★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 監査院はなぜキムムヨル兵役免除を問題にしたのだろうか
2012年06月22日 (金) | 編集 |
[チョンヒョンファのビハインド芸能ストーリー]

芸能人兵役不正取材を初めて一件2004年ソン・スンホンとチャン・ヒョクだった。 兵役ブローカーが摘発されながらプロ野球選手と芸能人が捜査線上に上がった。 当時ソン・スンホンはオーストラリアに日程があって記者たちと共に出ていた状態であった。

ソン・スンホンが帰国する日ソウル検察庁に雲のような取材陣が集まった。 兵務庁でも一度騒動が起こった。 二人は控訴時効が過ぎたが再検査を受けて現役で入隊した。

取材してソン・スンホンが新兵教育隊で送った手紙も読んでみたかとすれば、チャン・ヒョクが汗流して軍生活をしているという話も聞くことができた。 時間が流れて1人は国内外ファンたちの歓待の中に転役したし、1人は鉄柵にあとで動機とともに雪原を渡って除隊した。

国籍放棄で兵役忌避論議がおきた後入国が禁止されたユ・スンジュンは2003年6月仁川空港で初めて会った。 法務部はユ・スンジュンが予備妻の父の葬式に参加するためにしばらく入国することだけ許諾した。 入国場にはユ・スンジュンのファンたちが白色服を着て涙で待つ一方予備軍服を着た人が卵を投げることもした。

2007年サイとイ・ジェジン、カン・ヒョンスが検察の兵役特例不正捜査によって産業技能要員編入が取り消しになりながら現役兵で再入隊した。 言い訳ない墓はないとしてもくやしい理由が多かった。 特にイ・ジェジンはご両親が亡くなって妹の責任を負わなければならない状況だった。 結局イ・ジェジンは軍で不和に勝つことができなくて2009年3月脱営してしまった。

当時イ・ジェジン脱営を単独で報道するまで同僚が家族と多くの話を交わして最後の最後まで悩んだ。 ひょっとして分からない不祥事ができるか夜の睡眠を成し遂げられないこともした。

2010年MCモンがこれをわざと選んで軍免除を受けたという疑惑にまきこまれた。 警察と言論にネチズンまで加勢してMCモンを埋葬させた。 MBCニュースデスクではMCモンに医師が送ったという手紙を単独で報道したが裁判過程で信憑性がないと明らかになった。 結局MCモンは故意に兵役を延期したことは有罪を受けたが故意抜歯は無罪に判明した。 満身瘡痍になったが戻すことはできなかった。

その年11月パク・ヘジンが兵役不正論議にまきこまれた。 水西警察署はパク・ヘジンが精神分裂症状で病院で治療を受けて2004年兵役の免除を受ける過程に疑惑があるという諜報を土台に内密調査を始めて控訴時効が過ぎて捜査を終結した。 だが、警察は北朝鮮の延坪島挑発以後パク・ヘジンの兵役免除に関する疑惑が広がるとすぐに再捜査ができるという意向を明らかにした状態であった。

パク・ヘジンと弁護士事務室で会って単独インタビューをした。 パク・ヘジンは芸能人では致命的であることもある精神分裂症状を話して"こういうことでは私が自殺でもすれば誰が責任を負うことか"として鬱憤を晴らした。

兵役論議にまきこまれた芸能人らと時間が流れて偶然かもしれないが必然のように会う場合がたまにある。 鉄が強い火に殴られればさらに固くなるように厳しい時間は人を成長させる。

昨年チャン・ヒョクと会って'シークレットガーデン'に出演できないのが惜しくないかと尋ねた。 '根深い木'をする前だった。 チャン・ヒョクは本来'シークレットガーデン'に出演する計画だったが同じ所属会社にちょうど合流したパク・ジェボム出演が失敗に終わるとすぐに所属会社方針で一緒に下車した。 言ってみれば転がり落ちてきた石のために打ち込まれた石が押し出された場合であった。

チャン・ヒョクは"'王の男'がなかったら惜しいと考えた場合もあった"と話した。 チャン・ヒョクは'王の男'を撮って兵役不正が発覚して軍に入隊した。 '王の男'は結局キャスティングをまたしてまた撮って1000万人を越える観客を集めた。 チャン・ヒョクは"軍にいる時'王の男'のニュースを一方では惜しくて一方では本当に幸いだと考えた"として"私が大きい被害をもたらせたが本当に上手くいってとても感謝した"とした。

今年5月カンヌ映画祭でユ・スンジュンと会った。 ユ・スンジュンは話は惜しんだが"韓国語で演技したい"という風は隠さなかった。 彼を受け入れるのは大衆の持分だが入国自体を防ぐというのは韓国の器がそれだけ狭いのではないかしたかった。 キム・テウォンも話さなかったか、容赦できてこそ許される資格ができる方法だと。

キムムヨルが兵役免除論議にまきこまれた。 監査院が彼の生計維持困難による兵役免除判定に異議を提起しながらふくらんだ。 '億台収入を上げる芸能人が生計困難とは'という刺激的なタイトルが主をなした。 一緒にキムムヨルと親密なよしみが厚いチョジョンソクも生計維持困難に兵役免除を受けたという事実が一歩遅れて知らされて雑音に上がっては下りた。

芸能人兵役問題を長く取材するならばどんな意図が読まれる場合が多い。 兵役ブローカーを摘発しながらあらわれる場合もあるが固め打ちするように捜査を始めながら世論集めをするのをたびたび見ることができた。

兵役問題は韓国社会で深刻な問題なのに加え芸能人はより一層沸き立つ方法であるためだ。 社会の指導層要人や子弟ら兵役問題で国民的な世論が沸き立ったのは1997年イ・フェチャン当時ハンナラ党大統領候補息子の他には見たことがない。

今度は公正だ。 MB政府の話題だ。 監査院はキムムヨル兵役免除に関しわざと入隊を先送りしたという点と所得、そして他の芸能人と公平性問題を指摘した。 億台を儲ける芸能人が生計困難に兵役免除を受けたという点と別の芸能人はキムムヨルより所得が少なかったのに現役で入隊したという点を問題にした。

これに対してキムムヨル側は20才時期父親が倒れた後3億ウォンの借金と利子、病院費、生活費を抱え込みながら板張りの粗末な家で周囲の助けを受けて生きたと解明した。 わざと兵役を延期できたのではなく生計を維持するためにそうしたとし2010年兵役免除判定を受けた時も2億ウォンの借金に対する天の命令資料を出したと明らかにした。

故意でも意図的でも大韓民国男芸能人中兵役を延期しない芸能人もいるのか。 大学院に行ったり、行政高等試験を受けたりもして、韓流スターの中には海外行事を行ってきたりもする。 公正を論じようとするなら20代男芸能人は入隊延期をしてはいけない。

もちろんキムムヨルより似ていたりさらに難しい状況に置かれた人々も軍隊に行く。 だが、それは公正性の問題でなく融通性の問題だ。 難しい事情なのに入隊する人々は軍生活に深刻な影響を受けるがただ耐えることができなければ楽しむとしこらえなさいとする。 制度を事情に合うように適切に運営するのが重要なことで芸能人だと無条件石の鞭を投げるのは残忍だ。

何より父親が倒れた後10年を熱心に生きたある青年の人生を一瞬にして否定するのは残酷だ。

キムムヨルは恐らく軍隊に行かなければならないだろう。 監査院が当時キムムヨルに免除判定を下した兵務庁職員を懲戒しろと言っただけ兵務庁も簡単に移らないだろう。 兵役だと世論も良くない。 芸能人がみな。

去っていくとき去っても熱心に生きている人を罵倒はしなかったら良いだろう。人生塞翁が馬と軍生活がより堅くしてくれることもある。

参考で記者は鉄原で現役で軍生活をした。

[スターニュース 2012-06-22 14:54] 元記事はこちらから

;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。