★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [星星トーク]チュ・ジフン、軍除隊後初めての作品…熱心に広報しなければならないですね
2012年07月20日 (金) | 編集 |
王と奴婢行き来する1人2役
正反対キャラクター完ぺき消化
"興行執着しないこと"


すでに転役して7ヶ月だ。 一般的に芸能兵士で軍服務をしたと理解しているけれど違う。 現役で特戦司令部で軍服務を無事に終えた。 美男韓流スターで王子役が相変らずよく似合うチュ・ジフンがいつのまにか30代になった。 20代に軍に入隊したチュ・ジフンに変化が存在するしかない。

“昨年11月21日転役したから7ヶ月なりましたね。 この前に予備軍訓練も行ってきました。 軍規だ。 全(前)そうします。 とにかく手を抜くと家にはやく送ることでもなくて熱心にしろというというまますれば即座に終わります。 そのような主義です。 変化ですか? 20代に入って30代になって出てきたのでひとまず年を取りましたよ。 とても少し豊かになったようです。 心をゆっくり持つようになって。”

チュ・ジフンの軍除隊後初めての復帰作は8月9日封切りする‘私は王である’だ。 1人2役だ。 同じような外見だったがひとりは後ほど世宗大王になるチュンニョン大君でまた、ひとりは奴婢トクチルだ。 王になりたくなくて世子に冊封されるや月淡白なチュンニョン大君が飛び降りながらトクチルとあたる。 トクチルは自身が片思いした主人の家のお嬢さんが家が粉々に砕けること出ながら中国明国に売られる危機に処するとすぐに宮廷に踏み込んだ中であったこと。そして二人は各自の身分と正反対の位置で新しい生活を始める。

“シナリオを受けるやいなや一度に読んでしまったし覆うやいなや決めました。 本来ちょっとそのような性格でもします。 しない時はしないけれども気に入ればすぐに選択します。 今回の映画に対する負担感です? うまくいけば良いでしょう。 だが、興行は俳優が思うままにできるのではありませんから。 あの一つ戦々恐々とするといって良いのではないでしょう。 広報は熱心にしなければならないですね。”

1人2役なのに加え着ている衣装とは正反対のキャラクターを演技しなければならなかった。 俳優としては容易ではない配役であっただろう。 それでもチュ・ジフンはチュンニョン大君とトクチルの立場で驚くべきである程当たり前のように役割を消化した。 そうであるから、チュ・ジフン自らこの映画に注いだ努力と汗が十分に感じられる。

“史劇だと見ると衣装もそうで準備するのに時間がたくさんかかりましたよ。 同じ期間途方もなくたくさん撮りました。 扶安、昌寧、全州などセットがある所ならばどこでも移動しなければならなかったんですよ。 ずっと監督様と話を交わしながらモニタリングも絶えずしました。 ひとまずたくさん撮っておいたので私としては予想になりません。 どのように編集になるかも知れないです。 とにかく90%以上の占有率で私が登場する初めての作品であるでしょう。 140シーン程度撮りました。”

去る6月14日最後の撮影を最後にチュ・ジフンは除隊後初めての復帰作を無事に終えた。 もう観客らの選択に任せなければならない時間だ。 また、一つ、チュ・ジフンの次期作が決定された状態だ。 SBSドラマ‘五本指’で今月末には撮影に入らなければならない。 そのようにチュ・ジフンはじわじわ今演技にまた没入中だ。

[スポーツワールド 2012-07-20 20:45] 元記事はこちらから

20120720-6.jpg

※今日は映画のショーケースがあったそうで写真がもりもりアップされてますが時間とられそうなのであとまわしに~(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。