★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [★インタビュー] 'バッドボーイ'チ・チャンウク"誰かを憎んでみようとする"①
2012年07月19日 (木) | 編集 |
目があまりにも美しい俳優チ・チャンウクが劣等感にすべて一つになった男に戻る。

チ・チャンウクはSBS新しい週末ドラマ'五本指'で兄チュ・ジフンと対立を広げる弟で初めての悪役に挑戦する。 映画'Primal Fear'のエドワード・ノートンのように善良な印象の俳優も背筋が寒くなるほど悪い奴になることができるということをチ・チャンウクを通じて私たちは期待している。

劇中チ・チャンウクは浮栄グループの次男であり浮栄楽器の企画室長ユ・イナ役を担った。 ピアノに対する情熱が格別だがいつも兄ユ・ジサン(チュ・ジフン)の持って生まれた才能に押されて劣敗感が激しいうえに突然の火災で手に致命的な火傷をして理性を失っていく人物だ。

-'五本指'でチ・チャンウクが引き受けた役割は何か?

誘引する兄に何かを奪われて傷を負って劣等感を着て被害意識にすべて一つになっている。 そこに自尊心まで強くて兄と一緒にいることさえ嫌いだ。 常に兄に対する劣等感に嫉妬して腹が立って怒るキャラクターだ。 だが'人'同じだ。 この友人は兄を憧れるが表現する方法が少し違ったことだ。 ママに捨てられたという傷、兄にママを奪われたという傷のために世の中を眺める視覚が曲げられることになったしそのように育ってきた。

-すでにキャラクターを愛するようだ。

常にそのようにしてきた。 もちろん不足したのは多いがどのようにすればもう少し敗れる良い演技で視聴者と疎通できるか常に悩む。 それで今回は台本を見て'本当にどんなひとりを嫌ってみようか?'という考えもした。 一度嫌ってみるかもしれないと思う。

-初めて接した悪役だ。 その間'笑ってトンヘ' '武士ペクドンス' '未婚の男性君の野菜店'で常に明るい役割だけしてきたが恐ろしいことはないのか。

初めて試みることに対する不安感はある。 '果たして私がよく消化することができるだろうか? イメージが悪くならないだろうか?'という心配があるが反面おもしろいようだ。 その間とても明るくて明るい役割だけしてみると固まったのがあった。 画道出してみたくて嫌ってみたい心があった。 その間キャラクターが誰か困らせれば常に寛容に容赦しなければならなかった。 そこに対する疑問が常にあったしそれを理解するまで大変だった。 今回のキャラクターはそのような悩みがなくて良い。

チ・チャンウクは初めての悪役に対する期待が大きかった。 そしてその中にときめきもあった。 あのようにきれいな目で、慎ましい微笑で'悪いX'を表現するというのが想像が良く行かなかった。

-映画'Primal Fear'のエドワード・ノートンが浮び上がる。

'Primal Fear'はおもしろくみた映画だ。 その映画を見てエドワード・ノートンに陥ってその人が出てくる映画をみな探してみた。 エドワード・ノートンはバカのように見えるほどとても優しくなった。 だが、最後にまた他の人格を見せた時が最も印象が深い。 私も果たしてあのように表現することができるだろうか。 もちろん比較するのではないが事実そのように演技すればどれくらい良いか。 今日またその映画を見なければならない。

-チ・チャンウクが表現したい悪役は?

悪役というのが他の見方をすれば1次元敵で主人公と悪役で分けるが悪と線が曖昧になったりもする。 また、悪役だとしてビジュアル的に語り口も礼儀をわきまえなくして目つきを数えるようにするといって'本当に相手方を困らせることができるだろうか?'という考えもした。 私が考える今回のキャラクターは悪役であるほど余裕があれば良い。 笑いながら困らせる人々がさらに恐ろしいではないか。

-'五本指'とは'妻の誘惑' '笑います、ママ' '天使の誘惑'のキム・スンオク作家が執筆した。 一時どん詰まり論議の中心に立った作家だ。 知っていたのか?

'五本指'は台本がとてもおもしろくて台本を見て作品を選択したのだ。 私がイナになった以上キム・スンオク作家様をお母さんで、チェ・ヨンフンPDをお父さんと考えて信じて行くだろう。 俳優がお互い信じられなくて作業をするのは不幸なことだ。 この前に皆同じく集まってパーティーをしたが雰囲気がとても良かった。 その雰囲気を見ながら'私が悪いことというのは悪いことをすることができるだろう'といいながら監督様を抱いて差し上げた。

-むちで打たれる準備されたか?

何憎くても仕方ない。 視聴者として見る持分は視聴者がしてくれることで私はイナの立場にイナをもう少し理解してなぜ引き下げがこのようにゆがんだのか表現するのが私の持分だ。 風があるならば'イナがなぜ兄を困らせるだろうか'という考えて下さればと思う。

一方SBS新しい週末ドラマ'五本指'とは'紳士の品格'後続で8月に初放送される。

[bntnews 2012-07-18 08:10] 元記事はこちらから

20120718-6.jpg 20120718-7.jpg

※ということはジフニを憎むわけですね(>_<)

チチャンウク氏は去年の年末演技大賞で初めて認識してこんなイケメンいたんだあと(笑)。
今どき珍しい爽やかヒーロー系、昔の野口五郎を彷彿とさせる(爆)正統派。もひとつインタビュー後半を続けます~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。