★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフンどれくらい笑わせようとポスターからこうするか? ‘次元別のコミック世宗大王’
2012年07月02日 (月) | 編集 |
'私は王である'本ポスターが公開された。

今回公開されたみたポスターは顔付きが似ていたという理由一つだけで一瞬に身分がさかさまになった奴婢トクチルと世子チュンニョンのあきれた運命を圧縮したようにみすぼらしい服装の一人の男と王室人物らの姿が対照をなす。

チュ・ジフンは市場通り真中でつぎはぎ服を着て王だけが使える派手な翼善冠を手に取る。 跡継ぎになるところだった奴婢トクチルなのか宮で逃げて出た跡継ぎチュンニョンインジ気がかりなことを増幅させる。

またチュンニョンとトクチルの身分が変わったという事実を全く知らずに無限の信頼の目つきを送る太宗(パク・ヨンギュ)と下品に座った彼の行動が情けないように眺めるファンヒ(ペク・ユンシク),自身が分かった世宗の姿と違って混迷するシンイク(ピョン・ヒボン)等前に繰り広げられる話に対する好奇心を刺激する。

これと共に男の正体を知っているようにいらだっている表情と何か粗雑に見える姿勢を取ったファンク(キム・スロ)とヘグ(イム・ウォニ)は護衛武士カリスマと対応されてさらにコミカルさをかもし出す。

'私は王である'は朝鮮時代を背景に世子チュンニョンが奴婢トクチルと身分がさかさまになりながら星群世宗大王に成長していく過程を描く。 運命のいたずらのように一瞬に完全にさかさまになった世子と奴婢という素材と興味深いストーリー展開が社会をつねると同時に笑いをプレゼントする。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-07-02 19:01:12] 元記事はこちらから

20120702-5.jpg

※本ポスター、王様じゃないのかあ残念。。。でもジフニは乞食の格好していても品の良さが見え隠れ~(爆)。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。