★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お茶の間復帰控えたチュ・ジフン‘ダイエット三昧’
2012年06月28日 (木) | 編集 |
映画<私は王である>撮影を終えた俳優チュ・ジフン(30)がドラマ復帰に先立ちダイエット三昧に陥った。

チュ・ジフンは先週チャン・キュソン監督の映画<私は王である>撮影を終えて8月封切りに先立ち広報活動に真っ最中だ。 これに先立ち去る26日夕方ソウル江南区、清潭洞で開かれたメディアデイ行事に参加したチュ・ジフンはスポーツ京郷と会った席で1週間に6㎏を落とすダイエットにまもなく突入することだと暗示した。

チュ・ジフンは“復帰作だと負担があったが史劇で映画と心をゆっくり持ったところからだが吹いた”として“ドラマ撮影に先立ちダイエットに突入するだろう”と話した。<私は王である>で闕内生活に嫌気をおこした世子チュンニョンを演技するチュ・ジフンは<紳士の品格>後続に放送されるSBS週末劇<五本指>で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニストに変身する。

善と悪を同時に持ったキャラクターの鋭い感じを与えるためにはダイエットが必須だ。 チュ・ジフンは“毎日食事を閉じて、さつまいもと鳥のささみを食べて、4度に分けて20kmを歩いたり走る運動をしなければならない”として“それでこそ6㎏を落とすことができる。 テレビ劇場復帰作でモデル出身だからからだを作るのが必須だと思いダイエットを決心した”と説明した。

映画<私は王である>は世子冊封を避けて市場通りに行ったチュンニョンが顔が同じ奴婢トクチルと身分を変える‘朝鮮版王子と乞食’話だ。 映画には<お金の味>’でカンヌ映画祭レッドカーペットを踏んだペク・ユンシクと俳優イ・ハヌィ、イム・ウォニ、ピョン・ヒボン、キム・スロなどが共に出演する。

一方<五本指>はキャスティングを完了して8月4日初放送される予定だ。

[スポーツ京郷 2012-06-27 19:25] 元記事はこちらから

※お、本気スイッチ入ったか? でも一週間で6kgはカラダによくないんじゃないかなあ、さつまいもに鳥のささみか・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。