか監督様に初めて会った時も特別な考えはないです。 また、すでに(19才年下)ボーイフレンドがいると明らかにされましたよ。”(笑い)

20120722-7.jpg


#別の俳優は配役拒絶…私は満足

‘二結一葬’は実際キムジョグァンス監督の周辺人物の話が反映された。 偽装結婚したカップルという素材も実際周辺の話だ。 キム・ドンユンが演技したミンスのキャラクターも実際人物だ。 キム・ドンユンは“これらに会って多くの話を聞いたし、監督にも‘レッスン’を受けた”と打ち明けた。 自らゲイ コミュニティに入って勉強をすることもした。 “意も分からない用語で台詞を言うことにはならなかったから”として当然であるように笑う。

ミンスが感情を爆発させてカミングアウトを宣言するシーンは特に印象深い。 キム・ドンユンは“今するならばもっと上手くやることができるようだ”として“飽き足りなくて、惜しい”とした。 “数百度読んでみたし、十分に分かるといって自信ありげに撮影したがどうしても限界だったか見ます。 監督様がカミングアウトなさったの方ではないですか? その感じと感情を体で吸収して見せることができなかったようで残念です。 数値で問い詰めれば57.2%程度満足します。”(笑い)

キム・ナムギル(後悔なんてしない'2006),ユ・アイン(俺たちに明日はない'2007),イ・ジェフン(友人の仲?'2009)等キムジョグァンス監督と作業してスターになったこれらが多い。 キム・ドンユンもやはり“期待はなる”としたが“そのように考えれば終わりがないから適当に‘そのようなことがあったんだね!’という考えだけしている”と話した。

#実兄もびっくり登場、演技称賛して

“私は良い映画を撮ったことに満足します。 どんな位置に上がるかが重要なのでなく本当に長く演技をしたいですね。 挙動が具合が悪くなる前までは演技をしたいです。 もうデビュー12年目なのに幼かった時は頂上だけ見て走ったが今は違います。 キムジョグァンス監督様と俳優らに会ったことを永遠に忘れることができないと思います。 低予算映画なのに赤字だけ見なかったらと思います。 それでこそ‘二結一葬’チームが会食でもできないでしょうか?”(笑い)

キムジョグァンス監督の次の作品にも出演要請があれば‘コール’だ。 ただ、ベッドシーンだけなければ良いと望んだ。 劇中相手役ソン・ヨンジンと舌まで利用した激烈なキスシーンに対する感じを尋ねると“艶がないひげを抜いては女性とキスすることと違わなかった”として“マインドコントロールで撮影を無事に終わらせることができた”と回想した。

キム・ドンユンの兄も俳優。 兄のキム・ヒョクは‘二結一葬’にキム・ドンユンの恋人に出てくるソン・ヨンジンの最初の恋人で少しの間登場した。 “監督様がそうするのにうちの兄がゲイが好む顔といわれましたよ。 兄がシナリオを見ていておもしろいと快く許諾しましたよ。 率直にあの兄に称賛を受けたことがなかったが今度は‘この程度でやり遂げるとは思わなかった’と称賛しました。 自分の弟のようでありませんって(笑い)。 率直に怠惰になるかと思って話しないのに今度は言って良かったんですよ。”

キム・ドンユンは撮影が皆終わってドラマKBS 1TV ‘山向こう側南村には2’に復帰した時ミンスのキャラクターが残っていて他の配役に没頭するのが難しかったと打ち明けた。 彼はミンスですぐ抜け出すことができたがかなり長く残像が残っていたと吐露した。 だが、相変らずミンスのキャラクターの余韻が良いことはあるんだ。

子供がとても好きだという彼はまだ結婚前だが子供が早くできてあれこれ用意して一緒に遊びたいと望んだ。

[毎日経済 2012-06-28 16:48] 元記事はこちらから

※ミンス役のドンユンくんはJYP出身。ちょっとヨンハちゃんに似たピュアボーイでかわいかったけどこの記事で知ったお兄さん、かなりイケメンで印象的なグラス割っちゃう人かなあ、もう一度見直したい(>_<)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。