★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 “チョジョンソク涙声で話して軍免除過程話してくれるのに…”
2012年06月21日 (木) | 編集 |
俳優チョジョンソクが生計困難に軍免除を受けた理由が一歩遅れて話題になった中で所属会社側が多少くやしい心境を打ち明けた。

21日午前キムムヨルが生計維持困難理由で2010年軍免除を受けたのを置いて兵役忌避疑惑がふくらんでインターネットを熱した。 以後チョジョンソクも同じ理由で軍免除を受けた事実があらわれながらこれに対してネチズンが諸説多用だった。

だが、チョ・ジョンソク側は彼の軍免除過程に故意性が全くなかったと論議を一蹴した。 調整席所属会社ドリームスターエンターテインメント関係者は毎日経済スタートゥデイと電話通話で“チョジョンソク氏は軍隊に(わざわざ)行かないのでなく行けないこと”と話した。

所属会社によればチョジョンソクは家庭事情的理由ですでに12年前に軍服務対象で免除された。 2000年お父さんと死別して経済的能力がない未亡人の母を扶養しなければならない仮装の境遇に置かれたためだ。

この関係者は軍免除過程に対して“チョ・ジョンソク氏本人が直接免除申請をした。 兵務庁で家で調査を出ることもした。 税務調査および財務調査も受けて免除判定を受けた。 チョ・ジョンソク氏が軍隊に行けば母親を迎える扶養家族がなかったため”と話した。 今年で32才のチョジョンソクは年老いて産んだ子で、現在彼のお母さんは70代だと知らされた。

関係者は“これは大学(ソウル芸大)も行く前でありミュージカルも始めなかった時期のことだ。 当時チョジョンソク氏は家で学費を受けて大学に通うことはできない状況だった。 学資金貸し出し金も2年余り前に償還したし、まだ大学も卒業しなかった状態だ”と話した。

関係者は“(兵役回避を目的に)公務員採用試験を見たとかすればまた分からないがチョジョンソク氏は7~8年間ミュージカルで生業を設けてきた状況”としながら先立って論議になったキムムヨルの場合と比較した時“その特殊性が違う”と付け加えた。

この日チョジョンソクは映画‘救国の鋼鉄隊列’撮影会場で報せに接して大きい衝撃を受けたと分かった。 現在の状態はどうだろうか。 関係者は“直接本人と通話をした。 涙声で話して話したよ”として“また撮影をしているがその中がどうかと思う”として惜しんだ。

関係者は“意外に掘り起こさなくても良い個人の家庭事情的な部分が知らされることになり気立てがよくない。 だが、今回の機会が禍を転じて福となすになったら良いだろう。 熱心に活動して良い姿をお見せする”と話した。

[毎日経済 2012-06-21 21:29]  元記事はこちらから

※涙声で(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。