★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン、世宗大王キャスティング意見入り乱れ、監督話を聞いてみたところ..
2012年07月18日 (水) | 編集 |
果敢なチュ・ジフン キャスティング、チャン・キュソン監督のある数が隠れていた。

チュ・ジフンは8月封切りする映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)を通じてカムバックする。 軍除隊後ミュージカル'ドクトルジバゴ'をカムバック作で決めた彼は声帯結節を理由で下車、もう少し大衆に近付きやすくて軽いコメディ作品を時期作に再選択した。

'私は王である'でチュ・ジフンは世子チュンニョンと奴婢トクチルまで1人2役を演技する。 厳格に世宗大王キャラクターだ。 チュ・ジフンが'私は王である'キャスティングを確定した当時一部では"どのようにチュ・ジフンが世宗大王を演技できるのか"という反応が相当した。 チュ・ジフンに荷札のように付いて回らなければならない'麻薬'は彼の足首を相変らず捕まえていた。

特にジャンルは180度違うが王と奴婢に1人2役という設定は秋夕シーズン封切り予定のイ・ビョンホン主演作'鉱害:王になった男'と似たフォーマットを持つ。 チュ・ジフンは世宗大王を演技しながら同時にイ・ビョンホンとやむを得ず比較されなければならない負担感も抱え込まなければならなかった。

だが、チャン・キュソン監督は俳優としてチュ・ジフンの能力と実力を注意深く見た。 今まで見たことない史劇コメディを作ろうと計画したしチュ・ジフンが適当だと判断した。 チャン・キュソン監督は"チュ・ジフンがコメディをした時与えることができる新鮮さと楽しみがあるからこの上なく適合すると考えた"としてチュ・ジフンの斬新な変化に自信を表わした。

チュ・ジフンもやはりこれに報いるために今回の映画に死活をかけた。 二編の映画を撮るのと違わない現場の中で生苦生を拒まなくて最善を尽くした。 チュ・ジフンは最近記者懇談会で"私が初めてこの仕事をするために勉強したどんな事より今回の撮影をしながら先生らとしていく一シーン一シーンがさらに大切に記憶される"と伝えた。

また"王の役割なのに王としての気品やそんなことに焦点が合わされていることはない。 チュンニョンがクォル外に出て行って悩んで苦悩する状況が多かった。 向こう側でポイントをたくさん合わせた"として"王なのに皆が考える王ではない。 全く違う状況だと考えればもっと見る気楽なようだ"と完璧に熟知したキャラクターを説明した。

映画関係者によればチュ・ジフンは顔付きはちょうど似ていたが全てのものが天と地の差の二つのキャラクターに変身するために毎撮影ごとに他の扮装と姿、性格を見せた。 さらに3日間何と15度ほど扮装と衣装を変える強行軍もやすやすと消化して先後輩演技者らの驚きをかもし出した。

"演技で贖罪する"明らかにしたチュ・ジフンが論議の尻尾を切り出して作品と演技力を通じてもう一度大衆の心を導き出せるか彼の初めてのカムバック作に期待が増幅されている。

[ニュースエン 2012-07-17 10:44:12] 元記事はこちらから

20120717-1.jpg

※監督様、ジフニに大衆に近づく機会を与えてくださってコマスミダ。あとは観客の判決、、いや反応を待つのみ。もう公開まで一ヶ月を切ったんだなあ。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。