★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 30代イケメン3人衆、カムバック勝者は?
2012年07月10日 (火) | 編集 |
7~8月キム・ジソク・チュ・ジフン・キム・ドンワン スクリーン対決ほかほか

30度を上回る蒸し暑さが始まった中でスクリーンには‘後宮’のチョ・ヨジョン、‘ミスGO’のコ・ヒョンジョン、‘私の妻のすべて’のイム・スジョンなど魅惑的な女優らの対決がほかほかする。 映画界に女性パワーが激しい中で久しぶりに見るうれしい顔が新しい熱風を起こす準備をしている。 映画‘二つの月’のキム・ジソク、‘私は王である’のチュ・ジフン、‘ヨンガシ’のキム・ドンワンがその主人公だ。 温かい容貌と演技力に特に多くの女性ファンらを保有しているこれらの魅力対決はいっせいに7~8月封切りを控えた映画で繰り広げられる予定だ。

迂余曲折終わりいよいよカムバック

この三人の俳優の共通点は全30代イケメン俳優ということだ。 キム・ドンワン(79年生まれ)が一番上の兄でキム・ジソク(81年生まれ)とチュ・ジフン(82年生まれ)が後に続く。 久しぶりのカムバックであることはもちろんその過程で多くの迂余曲折があったとのことも共通点だ。

キム・ジソクは‘二つの月’で軍除隊の後2年ぶりに復帰する。 それだけあふれる意欲を持っていた彼は6月開かれた‘二つの月’製作報告会で“個人的に30代に入って初めての作品だと意味が多い”として映画に対する愛情を表わした。

だが、意欲がとてもあふれたせいであろうか。 キム・ジソクはチ・ヒョヌが公式席上でユインナに愛を告白したことをパロディにした“パク・ハンビョルさんを愛する”というコメントで物議に上がった。 すぐに“パク・ハンビョルさんだけ違うというということに演技したパク・ジンジュさんをはじめとして製作スタッフ皆まで愛するという意味”と付け加えたりしたが大衆の視線は冷たかった。 この発言のためにキム・ジソクはしばらく冷や汗を流さなければならなかった。

チュ・ジフンは‘私は王である’以前に号泣(?)の涙を流さなければならなかった。 ‘私は王である’で軍除隊後3年ぶりに復帰したが本来彼の復帰はさらに早く予定されていた。 昨年ミュージカル‘ドクトルジバゴ’にキャスティングされた彼は製作報告会にも顔を表わして復帰を準備した。 だが、中間に声帯結節で下車しなければならなかったし以後チョ・スンウが新しく投入された。

ところでチョ・スンウが2012年‘ザ・ミュージカルアウォーズ’で‘ドクトルジバゴ’に主演男優賞を受賞した。 もちろんチュ・ジフンが出演したらどうなったかも知れないがやはりチュ・ジフンの立場では物足りなさが大きかったようだ。 ミュージカル下車でしばらく騒々しかった論議を閉じて彼は新しい復帰を待っている。

キム・ドンワンは‘ヨンガシ’で2004年‘回し蹴り’以後8年ぶりにスクリーンに復帰する。 グループ神話と演技活動を活発に継続した彼に軍隊問題がふくらんだ。 韓国で軍入隊は男芸能人らに重要な岐路になる問題だ。 90年代多くの愛を受けた歌手ユ・スンジュンは韓国国籍放棄とそれにともなう兵役忌避論議がおきた後入国が禁止されて現在まで海外で活動している。 2007年サイとイ・ジェジン、カン・ヒョンスは検察の兵役特例不正捜査で現役兵で再入隊までした。

ところで普段放送で元気なイメージを見せたキム・ドンワンが公益で確定するとすぐに一部では否定的な視線もあった。 2010年招集解除以後神話でまた活動を再開した時憂慮の視線もあったが各種音楽チャートで1位を席巻するなど良い成績をおさめた後もう映画の評価を待っている。

シックvs可愛気vsカリスマ

映画で見ることができるこれらの風変わりな魅力は何だろうか? キム・ジソクはシックなことで武装する。 ‘二つの月’はわけも分からないまま見慣れない家地下室から目覚めた恐怖小説作家‘ソヒ’と大学生‘ソクホ’、女子高生‘インジョン’が家を抜け出すために孤軍奮闘して記憶を訪ねて行く内容を描く。 キム・ジソクはソクホ役に熱演する。 続く恐怖に不安だということに震えながらも男としてソヒとインジョンを黙黙と守ろうとする姿ではシックさがにじみ出る。

チュ・ジフンは可愛い魅力を見せる。 ‘私は王である’は世宗大王(セジョンデワン)がまだ世子にもなれなかった時期、王になりたくなくて逃げたチュンニョン大君がある瞬間のミスで奴婢になって、チュンニョン大君と同じような外見な奴婢トクチルが王になるところだった話を扱う。

チュ・ジフンはチュンニョン大君とトクチルを演技する。 現在の私たちが知っている謹厳な世宗大王でない目をうっかりうっかり通りや世の中のことに暗い可愛い姿を演技して目を引く。

キム・ドンワンはカリスマを噴出する。 ‘ヨンガシ’は変種されたヨンガシが人体で流入した後水に導いて溺死させる話を描く。 キム・ドンワンは感染の端緒を探しに出る‘ジェピル’を演技する。 アイドル グループ神話でウィット ガイを担当して女性たちの保護本能を起こす可愛い姿を主に見せた彼は今回の映画では人々を守るために孤軍奮闘するカリスマを見せる。

新しい挑戦

今回の映画はキム・ジソク、チュ・ジフン、キム・ドンワンに新しい挑戦だ。 まずキム・ジソクは初めて恐怖映画に挑戦した。 キム・ジソクは“恐怖映画に一回ぐらいは必ず挑戦してみたかったが今回‘二つの月’に出演できてうれしくて私もまた期待される”と所感を明らかにした。 また、映画序盤肯定的で希望を捨てなかった彼は話が進行されるほど恐怖と不安感に狂的に変わっていくキャラクターを演技して目を引いている。

チュ・ジフンはよどみなく壊れる。 ドラマ‘宮’で上品で無愛想な皇太子を演技したとすれば‘私は王である’では極小激しい皇太子で登場する。 映画予告篇で分かれる声で“私は王になりたくないという話だ”としてひっそりと宮の垣根を越す姿は笑いをかもし出しながら彼がどこまで壊れるのか期待感(?)をかもし出す。 また、皇太子と同じ姿をした奴婢演技まで1人2役を消化して多様な姿を見せる。 すっきりしていた皇太子の姿で地に落ちた食べ物まで拾う奴婢の姿まで変身が多彩だ。

キム・ドンワンは刑事に変身する。 ドラマと映画などで普段明るくて茶目っ気あふれる姿を演技してきた彼はかさかさあるひげと乱れた頭にくたくたに見えるジャンバーを着て登場してビジュアル ショックをプレゼントする。 キム・ドンワンは外敵の姿だけでなくキャラクターをまともに消化するためにいくつかの警察署を探して現職に勤務中の刑事に直接会って本人が引き受けた役割のために絶えず研究して努力したと伝えられた。 いつも見せたことなかった犯罪現場にやつれた刑事キャラクターのポスをまともに漂う姿を映画で確認することができる。 そして何より歌手でない俳優で確かに位置づけようとする新しい挑戦を夢見ている。

今まで映画成績表は?

7~8月温かいイケメン俳優らのスクリーン対決が予想される中でその間の映画成績は誰が優位であろうか?

キム・ジソクは2005年‘ソウル攻略’ ‘恋愛術士’、2006年‘美女はつらくて’、2008年‘目には目を歯には歯を’ ‘あなたが寝ついた間に’等で助役と端役などで出演した。 2009年‘パパが女が好きで’ ‘伝説の故郷’等で主役を演じたが特別な成果はおさめることができなかった。 2009年‘国家代表’が観客数800万人を突破して興行したがワントップ主演ではなかった状況だ。 ‘国家代表’が封切りした2009年第32回黄金撮影上授賞式では新人男優賞を受賞したが以後特別な受賞の便りは聞こえない。

チュ・ジフンは2008年‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’、2009年‘キッチン’に出演した。 その中日本のよしながふみが書いた漫画‘西洋骨董洋菓子店’を原作に製作された‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’は同性愛を主題で扱って話題追求をしたりしたが観客数は120万人に終わって興行で満足するほどの成果を上げることができなかった。 チュ・ジフンは2009年第45回百想芸術大賞映画部門人気賞を受賞したことがある。 だが、現在まで彼の代表的な興行作は映画でなく視聴率20%を突破したドラマ‘宮’(2006年放映)を挙げることができる。

キム・ドンワンは2004年芸能分野でも歌手活動でも真っ最中草木が水分を吸い上げた時‘回されること’でスクリーンにデビューしたが興行で惨敗した。 以後映画よりはドラマ活動に集中した。 ドラマ‘震える胸’ ‘悲しみよさようなら’ ‘愛する人’等に出演して演技力を積んできた。 その結果2005年にはKBS演技大賞で男新人演技賞を受けて演技力を認められることもした。 だが、映画部門ではまだ受賞経歴がない。

三人の俳優全部演技力を立証受けることはあったが唯一映画部門では特別な興行作がなくて今回の7~8月に自分たちの代表作を作れるか、また、魅力対決では誰が勝利を握るのか成り行きが注目される状況だ。

キム・ジソクとチュ・ジフンは軍除隊後初めての復帰作だとまたまともに席を占めて着実に演技活動を広げるために、キム・ドンワンはアイドル グループ メンバーでない俳優として一歩踏み出すためにより一層今回の映画が重要だ。

初めてのスタートはキム・ドンワンの‘ヨンガシ’(7月5日)が切ってその次がキム・ジソクの‘二つの月’(7月12日),最後にチュ・ジフンの‘私は王である’(8月9日)が続く。

[CNBジャーナル 2012-07-08 13:07:43] 元記事はこちらから

20120709-8.jpg

※"現在まで彼の代表的な興行作は映画でなく視聴率20%を突破したドラマ‘宮’"、、、にやにや^^

ジフニにとっても"宮"は忘れられない作品だろうな。
越えられないならもう一度"宮"で、30代ジフニにその壁を崩し乗り越えて欲しい。宮2の前にはまず映画で完全復活をアピールせねばだ!ジフニふぁいてぃ~ん。

と、宮関連に着地したところで今日はここまで~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。