★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '復帰'チュ・ジフン"一生嘘をつきたくなかった"(インタビュー)
2012年07月18日 (水) | 編集 |
チュ・ジフンは一時忠武路と放送関係者で全部うらやましがった俳優であった。 笑っていても陰になるとみられる顔と鋭い身振りは彼を危険な青春の表象で作った。

だが、彼は2009年大麻草を吸った疑惑を認めた後軍隊に入隊して人々の目に遠ざかった。 その間チュ・ジフンの席を埋めた後輩が雨後の筍のように生じた。

チュ・ジフンが帰ってきた。 復帰作でチャン・キュソン監督の'私は王である'を選んだ。 '私は王である'は世宗大王が職位直前自身と似ていた賎民を王子に座らせて市廛を歩き回ることを描いたコメディ映画だ。 チュ・ジフンがコメディをする? それも史劇で?

危険な選択である事もあって、安全な選択でもある。 似た設定の'鉱害、王になった男'と比較を避けることはできない。 チュ・ジフンはどう思うだろうか?

20120717-2.jpg 20120717-3.jpg


-大麻草事件当時音声に出てきたのに疑惑を認めた。 最後まで言い逃れても見つけられないこともあったし、そうしたとすればさらに多い活動をすることもできたのに。

▲別に嘘をついて暮らしてみたことがなくて。 お父さんがいつも20才を越えれば人のせいする必要がないといわれた。 上手にしても私のせいで、できなくても私のせいだとおっしゃった。 万一、その時嘘をついたとすれば死ぬ時まで嘘をつかなければならなかっただろう。 金玉の友人らにまでも、後ほど私の家族らにも嘘をつかなければならなかっただろう。

-前の所属会社はちょっと閉鎖的であったのに、除隊する頃キーイーストで所属会社を定めた。 それはチュ・ジフンがこれからもう少し大衆と疎通する方式で生きるという覚悟のように感じられたのに。

▲悩みをたくさんした。 一人でするか考えもしたし。 ところで今所属社の方が何度も訪ねてきて下さった。 初めには断ったがある瞬間誠意が感じられたよ。 同じ系統にある先輩で同僚として聞くことも多かったし。 はるかに良い条件を前に出した所もあったが人性格は変わらないようだ。 そのまま私が好む人々としたかったよ。

-'私は王である'はおもしろい話だがイム・ウォニ、キム・スロ、ペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュなどおもしろい俳優がとても多くもある。 チュ・ジフンが話を導く中心が捕えられてくれるべきなのに。

▲私も心配です。 それでも散漫になるがシナリオがあまりにもおもしろかった。 また、監督様と俳優を信じられたし。 チャン・キュソン監督様はアドリブを俳優に任せるようだけど全くそうではない。 全部計算されたのだ。 俳優らもそれをよく分かる方々で。 かえって今まで作品中最も心配がなかった。

-逆にいえばカムバック作で良い選択でもある。 上手にする俳優らに付いて行く事もできるし。

▲人々は普通平面的な話をするのではないか。 実際には立替で生きていながら。 この話はその質問をひっくり返したと必ずそうではないという意だ。 そのように一面的なのではないという意で。 そういうのを計算して生きたとすれば一人で会社を整えただろう。

-コメディに史劇なのに。

▲私が笑わせなければならないコメディならばさらに悩んだだろう。 だが、この映画は状況がおもしろくてその流れの中でコメディが出てくる。

-王子と賎民、1人2役をしなければならなかったが。 完全に違った人物で演技したか。

▲最初から他の人だと接近した。 歩き方と声、習慣まで他の設定をした。 人々には賎民で演技する時を見て既存チュ・ジフン イメージに比べて科すると感じることもできる。 色々な設定をしたがチャン・キュソン監督様はそれこそ'マ~様'というキャラクターを希望されたよ。

-久しぶりにまたカメラ前に立ったが興味があるか。

▲思ったより震えることがなかった。 考えてみると作品をとる時は家前に出る時から覚悟をするのではないか。 かえってテスト撮影の時どしんとして震えたよ。 そのままやさしい気持ちで行けば。 ア、私が久しぶりにカメラ前に立つク・ナラン気がしたよ。 カメラもフィルムでデジタルに変わっていたよ。

-男は軍隊を行ってくればおじさんとなる。 以前のように手を付ければこわれそうなガラスのようなイメージは消えたようなんだけど。

▲この映画を撮りながら肉を6㎏太らせた。 そうなると歩き方も変わる。 だが、そんなことを離れて感じが以前のようにかみそりのようではないようだったよ。 青春が集中したそんなことは消えたようだ。 もう少し余裕ができたというだろうか。

-実際にそのような余裕が感じられる。

▲良い先輩たち、人々のためであるようだ。 以前にある美容室でチャ・スンウォン先輩にお目にかかって挨拶をしたが"オ、君今上手にしていて。 'アンティーク'上手にしていて。 今のように上手にしなさいね"と激励をしてくれたよ。 本当に感動した。 それと共に習った。 先に近付いて挨拶して心より考えてくれなければならないということを。

-キーイーストは俳優らに演技の外的に自身の関心事を配慮すると提案をしたりするが。 どんなビジョンを共有しようというか。

▲事業アイテムを三つ程度出した。(笑い)ひとまず今バンドをしているとそれも上手になりたい。

-どんなバンドをしているか。

▲ジェスターズというバンドだ。 ピエロという意味だ。 軍隊で会った友人らと一緒にしている。 その他とボーカルを受け持っている。 作詞、作曲もしていて。 キム・ジェウクがしているウォルロスと一緒にしている。

-演技もしてバンドもして。 インスピレーションに従っていく生活を送りたいのか。 そのような覚悟の瞬間があったか。

▲おもしろいことを探して生きたい。 だが、その面白味だというのが単純に'ファニー'を意味しはしない。 集中と満足がなければならないというだろうか。 好む仕事をして生きる人々が素晴らしく見えたようだ。

-'鉱害:王になった男'のイ・ビョンホンと比較をせざるを得ないでしょうに。

▲そうだな、映画を見ればご存知なようだ。 全く違う映画だから。 同じコーヒーショップでカモミールとアメリカーノをさせると二つを比較しはしないのではないか。 また、イ・ビョンホン先輩をあまりにも尊敬する。 比較自体をできない。

-SBS '五本指'を次期作で選択したが。

▲ナ・ムニ先生、チェ・シラ先輩など出演される方々がものすごい。 TVは'無限挑戦'程度だけ見てよく見ないのにある日ハム・ウンジョンが演技するのを見たことがある。 私が点数が塩辛い方なのにとても上手にしたよ。

-映画が撮影が終わってとても早く封切り(8月9日)という件ではないのか。

▲それで俳優らとスタッフが苦労を多くした。 私も左の足が裂けて縫ったがすぐに裸足で歩く場面をずっととって病院に行くことはできなかった。 結局糸屑を山の頂上で私がツメ切りで選んだ。

[スターニュース 2012-07-17 17:28] 元記事はこちらから

※なんか写真がマルベル堂のブロマイドのようですが(爆)。
映画の公開が近づき単独インタビュー記事がいよいよ登場、事件当時のことを語っていることにドキっとしました。前に進むためには過去から逃げるわけにはいかない、ようやくジフニの言葉で聞けるんだな。今後もどんなインタビューが出てくるのか楽しみに。


良く読んだらバンドってスミスじゃないんだ?ますます本格的に(爆)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。