★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 映画'私は王である',マジック ショーケースで観客'魅了'
2012年07月21日 (土) | 編集 |
映画'私は王である'のマジック ショーケースが開かれた。

20日ソウル延世大学校100周年記念館で映画'私は王である'のマジック ショーケースが開かれて主演俳優チュ・ジフン、イム・ウォニ、イ・ハヌィ、キム・ソヒョンが参加した。

この日の行事場所延世大学校100周年記念館は約1000席の規模を自慢する。 映画‘私は王である’を向かった期待でいっぱいである観客は映画封切りに先立ち満席に近い磁石を満たして熱を帯びた呼応を見せた。

魔術師チェ・ヒョンウの‘マジックショー’でショーケースは始まった。 朝鮮時代で逆らって行った映画‘私は王である’と魔術はどんな関係であろうか。

派手な照明の下繰り広げられた彼のマジックショーは満席を一杯にした観客を魅了させた。 チェ・ヒョンウは雄壮な挨拶とともに魔術を見る規則、最初疑うな。 二番目質問しなくを紹介するかと思えば牛乳が消える魔法をお目見えして‘私は王である’という注文を叫んで観客の呼応を継続した。

また、映画に出演した子役俳優キム・ソヒョンが直接舞台に上がって、魔術師チェ・ヒョンウと呼吸を合わせた。

‘私は王である’という王になること恐ろしくて宮で逃げるチュンニョン大君(チュ・ジフン扮)が同じような外見な奴婢トクチルに会って広がる設定のコメディ時代劇だ。 同じような外見な人との出会いが魔法のようで起こるだろうか? 席をいっぱい辛い観客はマジック ショーケースを通じてさらに深く映画の魅力を陥った。

映画'私は王である'とは'おもしろい映画(2002)','女の先生VS女弟子(2004)'と'イチャンとグンス(2007)'などで観客になじんだチャン・キュソン監督の新しい作品だ

皇太子の席が負担になるばかりのチュンニョン(チュ・ジフン扮)は苦心の末に宮を脱出することに決心して月談を試み、チュンニョンを必ず似ていたトクチル(チュ・ジフン扮)という名前の奴婢に会うという設定のこの映画は久しぶりに大衆の前に立ったチュ・ジフンとペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニなどこくのあるベテラン演技者の呼吸がどのように交わるのかすでに期待が集められる。

一方世宗大王がまだ世子もなることができなかった時期…ある瞬間のミスで奴婢になり、奴婢が王になるところだった世宗秘密実録コメディ時代劇'私は王である'という来る8月9日観客を訪ねて行く。

[エクスポーツニュース 2012-07-20 19:48] 元記事はこちらから

20120720-7.jpg

※現場の様子は明日の夜に繰り越しで~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。