★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 男韓流★カクシタル'断った理由が本当に反日のためだけであろうか?
2012年06月17日 (日) | 編集 |
KBS 2TV水木ドラマ'カクシタル'(ユヒョンミ脚本、ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン演出)が去る14日放送された6回でイガンサン(シン・ヒョンジュン)がイガンド(チュ・ウォン)にカクシタルの主人を交替しながら新しい局面を迎えた。

放送が終わった後この日放送を最後に美しく退場したシン・ヒョンジュンと、お母さんハン氏(ソン・オクスク)と兄カンサンの死を契機に孤独な英雄の道を歩くことになるチュウォンの演技力に対する視聴者の好評が続いている。

特にチュウォンに対してはカクシタルを握るために血眼になったがカンサンがカクシタルだったという事実とハン氏の死を一歩遅れて知って衝撃受けるカンドの姿を事実感あるように演技したとし絶賛があふれている。 多くの視聴者が"チュウォンがこのように演技が上手なのか初めて分かった" "チュウォンの再発見だ" "これから見せるチュウォンの活躍が非常に期待される"等の反応を見せた。

このような反応はチュウォンがイガンド役を担うまで何人の韓流スターらの拒絶があったのでより大きい歓呼を呼ぶ。 韓流スターが'カクシタル'を断った理由は反日性格を帯びる'カクシタル'が日本活動を併行する彼らに大きい負担になるためだと知らされた。

ところでチュウォンが6回まで広げた活躍を見れば、果たして彼らが'カクシタル'を断った理由が反日ドラマ主人公という火傷をしていようかと思う疑問に感じる。 それだけイガンドは俳優に善と悪を行き来する演技スペクトラムとあらゆる武術を渉猟したアクション演技、女心をひきつける優れた容貌と整った体力など完璧さを要求する役割のため。 ここにチュウォンは初回から符合したし、今は"チュウォンでなければイガンドは成立することはできない"という反応まで出てきていること。

来る20日放送される7回では鍾路警察署キョンムボと英雄カクシタルの二重生活をするカンドの姿が描かれる予定でチュ・ウォンの変身が新しい観戦ポイントになる展望だ。

一方この日'カクシタル'は15.7%(AGBニールセンメディアリサーチ)の全国一日視聴率を記録して水木ドラマ5回連続1位を継続することになった。

[TVリポート 2012-06-15 09:48] 元記事はこちらから

20120616-1.jpg

※チュウォンくん歌って踊るシーンもお見事、役者として株上げたなあ。

コメント
この記事へのコメント
こんな嘘だらけの反日ドラマを喜んで見る日本人は日本から出て行けば?韓国芸能人は日本人が大嫌い、日本のファンも嫌いだけど日本円は好き。だから平気で日本人ファンにニコニコ笑顔を振りまいてお金を稼ぐ。
反日だったら視聴率が稼げる、反日を叫ぶ韓国芸能人は自国で拍手喝采。子供の頃から嘘の歴史を教えられ、徹底的に反日を叩き込む韓国は、なんとレベルの低い国でしょうか。
2012/11/13(火) 08:25:53 | URL | K-POOP #T406RiHI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。