★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '私は王',1人2役チュ・ジフンの両極端ポスター公開
2012年06月28日 (木) | 編集 |
映画'私は王である'で1人2役を引き受けたチュ・ジフンの両極端ポスターが公開された。

歴史上最も偉大な王で賞賛を受ける世宗大王の秘密の話を描いた映画'私は王である'でチュ・ジフンは後日世宗大王(セジョンデワン)になる世子チュンニョンと奴婢トクチルの1人2役を演技する。

28日公開されたポスターでチュ・ジフンは派手な袞竜袍と常套観を使ったが素足と大きなさじを入っているどこか足りなく見える世子の姿と派手な玉座にあえて不敬に足を上げて傲慢に座っている奴婢の姿が入れられた。 二つのキャラクターの姿は一夜の間に王が奴婢で、奴婢が王に変わったチュンニョンとトクチルのあきれた運命を表現している。

王がノ肥饒奴婢が王だった世宗秘密実録を扱った映画'私は王である'というチュ・ジフン他にもペク・ユンシク、ピョン・ヒボン、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、イ・ハヌィ、ペク・トビン、キム・スロなどが出演する。

ペク・ユンシクは民のためにならば王と世子チュンニョンにも毒舌を惜しまないファンヒで出演して、ピョン・ヒボンは王室の弱点を利用して朝鮮を持とうとする野心大臣シンイクに変身する。 また、パク・ヨンギュは太宗を引き受けて高齢な大臣たちにも膝蹴りを走る絶対権力の君主を表現する。

その他にもキム・スロは消えたチュンニョンの代わりにちょうど似ていた容貌のトクチルを世子に偽装させた護衛武士ファング役を、イム・ウォニは家出した世子チュンニョンを探すために宮廷の外を出た護衛武士ヘグ役を担った。 また、トクチルの初恋の美貌と知性、品性までみな整えた漢陽最高厳親娘愁然はイ・ハヌィが演技する。

封切りは8月。

[マイデイリー2012-06-28 10:25] 元記事はこちらから

20120628-2.jpg

※ジフン初の史劇挑戦、台詞はわからんでも気楽に観られそうだ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。