★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 オ・グァンロク、独房生活で体感した大麻草喫煙代価反省“大変だった”
2012年06月16日 (土) | 編集 |
去る2009年大麻草喫煙疑惑で懲役8月に執行猶予2年、社会奉仕80時間を宣告されてブラウン管にカムバックするまで3年がかかった俳優オ・グァンロクが当時の大変だった心境を打ち明けた。

オ・グァンロクは15日放送されたケーブルTV tvN ‘ぺク・ジヨンのピープルインサイド’で“独房でへんぴで話を交わそうとすれば非常に大変だった”と吐露した。

この日オ・グァンロクは当時大麻草吸入で1ヶ月半月程度拘置所生活をした経験談を打ち明けて自身を調べてみる周囲の視線に手に負えなかったことを伝えた。 彼は“独房にあるといった一週間程度は色々な人と一緒にいることになったが、かえってその時間が私にはちょっと大変だった。 もちろん私の内面の問題用紙誰か私を不便にしたのではなかった。 私の誤りが作った状況らをもう一度振り返ってみることになった時間だった”と告白した。

一方、この日放送でオ・グァンロクは5年間の結婚生活と離婚に対する心境も虚心坦壊に打ち明けて申し訳ない心を伝えた。

[TVリポート2012-06-15 21:12] 元記事はこちらから

20120615-1.jpg

※オグァンロク氏はよくジフニ時期が近かったので事件後の活動はチェックしていましたが、拘束されていた当時撮影済みだった映画はそのまま上映(こちら)、試写会にも登場(こちら)、半年後には演劇舞台復帰し(こちら)、ケーブルチャンネルですが3年ぶりにブラウン管復帰(こちら)、映画監督デビューも果たしご活躍(こちら)。今回もケーブルですがこんな風にトーク番組で当時のことを振り返るなんてすごいなあ、ジフニもいつか。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。