★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 カクシタル、地団駄を踏んで後悔する韓流スター様
2012年06月17日 (日) | 編集 |
[ブログと]イ・ジョンボムのTVエキサイティング

月火ドラマは追跡者、水木ドラマはカクシタル、週末ドラマは紳士の品格。 もうある程度堂に入っていられたようだ。 カクシタルが15%、幽霊が12%、アイドが9%で整理になりながらカクシタルの高空行進は既定事実化された。 幽霊が意外に気が許せないながらカクシタルが先頭を捉えたが、6回までシン・ヒョンジュンのカクシタルだったとすれば今からはチュウォンのカクシタルで視聴率に加速度を付けるつもりなので水木ドラマの勝機は固めるので入ったようだ。

追跡者で韓流スターのPKジュンはすでに車にはねられたペクホンソクの娘を再び後進をして踏む。 韓流スターになるまでどのように上がってきたが障害物が自身を遮るかということだった。 ソ会長はカン・ドンユンに昔の話をする。 昔に故郷で牡牛けんかをすれば常に勝つ図体大きい牡牛があったが、その牡牛がある日死んだんだ。 おもしろい点は死んだ理由がすぐに蚊にかまれて死んだということだ。 大きい牡牛はおおらかにおおらかに渡しながら見えることもない蚊一匹のために死んだということだ。 PKジュンはスポンサーまで捉えてやっと上がってきた韓流スターの座をのがさないように地団駄を踏んだが、結局小さい蚊一匹によって死んでしまう。

死が蚊のためだけではないだろう。 すぐに心がけのためではないかと思う。 常に蔑視して、何が重要かわからないまま自身の成功だけのために走って、自身の前を遮るのは手段と方法を分けないで踏んで上がる心がけが結局自ら破滅へ推し進めたのだ。

追跡者でカクシタル話へ渡ってみよう。

カクシタルは日帝強制占領期間独立活動家が全部捕えられるほど弾圧の劇を走った時期、日帝の弾圧に対抗して戦った英雄のカクシタルに対する話だ。

おもしろい点はこのカクシタルの主人公でキャスティングされた韓流スターがいたということだ。 女配役もまた、アイドルがあったというのにこれらは韓流の最も大きい顧客の日本の情緒に合わないという理由でキャスティングを断ったという。 それでカクシタルには新人俳優らでぎっしり埋まることだ。 シン・ヒョンジュンがなかったとすれば前に出すほどの俳優がなくなるところした程にスターキャスティングに失敗したカクシタルはするが、演技力に土台を置いたキャスティングをした。

カクシタルの最大受恵者はまさにチュウォンになるだろう. チュウォンの驚くべき演技力とミュージカルで鍛えられたエネルギーと感情と発声はチュウォンをカクシタルの完璧な主人公で作っている。 初めからチュウォンではなかったらカクシタルの主人公は考えてみることができないほどだ。 初めから韓流アイドルが耐えられることができる配役ではなかったようだ。

カクシタルのストーリーがより一層興味深くなっている。 自身の兄を自身の手で直接殺したイガンドは自身のお母さんを殺した日本帝国に向かって自身が直接カクシタルになるためだ。 また、日帝の手先イガンドの役割とカクシタルの役割を同時にしなければならないのでより一層興味を加えると期待される。 前に展開するストーリーのために6回の間背景作業をしてきたのと同じなのに、それだけでも水木ドラマ1位の席を占めたので前にその格差はより一層大きくなると展望される。

1泊2日とCFとカクシタルまで全部持っていったチュウォン。 カクシタルを逃した韓流スターアイドルは地団駄を踏んで後悔しはしないかと思う。 そのXファイルがいつさく烈するかも知れないことであるからだ。

[メディアス 2012-06-16 08:38:32] 元記事はこちらから

20120617-1.jpg 20120617-2.jpg

※確かにこの役はちょっとやそっとの俳優じゃ務まらなそう。
邪悪オーラ発散不敵な笑みをたたえるガンドのビンゴ~♪がお気に入りなんですが、拷問していた相手が実は初恋(?)の人だったり追いつめて結果撃ち殺したカクシタルが実の兄だったりこれからどんなことになるんだろう、二代目カクシタルは超悲劇のダークヒーローって感じが?(想像)ぜひ日本語字幕でちゃんと理解したいなあ、KBSWORLD様にお願いしたいです~。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。