★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'カクシタル'可能性あるストーリーテリングで英雄創造
2012年06月17日 (日) | 編集 |
カクシタル(シン・ヒョンジュン)の死でカクシタルの1幕も共に終了した。

もう来週からは弟イガンド(チュウォン)のカクシタル、そしてプロローグを終えた本格カクシタルの話が始まる。

6回にかけた長いと言えば長かったプロローグ。 だが、兄とお母さんの死、それに続く弟イガンドの覚醒はその時間が長くなく感じられるように視聴者たちでとって弟カクシタルの到来をうなずいて受け入れるようにさせた時間だった。

1.21世紀にも英雄が必要だ

LTE級速度が重要な21世紀なのに相変らずドラマと映画のジャンルで'英雄'塀は抜けない。

相変らず英雄は歴史、医療、捜査など多様な分野で孤高な道徳的定義の定規で現実の人間が持つ能力以上を遂行している。 現実で私たちは手にあらゆる汚物を埋められて生きていきながらも家に入ってきては英雄物語に耳を乗り気になる。

早く神話時代以来英雄はずっと存在した。 彼らは人間に内在しているあるいは人間の超越的領域で人間を跳び越える能力を発揮することによって人間の手本あるいはロマンあるいは羅針盤で私たちを支えてきた。

だが、メディアの発達で英雄はますます多種多様になりながら乱立、人間はメディアを通じて登場するかなりの英雄らには目もぱちっとしなくなった。

それと共にいつからか、敵を押し倒す水準ぐらい、英雄が英雄らしくなるストーリーテルリングの説得力が重要視された。

それでクモ人間に綱渡りをする能力以上貧しい苦学生の大変疲れるということと小英雄主義の喜怒哀楽が必要だったし、コウモリ人間に枯淡時ぐらい暗い幼い時期と過去が必要なことだ。

この前英雄らの集団活躍像だった<アベンジャーズ>で緑色巨人が最も注目をあびたことは彼が持ったストーリーが最も人間的であったし、それでそれだけ彼の怒りが納得になったためでないか。

彼らがより人間的ならば人間的であるほど、彼らが英雄になった瞬間の人々が感じる快感は上昇する。 彼らが人間的であるほど同一視が大きかったし、それだけ彼らが英雄になった瞬間、ロルロコストの極点の喜びのように、自身がその英雄に一体化する喜びをより一層共感することができるためだ。

2.カクシタルの英雄主義

カクシタルが初めて目を引いたことは空中をさっとさっと飛び回って、2階欄干を壊して登場する近ごろまれな迫力感あふれるアクションだった。 だが、そのアクションに対して退屈さを感じる前にあせった撮影で代役が演技をする不祥事で序盤劇的な関心を緩くのがしていきつつあった。 だが賢くもカクシタルは単に迫力感あふれるアクションという一方のチューにだけ依存しないで、視聴者たちをまともに引き込む、相変らず大韓民国では受け入れられなければならない、すぐに英雄の悲劇的家族史というカードを感動的に活用した。

イガンド役の主人公チュウォンは序盤に無作法で食べてもこのように無作法で食べることはできない親日派'チャムノム'だった。 だが、彼がバカ兄の背中で、このように生きなければならなくはながって子供のように涙を流した時兄を勉強させるために、もう兄の病気を直すために、そして兄がバカになった家の仮装で手段方法を分けない存在の大変疲れるということを理解受けることができた。 そしてその大変疲れるということは時代が違うが東西古今を問わず私の家族のために食を解決した人ならば誰も皆共感するほどの内容だった。

ところでその奥深いところに暖かい心を持ったイガンドが最も大切に思った兄とお母さんが彼らの手によって、そして自身の手によってあっという間に殺された時、英雄で再誕生することになるイガンドのカクシタルは自然に私たちの首をうなずくようにさせて、彼の英雄物語を期待するようにする。

あえて韓流何とかではなくても、私たちのドラマ市場で<京城スキャンダル>のように日帝時代を背景にする作品はマニア層は生成しても大衆的人気を得る場合が珍しかった。 ところで、<カクシタル>は初めてスピーディーなアクションで耳目を集中させると、もう可能性あるストーリーテリングで英雄を創造して私の大衆的に成功した日帝時代背景のドラマで記憶されるようだ。

特に誰なのかは分からないし今とあえて取り上げ論じる必要もない韓流スターらの記憶が全く出ない程今まさに新人ティーを脱いだチュウォンの演技力は回を繰り返すほど日進月歩している。 バカと苦悩のカクシタルを完璧に消化して出したシン・ヒョンジュンの退場にもまた他のカクシタルを期待するように作る。

[オーマイニュース 2012-06-15 16:35] 元記事はこちらから

※チュウォンくんが国民的ヒーローとなる日も近い。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。