★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'スターアンドジョイ'チュ・ジフン“王・乞食1人2役…2編撮った感じ”
2012年07月20日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが映画‘私は王である’でコメディ演技に挑戦する。

‘私は王である’は朝鮮時代世子チュンニョンが彼と同じような外見な奴婢トクチュルを会いながら役割変えることを通じて王になる過程を描く。 この作品でチュ・ジフンは世子チュンニョンとトクチュルを引き受けて1人2役を消化する。

モデル出身で都会的イメージを漂う彼が史劇に、それもコメディ ジャンルに出演するのは意外だ。 一部では2009年麻薬投薬疑惑で芸能界生活をたたんで入隊した電力を聞いて彼が‘話題追求’でこの作品を選択したらしいとの推測が出回ることもした。 だが、去る17日ソウル、中区、忠正路AM7本社で会った彼は“私は何か計算して生きる人ではない”として“このような機会に感謝して私に与えられたことに最善を尽くすだけ”と話した。

熱心に平気で答えたがこれまでの‘精神的苦労’は察してあまりあった。 話題を変えて“コメディ演技をしようとすれば見慣れなくて骨を折らなかったのか”と尋ねた。

“演技はみな難しいようです。 真剣な演技をする人はコメディはそのままとことん行けば良いといって、コメディをする人々は真剣な演技は重さだけ捉えれば良いといいます。 軍隊と演技は全く同じであることのようです。 誰でも自分の職務が一番重労働の難しいといいます。”

事実彼に今回の選択が特別なものではなかった。 ドラマ‘宮’を終わらせて‘魔王’を経て‘西洋骨董菓子店アンティーク’でクィオムル(同性愛)もしたし‘キッチン’で低予算映画も撮った。 以後‘ドンジュアン’でミュージカル舞台にも立った。 自身はただある作品を選択したことであるだけなのに人々は底辺に敷かれた‘意図’だけ見ようとするのが惜しかった。

今回の作品は見慣れないジャンルがあたえる困難よりは1人2役を消化することが大変だった。

“映画二編を撮ったようでした。 主演格である二つの人物を一人で演技して見たら多くてこそ普通70テークならばなるのを私は140シーンを撮らなければならなかったんですよ。 その上この頃はデジタルカメラを使うのにフィルム値心配しなくてむやみにとりまくると二倍で大変です。 デジタル世の中が俳優には大変ですね(笑い).”

世子と奴婢キャラクターをかわるがわる演技をして見たら技術的な問題もできた。 世子と奴婢が共に登場するシーンでは代役との時間差、からだ動作まで神経を使わなければならなかった。 普段衣装や小道具に意志をたくさんするほうである彼は王服を着た奴婢、乞食姿の王を演技することが最も紛らわしかった。

“三日飢えたことであって演技をするべきなのに王服を着ると思わず清潔な感じの煙が出てくるが何ですか。 その反対状況も同じだよ。 こんがらかって困りきりました。”

このような時最も役に立つのは相手俳優のリアクションといった。 特に今度はイム・ウォニとキム・スロの助けをたくさん受けた。

“兄たちがとても有難いです。 トゥクィ ウォンヒ兄は人生先輩として助言をたくさんして下さいました。 上手にする人と演技すれば(実力が)たくさん増えるのにそれが本当に事実らしいです。 兄たちのおかげで今回私が得たのが多いです。”

まだ映画の完成本を見ることが出来なかった状態だが彼は“500万観客が目標”として“500万を越えれば乞食の姿で大学路を闊歩する”という公約(?)も掲げた。 “事実何も神経使わないで人々隙間から自由に歩き回りたいです。 公約を言い訳にして楽しくのことですよ。”

もう彼はSBSドラマ‘五本指’に出演して天才ピアニストに変身する。

“弘大でバンド活動をしていることだし音楽素材のドラマは大きく負担がないが天才キャラクターだというのが気になりますね。”

よく作られたメロ映画に出演してみたいという意も明らかにした。 “私が愛する年齢になったのではないですか。 演技にバンド活動もしなければならなくて公演も見て歩かなければならなくて愛する時間がないから映画を通じて愛してみたいです。 ところで良いメロはとても尊くて私に順番がくるかも知れないでしょうね。”

[文化日報 2012-07-19 08:33] 元記事はこちらから

20120719-1.jpg 20120719-2.jpg

※バンド活動もしなければって、むっちゃ前のめり(爆)。
映画を通じてメロ希望というならまずドラマ宮2でウネちゃんとの再共演お願いしたいなあ(>_<)


にしてもアンティークでジフニは同性愛役じゃないし‘キッチン’で低予算映画も撮ったなんてそんな言い方しどい;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。