★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キネマ旬報ムック「KOREA STAGE(コリア・ステージ)」6/30発売 レビューめいたもの
2012年07月01日 (日) | 編集 |
というわけでAmazonから届くのを待ちきれず(さっき届いた)昨日本屋さんでゲット~。
感想はAmazonレビューつけるのもなんなのでこちらにメモメモ(爆)。



発行:キネマ旬報社 (2012/6/30発売) 128ページ、1470円
まずは内容。Amazonに出ていた内容(予定)が変わってるのでそのあたりを補足しつつご紹介↓

●本書の内容 (予定)
1.俳優&演出家インタビュー
2.最新ステージガイド
3.ミュージカル&ステージ スター辞典
4.名作・定番 ミュージカル&ステージ あらすじガイド
5.主要劇場・徹底ガイド 地図&座席表掲載

↓↓↓

・巻頭 第6回ザ・ミュージカル・アワード速報!
・日本公演記念特別対談「スリル・ミー」チェ・ジェウン×キム・ムヨル萌え~。
・Star Interview:クォンヘヒョ、キムソンギョン(渋めなセレクト・爆)
・Editor's Eye:ホングァンホ、キムジウ、リュドックァン、チャンヒョンソン
・2012年下半期最新ステージ:ラマンチャの男、風月主、バンジージャンプする、ラカージュ他
・Creator Interview:「キムジョンウク探し」プロデューサー、演出家他
・韓国ミュージカルの歴史と背景:名作ミュージカル30選
・韓国演劇の歴史と背景:名作演劇20選
・韓国ミュージカルの過去×現在×未来 四識者座談会
・Shooting Star File この俳優をねらえ!
・大学路 エリア徹底紹介+劇場MAP
・チケット入手法(インターパークグローバル)
・ソウル市劇場マップ/地下鉄路線図

表紙を開けるとチョスンウ氏とオクジュヒョンの主演受賞コンビの笑顔ツーショット!
速報は7P、レッドカーペットや受賞シーン写真にはパクウンテ、MCのマンソクさんにプレゼンターのソンドゥソプまで!もちろんジュンスも6カットくらい~。スリルミー特別対談は日本公演への意気込みたっぷり6P、どうかこのまま実現して欲しいなあと祈りつつ読了;;

ミュージカル名作30選では見開きはジキルとハイド、パルレ、モーツァルト!、ドン・ファン(ドンジュアン)の4作品のみでジフニ片面カラーという破格扱い!(でも出演のところカンテウルさんをキムテウルと表記してる誤植が残念)でもあれだけアワードで賞を独占したエリザベートや9月公演が決まってこれから話題高まろうという宮が1/3P。宮の紹介は再演ごとに演出に手を加えられてることに触れて欲しかったなあ、学園祭シーンでシンとチェギョン、ユルとヒョリンのダンスバトルが見応えありって書かれてもそれ初演の話で以後ヒョリンは存在自体カットされてるし(爆)。それから美女はつらいのは選外というのも日本的に残念でした。ちなみにミュージカル名作30選内訳は2P×4作、1P×3作、1/3P×24作、、、あれ、31選?(爆)

全体的な印象としては入門と言う割りにかなり通向き(爆)。
ミュージカルと演劇の割合が7:3くらいかな? 演劇もう少し多いか。 
ミュージカルについてはそれなり知識はあったけど演劇はさっぱり(ドクファンくんのエクウスとマンソクさんのイを見ただけでどっちも載ってないし)、韓国で当然字幕もないストレートプレイを鑑賞するのはかなりハードル高いので名作20選に14ページを割くのであればもう少し減らしてミュージカル30選を厚くして欲しかったなあ。ちなみに演劇名作20選の内訳は2P×1作、1P×4作、1/3P×15作。もちろん演劇も大切な韓国の文化ですし、ここまで取り上げた試みは立派ですが(偉そう)。

韓国ミュージカルの過去×現在×未来の座談会、これは一番読み応えありました!
月刊ザ・ミュージカル編集長の方やプレイDB記者さま、それに最近訪れるようになったブログ管理人さままで!もっとここで紹介されている話題、作品、俳優さんについてページを割いて欲しかったなあ。興行的に成功したとは言い難かったと語られている2006年のジキルとハイド日本公演の話はもっとお聞きしたかった。キムジュンスbefore afterの話題、'ジュンス効果'が具体的にどう現れたのかとかも。(しかしパクウンテさんの写真にパクヨンテと;;)あと読んでて超気になったのがK-POPアーティスト出演での失敗例。見ていて痛々しい公演、演じてる本人に誠意がなくやりたくないのに仕方なくやってる感じで結果も惨憺だったとか誰だろう、気になる~(爆)。

Shooting Star File この俳優をねらえ!14P
話題、注目のミュージカル俳優さんをトップスター、アイドル、韓流スター、プリンス、ミューズ、ベテランとジャンルを分けて紹介。これも読み応えありました。プリンスで紹介されているエリザベートでルドルフを演じたチョンドンソク氏、チュウォンくんに似てるなあと気になってたんですが期待の星だそうでこれからもチェックしようなんて。

大学路エリア徹底紹介、これでもかとチカラ入ってます18P。
ここまで詳しく(詳しすぎるくらい)大学路を紹介した雑誌は初めてでしょう。その分その後の劇場マップが簡単すぎて物足りなかったけど。まだまだ一般人にとっては韓国で舞台を観る機会は大劇場に限られるので、過去現在日本人が大挙訪れそうな主要会場、世宗文化会館やブルースクエア、忠武アートセンター、COEXにシャルロッテあたりは駅から劇場入口までナビ的に(周辺スポットまで)詳しく紹介して欲しかったなあ。巻末路線図もなんの加工もしてなくてどの駅にどの劇場があるのかがわからず不親切。予定にあった座席図がなかったのも残念でした。

あとチケット入手法、これは画面キャプチャで詳しく手順を案内してくれていてそれはGOODなのですが、なぜか英語ページしかないインターパークグローバルを紹介してて。日本語に対応しているソウル市公式観光情報サイトvisitseoul(こちら)の方が断然便利かつ知名度高いと思うのですがなんでだろう。。。

と、ついついマイナス的なことを書き連ねてしまいましたが待望のミュージカル専門誌!(前に1冊あった韓流ミュージカルガイドも誤植多かったなあ・・・遠い目) ミュージカルに演劇の基礎知識をこれでしっかり身につけて今後のステージライフに役立てたいと思います! 若干誤植はあるものの買って損はない一冊、悩んでいる方はぜひぜひ~^^


、、、と一度は締めてみたんですが追記(爆)。
ぜひぜひとオススメしてはみましたが誤解があってもいけないので。

 

背や表紙にチョスンウ、キムジュンス両名の名前が大きくありますがそこまでの扱いではありません(爆)。インタビューやコメントは残念ながら皆無でアワード速報にあるアワード事務局提供の数カットとあとは俳優紹介でプロフィールを取り上げられていたり座談会の話題に上っている程度。チョスンウ、ジュンスペンはつられて購入すると拍子抜けするかと思われますので過大な期待は禁物です。

コンセプトは韓国ミュージカル・舞台の初心者向けの「KOREA STAGE入門」。
この目的は十分過ぎるほど満たしているかと思います。名作選については初演や演出、音楽、出演者に概要、あらすじ、見どころと内容充実、大学路マップもいつか役立ちそうですし(爆)。

でもハタと我に返ってみて、旬なインタビューやトピックスが見当たらない。なんのために今出す本なのかと根本的な疑問がふつふつ(爆)韓国に誘導するだけでいいのか? 日本的に旬な話題は「スリル・ミー」のみ。下半期最新ステージも韓国公演なのでちょっとハードル高いし、この時期発売するのであれば今週スタートのドリームハイや(日本オリジナル、日本キャストなんで韓国ミュージカルとは言えませんが)8月のパルレ再演(これも日本人キャストですが)、ジャック・ザ・リッパーくらいの公演情報がもう少し具体的に詳しく紹介されていても良かったのではないかなあと思いました。そうしたくてもいろいろ問題があったのかもですが。。。

日本で身近に観られる公演を取り上げ、まず日本で韓国ミュージカルの素晴らしさに触れてもらい次のステップで現地鑑賞、そういうこれから少しずつ韓国ミュージカルファンを育てていこうという目線というか段階が欠如していきなり韓国というか、これで一般読者はついて来られるのかな? せっかくこれを読んで韓国ミュージカルへの関心が高まっても放置プレイ状態(爆)。 

というわけでふつふつ沸き上がる欲求不満。これはもう、ミュージカルアワードで歴代最高の8冠達成(9冠じゃなかったっけ?)のエリザベートのこともっと大きく取り上げて~(たとえジュンスのインタビューがなくとも;;)というエリザ愛ジュンス愛たっぷりのペンの想いにもきっと応えてくれそうなこちらに期待~↓



韓国ミュージカル・ガイド  発行:新書館 (2012/7/21発売)

エリザベート大特集と銘打ってる以上期待せずにはいられません!
しかもつい最近のキム・スンデ+平方元基イベントまであるし、その他インタビューの数がハンパない(ソンドゥソプ×キムジェボム万歳!)。残念ながらチョスンウ氏の名前はないですが伝説のキャストあたりで紹介されるかな?このまま予定通りの内容になるといいなあ、まだ発売は先ですがゲットするのを楽しみにしています^^

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/01(日) 19:18:33 | | #[ 編集]
コメありがとうございます^^
入門書としては充分でもやはり韓国ミュージカルの歴史を変えた、チョスンウ氏やジュンスについてインタビューが取れないまでももう少し大きく取り上げて欲しかったです。本を手にされましたらのご感想気になります^^
2012/07/01(日) 22:13:58 | URL | piroringo #rN1LClbI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。