★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン“大麻草良心告白? 嘘が恥ずかしかっただけ”
2012年07月19日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)は軍除隊後初めての作品で映画<私は王である>(監督チャン・キュソン)を選択した。 ‘朝鮮版王子と乞食’とも呼ばれるこの作品は皇太子席が負担になるチュンニョン大君が宮を脱出した間、顔が同じような外見な奴婢トクチルが代わりに皇太子役割をするという話を入れた。 史劇は初めてのチュ・ジフンは一日にも何度ずつ小心で落ち着いている世子と多血質の奴婢トクチルで顔を変えていって1人2役をした。

-復帰作だと悩みをたくさんしたのにどんな点に引かれて決めたか。

“出演悩みを長くしないほうだ。 話がおもしろくて共感すればする。 今回は一緒にする先輩らに対する信頼が大きかったが、ペク・ユンシク(ファンヒ役),ピョン・ヒボン(シンイク役),パク・ヨンギュ(太宗役)先輩をした作品で会うのは今後も大変なようだ。 この方等を見ること自体が習うことだと現場があたかも学校のようだった。 三人とも性格がすべて違って似ていたい点だけ選んでこようとした。 パク・ヨンギュ先輩は現場を熱情的に導いて、ペク・ユンシク先輩は余裕がある。 ピョン・ヒボン先輩は絶え間ない探求。 三つを合わせればどうなろうかとも想像してみた(笑い).”

- 1人2役をすれば分量も多くて、感情調節も大変だっただろう。

“トクチルはタフで、チュンニョンはとても落ち着いていた。 感情を選ぶと選んだが、モニターをしてみればトーンが落ちるという指摘を受けた。 また、とても上げるならば過されたりもするからディテールつかみが大変だった。 後ほどには演技準備をする時からトクチルである時は過激にからだをほぐして、チュンニョンの時は呼吸を整えながら落ち着いてという式で違うようにした。 トクチルはますます宮生活に適応して、チュンニョンは次第に国民らのみじめな人生に目を開く。 全く違う性格の二人が変化の過程で接する地点があるのにその時はどのように差別を置くべきか悩みをたくさんした。”

-むしろ馬にあったり、足が裂ける傷を負うこともした。 肉体的に苦労を多くしたようだ。

“足をケガしたが糸屑を除去しに病院に行く時間もなかった。 爪切りで私が自ら抜き取ったが、こういうものも人々見るところですべきだ分かって一人ですれば認められることもなかったよ(笑い)。 むしろ馬がにせ物で出来なくて本当であったが、撮って日が昇ったせいで翌日また撮った。 苦痛はなじむ。 私が難しいことよりは護衛武士に出てくるイム・ウォニ先輩が私を背負う場面でOKサインを受けて履き物から石一つを取り出したよ。 とても痛かったことのようでその時たくさん申し訳なかった。”

- 3ヶ月の間全国を通って撮影したが大変な時はどのように心情をなだめたか。

“演技のために本当に気になりながらも夜空を見れば息の根がひらいた。 田舎だと星が空から土地まで続くのに長官だった。 撮影終わって(イム)ウォニ兄と傾ける焼酎一杯も良かったし、体重維持しようと自転車に乗ったのも良かった。 地方でとても健康食だけ食べるとソウル上がってくれば三試三食ハンバーガーだけ食べる時もあった。”

-良くないこと(2010年大麻草事件)がある時避けることができたのに避けなかった(陰性判定がきたが自ら告白した)。

“自らを騙すのが恥ずかしかった。 酒を飲んだ後の好奇心でも失敗にしても間に内選択で私の誤りだ。 お父さんが20才を越えれば君の手で選択する人生とか誰のせいもしてはならないといった。 その時そのまま移ったといっても私は一生嘘をついて生きなければならないことだ。 誰かを守らなければならない嘘でなく私の利益のため嘘をつきたくなかった。 その時嘘をついたら、親しい友人や後日には私の子どもにまで嘘をつかなければならないことではないのか。 それよりは私が叱責を受けて反省すればいつかは許して下さるだろうと考えた。”

-今年32だが40にはどんな姿でしたいか?

“たくさん置いたら良いだろう。 幼かった時は‘一か八か’という気持ちで窮屈に生きた。 幼かった時はそれが私の原動力になったりもしたが、年を取るほど仕方ないのは認めて受け入れる余裕ができたら良いだろう。”

[スポーツ京郷 2012-07-18 19:26] 元記事はこちらから

20120718-5.jpg 20120718-10.jpg

※さいしょh当時のことを何度も語るのは辛いんじゃないかと思ったけどそうじゃない気がしてきた。当時話したかったこと、伝えたかったことを今ようやく表に出せて気持ちが楽になったんじゃないかな。そんなジフニの想いをこうして若干妙な自動翻訳を通してでもリアルに読めることに感謝。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。